日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

躓いた「太陽王」 中国・サンテック、事実上破綻

(1/2ページ)
2013/3/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 中国太陽電池大手、尚徳電力(サンテックパワー、江蘇省)が事実上、破綻した。20日、地元裁判所がサンテックの中核企業、無錫サンテックパワーの法的整理の手続きに入った。地元政府系企業の支援を仰ぎながら、再建を目指す。一時は世界最大手の座を手にした「太陽王」はなぜ躓(つまず)いたのか。拡大路線をひた走る中国企業の体質が背景にある。

低価格先導があだ

 「工場は生産を止めている」。江蘇省無錫市にある無錫サ…

関連キーワード

サンテック、サンテックパワージャパン、太陽電池、尚徳電力、中国工商銀行、アリックスパートナーズ、日本航空、ソーラーバズ、新華社

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東証、ネバーストップ作戦 5年ぶりシステム刷新

 東京証券取引所の株式売買システム「アローヘッド」が9月に約5年ぶりに刷新される。現在稼働している初代アローヘッドより処理能力は約2倍になり、注文応答にかかる時間は半分に縮む。だが情報システムにより求…続き (5/24)

クーカのロボットは通信機能を備えた

道半ばドイツ「第4の産業革命」、実現10~20年

 ドイツ発の新たなモノ作りの進化形「インダストリー4.0」。言葉自体は日本にも浸透し始め、ドイツにモノ作りの主導権を握られるという警戒感がある。一方で「あの程度なら静観」との声もあがる。実像がみえにく…続き (5/17)

4人の女性社員が黙々と電子基板に部品を取り付けていく(宮城県白石市のセコム工業)

基板も自前 警備サービス支えるセコムの“製造力”

 セコムと言えば「警備サービス最大手」との文言が思い浮かぶ。だが、約40年前から子会社を通じて警備用の電子機器を製造していることはあまり知られていない。サービス業でありながらあえて製造子会社を持つ。そ…続き (5/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2015年5月28日付

2015年5月28日付

・理研ジェネシス、米から認定、医薬品申請の臨床試験拠点に、日本初
・ブイ・テクノロジー、液晶パネル検査を自動化、人件費9割削減
・日本CCS調査、CO2送る井戸の掘削工事終了
・東レ、中国工場で縫製品生産を3倍に、現地内需を開拓
・アトラ、療養費1カ月で入金、請求代行サービス強化…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト