格安航空、相次ぐ欠航 機体不足や成田の運用制限
使い勝手改善が課題

2012/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 格安航空会社(LCC)の欠航が相次いでいる。少ない機体を使い回すコスト削減策の結果、不具合が発生した場合にドミノ式に欠航が増えるという構造問題に加え、成田空港の飛行制限時間や混雑などが足かせになっている。利用者の空の旅の選択肢を広げるLCCが国内に根付くには、使い勝手の改善に向けた取り組みが空港会社にも求められそうだ。

 全日本空輸などが出資するピーチ・アビエーションは13日、関西国際空港と福岡、…

関連キーワード

LCC、全日本空輸、エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパン、成田空港

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/03 大引
18,182.39 +86.99 +0.48%
NYダウ(ドル)
9/02 16:36
16,351.38 +293.03 +1.82%
ドル(円)
9/03 15:29
120.42-46 +0.37円安 +0.31%
ユーロ(円)
9/03 15:29
135.15-20 ±0.00 ±0.00%
長期金利(%)
9/03 14:29
0.395 +0.005
NY原油(ドル)
9/02 終値
46.25 +0.84 +1.85%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報