インド高速鉄道の事業化調査、日本勢が落札

2013/12/13付
保存
印刷
その他

 東日本旅客鉄道(JR東日本)など鉄道事業者10社が出資する日本コンサルタンツ(東京・千代田)を中心とする日本連合は13日、インドの最大都市ムンバイと西部の工業都市アーメダバードを結ぶ高速鉄道整備計画の事業化調査を受注したと発表した。インドで最初に建設される高速鉄道計画の調査を受注したことで、日本の新幹線技術の輸出につながる可能性がある。

 受注したのは、両都市を結ぶ約500キロメートルの路線の調査。費用は約6億円で、日本から約30人を派遣して2015年7月まで調査する。需要予測や概算事業費の算出、基本計画の策定などを進める。

 同路線の事業化調査では、国際協力機構(JICA)がインド鉄道省と10月に覚書を交わしていた。インドでは全部で7路線の高速鉄道計画があり、日本勢は今回の受注も含め3路線で調査を受注している。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

東日本旅客鉄道事業化調査日本コンサルタンツ高速鉄道日本勢インド鉄道

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報