OKI、ブラジル金融大手のATM機器事業を買収

2013/5/15 21:13
共有
保存
印刷
その他

 OKIは15日、ブラジルの金融大手イタウグループからATM機器事業を買収すると発表した。イタウグループが同事業を分社化し設立する新会社の株式の7割を約50億円で取得する。ブラジルは今後の経済成長で、ATMの需要増が見込める。OKIは今回の買収で中南米に足がかりを築き、主力のATM事業で海外展開を加速する。

 イタウグループで精密機械の製造・販売を手掛けるイタウテック(サンパウロ市)がATM機器製造と保守事業を分社化。新会社「OKI do Brasil(オキドブラジル、仮称)」を設立する。OKIは12月末をめどに同社の株式を7割取得する。イタウテックは同国2位のATMメーカーで、同市場で約30%のシェアを持つ。

 イタウグループは傘下に中南米最大の民間銀行「イタウ・ウニバンコ」を抱えるブラジル第2位の複合企業グループ。OKIはイタウという優良顧客を獲得するほか、中南米の他の金融機関にATMを売り込むための足場を確保できる。

 イタウテック製のATMは入金または出金の片方の機能しか持たない機種。今後はOKIが持つ利用者が入金した紙幣をそのまま出金用に使える「還流型」のATMが普及する見通し。新規開発のコスト負担がかさむため、OKIに事業売却することにした。

 ブラジルのATMの設置台数は現在約15万台だが、2015年に約20万台になるとOKIはみている。これは日本のATMの設置台数18万台にほぼ匹敵する規模。

 OKIのATM事業は全売上高の約2割を占める主力事業。国内ではトップだが、世界市場では首位の米NCRなどに見劣りし、世界5位にとどまっている。中国やロシア、インドネシアでの事業展開に力を入れており、世界シェアを現在の6%台から14年度をめどに10%台に高める考えだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報