日本経済新聞

9月2日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ビッグデータ解析、日本も始動
石黒不二代・ネットイヤーグループ社長

(1/2ページ)
2012/12/1 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ネットイヤーグループは最近、データマイニングやテキストマイニング専門のアイズファクトリー(東京・千代田、大場智康代表)と共同で「カスタマーアナリティクス」という新サービスを立ち上げた。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

 購買情報や会員情報などのオフラインデータからウェブのアクセスログ、ソーシャルメディア、ネット広告などのオンラインデータまで、顧客にひも付く大量のデータ「ビッグデータ」を「見える化」するサービスだが、その中身よりもまず、先日の決算説明会で「なぜ今なのか?」を問われたことが面白かったので解説したいと思う。

 確かに、データ分析は通信販売や消費者金融などの業界では以前からやっている。米シリコンバレーではインターネット以前から、データマイニングだけで食べている会社も複数あった。

 「なぜ今なのか」には3つの答えがある。

 1つ目は、マーケティングに有用なデータが増えたこと。ユーザーの嗜好が多様化しているので、マーケティングの重点はマスメディアによる大量発信よりも、個々人と特別な関係を長く結ぶことに移行している。

 ウェブサイトの分析では、利用者の興味や行動がわかる。ソーシャルメディアでは、時には実名がわかるし、気持ちもわかる。顧客データベースからは実名や住所や年齢が、購買データベースからは購買履歴がわかる。後はこれらのデータをつなげるだけだ。

 2つ目は技術の進歩だ。これも嗜好の多様化のため、昔のように典型的な利用者像が描けないのが現実だ。ただクラウド技術のおかげでリアルタイム解析が可能になり、その結果に基づいて個別に最適化した施策を自動実行するツールも登場している。少なくともデジタルでは、100人100色のコミュニケーションが可能になった。

 3つ目は、企業の態度の変化だ。これが一番大きいかもしれない。米企業は最初からデータを取得すること、データをつなげることを大目標にして仕事をしてきた。

 例えば米企業はサイトで、積極的にメールアドレスを提供してほしいと呼びかけた。オートログインという、一度登録すると2度目から自分を認識してくれるシステムがあるが、これを使って誰かはわからないIDを実名やメールアドレスとひも付けた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

石黒、ネットイヤーグループ、データマイニング、大場智康、テキストマイニング、データ、カスタマーアナリティクス、ビッグデータ

【PR】

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本は今、単身世帯が最も多く、カップルと子どもの世帯は3割を切っている

課題先進国の日本、生保の主力は就業不能保険に

 20世紀後半の半世紀(いわゆる戦後の高度成長期)と21世紀初頭の現在とでは、わが国社会の基本構造がまるで異なってしまっている。
 戦後のわが国経済は「米国に追いつき追い越せ型モデル・人口の増加・高度成…続き (8/30)

優れたアイデア、「Why?」繰り返しで生まれる

 社内ベンチャーのアイデアを公募している企業から「審査の席に加わってほしい」と依頼を受けることがあります。近年、第2、第3の柱となる多様なスモールビジネスを発掘・育成したいと考える企業が増えているので…続き (8/26)

国連旗

30億人がつながるネット、オープンな言論守れ

 先日、ある国の副首相が「女性は公衆の場で声を上げて笑うべきではない」と発言したところ、その国の女性たちが、口を大きく開けて明るく笑う写真をツイッターに投稿した。その数、実に30万件。その波はまたたく…続き (8/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年9月2日付

2014年9月2日付

・カゴメ、生トマトで反撃 生鮮、苦節10余年で収穫期へ
・日通、スロベニア港湾会社と提携 中東欧向け物流網を構築
・八楽、ネットでビジネス用翻訳 メール・文書を17言語に
・トクヤマ 石こうボード、関東で原料
・キユーピー、介護食2割増産 スーパー販路2倍の4500店…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について