ITトレンド(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米MITの神髄は「発明か死か」 石井メディアラボ副所長に聞く

(1/2ページ)
2012/12/13 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「Invent or Die(新しいものを生み出すか、さもなくばやめてしまえ)」――。米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの石井裕副所長は、同校の文化をこう説明する。世界のIT(情報技術)をリードする研究はいかに生まれるのか。17年間メディアラボに在籍し、現実世界とデジタル世界の垣根をなくす研究を続ける同氏に、MITの実像を聞いた。

「ゼロメートルから山を作るように新しいものを作り出す」と語る石井裕氏
画像の拡大

「ゼロメートルから山を作るように新しいものを作り出す」と語る石井裕氏

 ――MITメディアラボの設立から25年が経過した。この間、変わらないことは何か。

 「『Invent or Die』、つまり新しいものを生み出すか、さもなければやめてしまえという精神だ。あるいは『Publish or Perish』。論文を出せなければ滅びる、というのもある」

 「『Demo or Die』、実際にデモで見せられなければ意味がないという考え方もある。アイデアを生み出すことは重要だが、さらにそれをデモできる、視覚的に見せられるようにする。こうした考え方は一貫して変わっていない」

 ―― 一方で変わったことは。

 「ジョーイ伊藤(2011月9月にMITメディアラボの所長に就任した伊藤穣一氏)が持ち込んだ新しいカルチャーだ。オープンにして共有すること。彼はネットの力、オープンの力、ソーシャルによって共有する力を信じていて、そのカルチャーをメディアラボに持ち込んだ」

 「今まではスポンサー企業が関与する研究の内容は非公開だったが、これをどんどんオープンにしようとしている。成果もそうだ。さらに外部の人とも議論をしながら、オープンなイノベーション(技術革新)を目指そうとしている」

 「彼が来てからメディアラボのカルチャーはずいぶん変わった。メディアラボが開催するほとんどのイベントはネット動画配信サービスのユーストリームで生中継している。さらに世界トップクラスの人物を招待して議論し、その内容も公開している。こうしたオープンイノベーション文化によって『メディアラボ2.0』を作っている」

 ――「タンジブル・ビッツ」という新しいインターフェースの概念を提唱している。

「ミュージックボトル」は医薬品の服用履歴管理などビジネス応用が可能という
画像の拡大

「ミュージックボトル」は医薬品の服用履歴管理などビジネス応用が可能という

 「タンジブル・ビッツとはマウスやキーボードを使った操作ではなく、人が手で直接触れることができる(タンジブルな)操作を可能にする新しいインターフェースを実現する概念のことだ」

 「研究の一例が『ミュージックボトル』だ。ガラス瓶の蓋を開けると、ジャズなどの音楽が流れる、というものだ。ガラス瓶をデジタル世界とのインターフェースに変えるプロジェクトだ」

 「『サンドスケープ』というプロジェクトもある。砂を敷いた箱の中に作った3次元の形状をコンピューターで読み取り(仮想的な)地形や等高線、風向きなどを砂の上へリアルタイムに描き出す」

 「人間の思考や思索自体に関する研究にも取り組んでいる。アイデアをどう表現するか、コンピューターの中のテキストとか紙の上に書いたインクなどではなくて、直接、しかもグループで協調的に操作できる。そういう表現形態を発明している。それによって他人とのやりとりが変化し、人々の思考、特にグループでの思考を劇的に変えられると期待している」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ITトレンド(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

画像解析技術で成長度を推定する(白色の囲みは花、赤色は収穫間近・可能の果実など)

キヤノン版スマート農業、カメラとAIで成長度把握 [有料会員限定]

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を活用した「スマート農業」が広がりつつある。キヤノンマーケティングジャパン(MJ)グループは得意とするカメラや画像解析技術を活用した、独自の…続き (8/17)

RPAは電通の労働環境改革にも盛りこまれた

経費精算ようやく自動化 ロボソフトで働き方改革 [有料会員限定]

 事務作業などをプログラムで自動化する取り組みが広がっている。情報収集のためのウェブサイト巡回や経費精算のような日常業務をソフトウエアに任せ、空いた時間はほかの業務やプライベートに充てる。従業員の仕事…続き (8/10)

日実業団チームで活躍する高橋・松友組の試合データを分析する

タカマツペア、東京五輪でも金へ ユニシスがIT駆使 [有料会員限定]

 日本ユニシスは、IT(情報技術)を活用してバドミントンの試合データを解析し、自社の実業団チームの選手育成などに生かす取り組みを進めている。解析データを用いて選手自身が気付いていない癖やライバル選手の…続き (8/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月22日(火)

  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない
  • VR空間をタダでつくれる「STYLY パブリックβ版」を知っているか!?
  • ドローンの次は多脚AR対戦型ロボットの「メカモン」(MekaMon)と仲間たちだ

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月22日付

2017年8月22日付

・東京ロケット、建設現場の求人と職人マッチング、スマホアプリ開発
・拠点分散、顧客に近く NTT東のデータセンター
・がんワクチン、AI創薬 NEC発VBが今秋治験
・アドバネクス、インドで車用バネ生産 来夏拠点稼働
・日立金属、車用モーター2割省エネ アモルファス合金活用…続き

[PR]

関連媒体サイト