日本経済新聞

10月1日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ビッグデータ解析、日本も始動
石黒不二代・ネットイヤーグループ社長

(1/2ページ)
2012/12/1 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ネットイヤーグループは最近、データマイニングやテキストマイニング専門のアイズファクトリー(東京・千代田、大場智康代表)と共同で「カスタマーアナリティクス」という新サービスを立ち上げた。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

 購買情報や会員情報などのオフラインデータからウェブのアクセスログ、ソーシャルメディア、ネット広告などのオンラインデータまで、顧客にひも付く大量のデータ「ビッグデータ」を「見える化」するサービスだが、その中身よりもまず、先日の決算説明会で「なぜ今なのか?」を問われたことが面白かったので解説したいと思う。

 確かに、データ分析は通信販売や消費者金融などの業界では以前からやっている。米シリコンバレーではインターネット以前から、データマイニングだけで食べている会社も複数あった。

 「なぜ今なのか」には3つの答えがある。

 1つ目は、マーケティングに有用なデータが増えたこと。ユーザーの嗜好が多様化しているので、マーケティングの重点はマスメディアによる大量発信よりも、個々人と特別な関係を長く結ぶことに移行している。

 ウェブサイトの分析では、利用者の興味や行動がわかる。ソーシャルメディアでは、時には実名がわかるし、気持ちもわかる。顧客データベースからは実名や住所や年齢が、購買データベースからは購買履歴がわかる。後はこれらのデータをつなげるだけだ。

 2つ目は技術の進歩だ。これも嗜好の多様化のため、昔のように典型的な利用者像が描けないのが現実だ。ただクラウド技術のおかげでリアルタイム解析が可能になり、その結果に基づいて個別に最適化した施策を自動実行するツールも登場している。少なくともデジタルでは、100人100色のコミュニケーションが可能になった。

 3つ目は、企業の態度の変化だ。これが一番大きいかもしれない。米企業は最初からデータを取得すること、データをつなげることを大目標にして仕事をしてきた。

 例えば米企業はサイトで、積極的にメールアドレスを提供してほしいと呼びかけた。オートログインという、一度登録すると2度目から自分を認識してくれるシステムがあるが、これを使って誰かはわからないIDを実名やメールアドレスとひも付けた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

石黒、ネットイヤーグループ、データマイニング、大場智康、テキストマイニング、データ、カスタマーアナリティクス、ビッグデータ

【PR】

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新興国で「日本はお手本」 その理由を見詰め直す

 2013年10月に当コラムの連載を開始してから、今回はちょうど1周年。こんな長期間、毒舌交じりの拙文にお付き合いいただけたことは感謝の極みです。
 私はよく「日本のこういうところがよくない。米国はこん…続き (9/30)

音楽フェスティバルなどの人気が高まっている

コンテンツの醍醐味はライブにあり 感動を共有

 「ニュースアプリ」という言葉を耳にすることが多くなった。膨大な量の情報があるインターネットから、その人に合ったニュースを見つけてきてくれるサービスの総称だ。特にこの数カ月はテレビなどのコマーシャルで…続き (9/27)

失敗恐れず挑戦できる 小さな組織が変革を先導

 「企業の寿命は30年」という説があります。かつて地上の王者として繁栄した恐竜たちは、体を大きく進化させることで、食物連鎖の頂点に君臨しました。しかし、際限なく大きくなり続けることはできませんでした。…続き (9/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年10月2日付

2014年10月2日付

・千里眼ひまわり、宇宙へ 三菱電が製造 世界最高性能
・ワックス大手の日本精蝋、物流の山九と組みタイに新工場
・指触れずパネル操作 SMKが開発、医療やカーナビ向け
・大日本印刷、植物由来原料で詰め替え用容器
・タチエス、車シート骨格5割安く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について