日本経済新聞

4月16日(水曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

グリーンイノベーション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クリーン技術で石炭火力が「悪役」返上 先端走る日本勢に勝機

(1/3ページ)
2011/11/21 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 地球温暖化の元凶の1つとされてきた石炭火力発電が、東京電力福島第1原子力発電所の事故後、代替エネルギーとして見直されている。タービンやボイラーなどの中核機器で米ゼネラル・エレクトリック(GE)など海外勢が高い世界シェアを握る一方、大気汚染物質の排出を抑制する環境装置では日本メーカーの技術が先端を走っている。

 日本政府が福島原発事故を受け今秋に見直しを始めたエネルギー戦略。その中間整理で、火力発電の二酸化炭素(CO2)削減技術と高効率化は、再生可能エネルギーと省エネ技術、原発と並び重要項目に位置付けられた。この動きは海外でも広がり、エネルギー需要が急増する中国やインドなど新興国を中心にクリーンな石炭火力への注目が高まっている。

 中国・長江デルタ経済圏の中心都市の1つ、杭州市。来春、火力発電所が排出する窒素酸化物(NOx)の除去に使う日立製作所製の脱硝触媒装置が稼働する。日立はこれまで日本から輸出していたが、中国の火力発電需要の増加をにらみ現地で調達から製造、販売までを一貫して手掛ける体制づくりを急いでいる。

日立製作所が2009年春に米セミノール発電所に納入した脱硝装置(米フロリダ州)
画像の拡大

日立製作所が2009年春に米セミノール発電所に納入した脱硝装置(米フロリダ州)

 実は脱硝装置の世界シェアは日立が26%(2010年度)で世界首位。強みは装置の独自構造にある。

 その仕組みはこうだ。排ガス中のNOxを、アンモニアと触媒を使って無害な窒素と水蒸気に分解する。日立の装置は、排ガスに含まれるダストが堆積しにくい板状の構造にしたのが特徴。圧力損失が低く、排ガスを流すためのファンの動力を低減できる。子会社のバブコック日立が独自開発したもので、米国やドイツなどで受注実績がある。

 中国は11年からの5カ年計画で環境規制強化を掲げ、特に火力発電所から排出されるNOX削減に本格的に取り組み始めた。中国は埋蔵量の多い石炭への依存度が高く、発電量に占める火力比率は約8割。NOx削減は喫緊の課題だ。

 米国でも14年以降に火力発電所を対象にした環境規制が大幅に強化される見通しで、同国内の電力会社から脱硝装置に関する問い合わせが増えているという。脱硝触媒の市場規模が10年時点の約4万立方メートル(設置容量)から15年には15万立方メートルに拡大するとの試算もある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

三菱商事、ゼネラル・エレクトリック、東京電力、IGCC、日立製作所、石炭火力、再生可能エネルギー、三菱重工業、バブコック日立、東芝、CCS

日経産業新聞のお申し込みはこちら

【PR】

【PR】

グリーンイノベーション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

IHIは複数の手法でCO2回収技術の実用化をめざす(豪州の石炭火力発電施設)

CO2を回収し再利用 重工各社、新技術売り込む

 二酸化炭素(CO2)が増えれば、重工各社の仕事が増える――。「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」ような動きが出始めた。地球温暖化を防止するため製造業各社が排出抑制に知恵を絞るCO2を「収益源」に転換…続き (2013/9/30)

太陽光発電パネルと小型風車を取り付けた街路灯が道の両脇に延々と並ぶ(河北省曹妃甸)

中国の再生可能エネ産業、「バブル」崩壊で正念場

 中国の太陽光発電パネル大手の尚徳太陽能電力(サンテック・パワー)が今年3月に経営破綻してから半年、中国メーカー同士の設備投資競争による過剰生産と米欧のアンチダンピング提訴など輸入制限によって、中国の…続き (2013/9/23)

板倉工法の耐震性を説明する筑波大学の安藤邦広名誉教授

被災地で進む環境革命 エコ住宅で森も町も再生へ

 9月上旬、宮城県南三陸町で1つの任意団体が産声を上げた。
 「南三陸木の家づくり互助会」
 カキやホタテといった海産物で知られる南三陸は森林資源の宝庫でもある。建築用の木材が外材に置き換わるまでは林業も…続き (2013/9/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年4月16日付

2014年4月16日付

・「キセイ」を超えて スマホがタクシー業界変える
・シャープ、検証期間10分の1に スマホ用近接センサー
・タツタ電線、漏水検知システムで中国開拓
・日揮、プラント設計ソフト導入
・モリモト医薬、ゼリー使った補助剤のキットを4月から販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について