グリーなどSNS勢台頭 東京ゲームショウ様変わり

2011/9/15付
共有
保存
印刷
その他

 世界最大規模のゲーム見本市「東京ゲームショウ2011」が15日、幕張メッセ(千葉市)で開幕した。携帯電話向け交流サイト(SNS)大手、グリーが初めて出展したほか、家庭用ソフト大手各社もSNSを利用したソーシャルゲームなどスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)用の作品を相次ぎ発表。市場拡大が続くスマホゲームの勢いによって、ショウの風景は昨年までとは様変わりしている。

混み合うグリーやソニー・コンピュータエンタテインメントのブース(15日、千葉市美浜区)
画像の拡大

混み合うグリーやソニー・コンピュータエンタテインメントのブース(15日、千葉市美浜区)

 「家庭用ゲームとソーシャルゲームが合わされば、国内ゲーム市場は倍増する。家庭用ゲーム機メーカーと一緒に盛り上げていきたい」。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)に隣接した自社ブース前で、グリーの田中良和社長は笑顔で語った。初出展にもかかわらず、家庭用ゲーム業界をけん引してきたSCEと同規模のブースをぶつける構図は、ソーシャルゲーム市場の急成長ぶりと重なる。

 ■ドラクエも配信 ソフト会社もソーシャルゲームなどスマホ市場を取り込む動きが活発化。ゲームショウに出展したスマホ用ゲームは昨年の2倍にあたる98本となった。スクウェア・エニックスは米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載した携帯端末にゲームを配信するサイトを今冬に開設し、「ドラゴンクエスト」などの人気作品を配信する。

 携帯ゲーム会社と連携を強める動きもある。バンダイナムコゲームスはソーシャルゲームの企画開発を手掛ける新会社を10月にディー・エヌ・エー(DeNA)と共同で設立する。鵜之沢伸副社長は「自社で手掛けた作品と比べてケタが違う。こんなに変わるのかと思った」と苦笑した。

 きっかけは携帯向けに共同開発したソーシャルゲーム「ガンダムロワイヤル」。昨年12月に配信を始めて以来、300万人以上の登録を抱える人気タイトルに育った。新会社ではバンダイナムコのキャラクターを使った作品を制作する予定だ。

東京ゲームショウ開幕。注目を集めた新型機「ヴィータ」体験の感想は…

東京ゲームショウ開幕。注目を集めた新型機「ヴィータ」体験の感想は…

 ■迎え撃つゲーム機 家庭用ゲーム機各社も手をこまねいているわけではない。SCEは12月に発売する新型携帯ゲーム機「プレイステーション(PS)ヴィータ」を投入するにあたり、同時に26本もの作品を投入する。SCEジャパンの河野弘プレジデントは「熱心なファンからスマホの利用者まで満足できる作品をそろえる」と強調。両面タッチ画面を搭載するなどゲーム機ならではの娯楽を提案する。

 家庭用ゲーム市場は5000億円市場と依然として大きい。スマホか家庭用ゲーム機か。ソフト各社は経営資源をどう配分するのか難しいかじ取りを迫られる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:02
23日 7:01
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 5:30
4:00
北陸 23日 7:01
23日 7:00
関西 23日 22:49
23日 22:46
中国 23日 9:18
23日 9:08
四国 23日 6:02
23日 6:00
九州
沖縄
23日 21:43
23日 21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報