日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

任天堂ファミコン30年 中年「マリオ」再び跳べるか
脱・集団指導体制、岩田流でスピード経営

(1/2ページ)
2013/7/15 7:00
保存
印刷
その他

 「ファミリーコンピュータ」が発売されて15日で30年。ゲームの雄として君臨した任天堂だが、インターネットの普及で事業環境はガラリと変わった。日本を代表する高収益企業は2期連続の営業赤字に陥った。創業家出身の山内溥相談役(85)から岩田聡社長(53)にバトンを渡して11年。ファミコンで築いたビジネスモデルの寿命を指摘する声も上がっているが、任天堂は「マリオ」のように再び跳び上がれるのか。

■「カリスマ」山内氏のワンマン経営で躍進

 「環境変化に速いスピードで適応しなければいけない」(岩田社長)。6月27日に11年ぶりに代表取締役クラスの役員を大幅刷新した任天堂。山内前社長時代からの「番頭役」で、70歳前後の代表取締役2人を含む高齢の4人が退任した。新しい経営陣10人の平均年齢は約7歳も若返った。

 代表権を持つのはそれまでの5人から、岩田社長、「マリオ」の生みの親として知られる宮本茂専務、ゲーム機開発の責任者である竹田玄洋専務の3人のみとなった。権限を集中させ、意思決定を迅速にして経営スピードを上げる。

 任天堂は1889年に花札の製造で創業。その後、トランプやかるた、玩具などに手を広げ、多角化を進めて経営危機に陥ることもあった。しかし、1949年に社長に就任した山内氏の時代、ゲームへの参入が同社を国際優良企業に変えた。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

ファミコン岩田聡山内溥ファミリーコンピュータニンテンドーDS任天堂

【PR】

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東京・上野の国立西洋美術館

国立西洋美術館、景観そのまま地震対策 [有料会員限定]

 東京・上野の国立西洋美術館本館が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることが決まった。1959年に施工し、景観を損なわないように98年に改修したのが清水建設だ。歴史的建造物の維持…続き (7/30)

DNAチップ研究所のDNAチップ

リウマチ向け高額薬、DNAチップで効果を予測 [有料会員限定]

 医療研究受託のDNAチップ研究所は関節リウマチのバイオ医薬品の効果を予測する検査サービスを今月始める。同治療薬は7種類ほどあるが、高額なうえ、どれが効くのか人によって違うため選択が難しかった。患者の…続き (7/24)

電子部品専業から変身 「IoTと半導体のTDK」 [有料会員限定]

 電子部品メーカーのTDKが半導体技術の獲得に動いている。半導体メーカーや工場の買収にくわえ、複数の半導体大手と合弁会社を設立した。狙うのは、あらゆるものがネットにつながる「IoT」。半導体技術を駆使…続き (7/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年7月29日付

2016年7月29日付

・富士通エフサス、スマホで報告書・部品注文、保守サービス効率化
・NEC、顔認証に磨き 顔が下や横向きでも特定
・東大、養殖魚、餌で脂肪を調整
・省エネ機器と電気、セットで NTTファシリティーズが料金プラン
・中越パルプ、クラフト紙の高品質化へ投資、2工場に27億円…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト