日本経済新聞

3月31日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ビッグデータ解析、日本も始動
石黒不二代・ネットイヤーグループ社長

(1/2ページ)
2012/12/1 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ネットイヤーグループは最近、データマイニングやテキストマイニング専門のアイズファクトリー(東京・千代田、大場智康代表)と共同で「カスタマーアナリティクス」という新サービスを立ち上げた。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

 購買情報や会員情報などのオフラインデータからウェブのアクセスログ、ソーシャルメディア、ネット広告などのオンラインデータまで、顧客にひも付く大量のデータ「ビッグデータ」を「見える化」するサービスだが、その中身よりもまず、先日の決算説明会で「なぜ今なのか?」を問われたことが面白かったので解説したいと思う。

 確かに、データ分析は通信販売や消費者金融などの業界では以前からやっている。米シリコンバレーではインターネット以前から、データマイニングだけで食べている会社も複数あった。

 「なぜ今なのか」には3つの答えがある。

 1つ目は、マーケティングに有用なデータが増えたこと。ユーザーの嗜好が多様化しているので、マーケティングの重点はマスメディアによる大量発信よりも、個々人と特別な関係を長く結ぶことに移行している。

 ウェブサイトの分析では、利用者の興味や行動がわかる。ソーシャルメディアでは、時には実名がわかるし、気持ちもわかる。顧客データベースからは実名や住所や年齢が、購買データベースからは購買履歴がわかる。後はこれらのデータをつなげるだけだ。

 2つ目は技術の進歩だ。これも嗜好の多様化のため、昔のように典型的な利用者像が描けないのが現実だ。ただクラウド技術のおかげでリアルタイム解析が可能になり、その結果に基づいて個別に最適化した施策を自動実行するツールも登場している。少なくともデジタルでは、100人100色のコミュニケーションが可能になった。

 3つ目は、企業の態度の変化だ。これが一番大きいかもしれない。米企業は最初からデータを取得すること、データをつなげることを大目標にして仕事をしてきた。

 例えば米企業はサイトで、積極的にメールアドレスを提供してほしいと呼びかけた。オートログインという、一度登録すると2度目から自分を認識してくれるシステムがあるが、これを使って誰かはわからないIDを実名やメールアドレスとひも付けた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

石黒、ネットイヤーグループ、データマイニング、大場智康、テキストマイニング、データ、カスタマーアナリティクス、ビッグデータ

【PR】

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

旅立つみなさんの使命 情熱から新たな物差しを

 3月末は、日本では「卒業式の季節」です。米欧の卒業式は一般的に6月。舞い散る桜のイメージとぴったり重なる美しい旅立ちの情景は日本に特有かもしれません。
 実は私、米国の母校から、卒業式のスピーチを頼ま…続き (3/31)

「ASIMO」と握手するドイツのメルケル首相(9日午前、東京都江東区の日本科学未来館)

ドイツから学ぶべきこと

 わが国とドイツは、第2次世界大戦を同盟国として戦い、1945年に共にがれきの山の中から再出発した。ただし国土を東西陣営に分割占領されたドイツの方が条件はより厳しかったように思われる。東西ドイツの再統…続き (3/28)

時代にそぐわぬ「院政文化」 後進に権限委譲せよ

 日本には院政という言葉があります。権力者が現役を退いても組織に対し強い影響力を持ち続ける文化は、900年以上日本に脈々と受け継がれ、時代の変化にそぐわない様々の悪影響を及ぼしているようです。
 たとえ…続き (3/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2015年3月31日付

2015年3月31日付

・大学解剖 東大(1) 学生来れ、地方行脚 ライバルは地元医学部
・電通国際情報サービス、人工知能で「推薦」 UBICの技術活用
・日本電波工業、携帯基地局向け水晶発振器 通信障害発生しにくく
・米デマンドウェア日本へ クラウドでEC構築支援
・日立造船、カーボンナノチューブの生産性10倍に…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について