集中生産でコスト圧縮 日野自、中韓勢に対抗
トラック工場再編

2011/1/20 2:04
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日野自動車が創業の地での生産を打ち切るのは、中国や韓国などのトラックメーカーとの市場争奪戦が激しさを増しているためだ。高効率工場で量産しコスト削減を急ぐ。ただ中国メーカーが生産するトラックの価格は日本製に比べ「現状では半額に近い」(白井芳夫社長)とされる。アフターサービス網の拡充で顧客を囲い込むなど、消耗戦に陥らない工夫も求められる。

 競合は中韓勢だけではない。トラック世界最大手の独ダイムラーはインド南部のチェンナイに新工場を建設。ロシアでは現地大手のカマズに出資したほか、GAZとも商用バンを共同生産することで合意した。スウェーデンのボルボもインド大手アイシャーと組んでトラックを生産する。

 こうした動きを受け、日野は主要部品の設計を世界で共通化し、新工場での集中生産でコストを圧縮。中韓勢に対抗できる低価格の新興国市場専用車を効率生産する。並行してサービス工場併設の販売店を増やす。

 ほかのメーカーも課題は同じ。いすゞ自動車は中国製部品などの活用でコストを約3割抑えた小型トラックを開発し、年内にもアジア市場に投入する予定。将来はアジア内の拠点で集中生産を計画する。三菱ふそうトラック・バスは親会社の独ダイムラーと連携。12年にもインドで廉価ブランドを立ち上げ、価格をふそうブランドより2割抑えた中型トラックを発売。UDトラックス(旧日産ディーゼル工業)は価格を現行モデルより約2割抑えた新興国専用の大型トラックを開発する。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

三菱ふそうトラック・バス、日野自動車、ダイムラー、ボルボ、いすゞ自動車、トラックメーカー、GAZ、生産再編、カマズ、スウェーデン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報