日本経済新聞

12月19日(金曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ビッグデータ解析、日本も始動
石黒不二代・ネットイヤーグループ社長

(1/2ページ)
2012/12/1 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ネットイヤーグループは最近、データマイニングやテキストマイニング専門のアイズファクトリー(東京・千代田、大場智康代表)と共同で「カスタマーアナリティクス」という新サービスを立ち上げた。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

 購買情報や会員情報などのオフラインデータからウェブのアクセスログ、ソーシャルメディア、ネット広告などのオンラインデータまで、顧客にひも付く大量のデータ「ビッグデータ」を「見える化」するサービスだが、その中身よりもまず、先日の決算説明会で「なぜ今なのか?」を問われたことが面白かったので解説したいと思う。

 確かに、データ分析は通信販売や消費者金融などの業界では以前からやっている。米シリコンバレーではインターネット以前から、データマイニングだけで食べている会社も複数あった。

 「なぜ今なのか」には3つの答えがある。

 1つ目は、マーケティングに有用なデータが増えたこと。ユーザーの嗜好が多様化しているので、マーケティングの重点はマスメディアによる大量発信よりも、個々人と特別な関係を長く結ぶことに移行している。

 ウェブサイトの分析では、利用者の興味や行動がわかる。ソーシャルメディアでは、時には実名がわかるし、気持ちもわかる。顧客データベースからは実名や住所や年齢が、購買データベースからは購買履歴がわかる。後はこれらのデータをつなげるだけだ。

 2つ目は技術の進歩だ。これも嗜好の多様化のため、昔のように典型的な利用者像が描けないのが現実だ。ただクラウド技術のおかげでリアルタイム解析が可能になり、その結果に基づいて個別に最適化した施策を自動実行するツールも登場している。少なくともデジタルでは、100人100色のコミュニケーションが可能になった。

 3つ目は、企業の態度の変化だ。これが一番大きいかもしれない。米企業は最初からデータを取得すること、データをつなげることを大目標にして仕事をしてきた。

 例えば米企業はサイトで、積極的にメールアドレスを提供してほしいと呼びかけた。オートログインという、一度登録すると2度目から自分を認識してくれるシステムがあるが、これを使って誰かはわからないIDを実名やメールアドレスとひも付けた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

石黒、ネットイヤーグループ、データマイニング、大場智康、テキストマイニング、データ、カスタマーアナリティクス、ビッグデータ

【PR】

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

若者の自信と情熱どう育てる 責任や権限与えよ

 私が感じている日本人の学生に不足している力は、自信と情熱、そして、そこから派生して成長するリーダーシップやコミュニケーションスキル、ハングリーさといった精神面の力強さです。
 「謙譲の美徳」や「恭順の…続き (12/16)

オフィスで働く女性管理職(東京都新宿区)

経費まだまだ削減 精算作業、ITで効率化

 内閣府の「選択する未来」委員会が、先月14日の委員会で最終報告をまとめた。このままいけば、2060年の日本は人口8000万人、そのうち65歳以上が40%以上、地方自治体は4割が消滅するという、考える…続き (12/13)

日本の若者よ 不格好でも最初の一歩踏み出せ

 非営利組織の世界経済フォーラム(スイス・ジュネーブ)には「グローバル・シェイパーズ」と呼ばれる33歳以下の若者によるコミュニティーがあります。日本にも東京、大阪、京都、福岡に5つのハブ(拠点)があり…続き (12/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年12月19日付

2014年12月19日付

・部品の巨人 「頭脳」も握る 世界NO.1企業 ボッシュの研究
・電子回路、紙やフィルムに コムラテックが印刷装置
・ユニプレス、米ホンダ向け部品生産集約
・岩崎電気、投光器そのままLED化 器具交換不要なランプ
・トーセイ・リート投資法人、運用資産3年後に1000億円に 中規模不動産を取得…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について