ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

広がる最先端コメ作り、GPSや直播き……農機各社が提案

(1/2ページ)
2013/8/13 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「日本のコメは高い」という常識を覆そう――。農業機械メーカー各社が農家を口説いている。国民1人当たりのコメ消費量は50年前に比べてほぼ半減。国産米の相対取引価格は1キログラム当たり260円前後と、米国と比べ約4倍も高い。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に日本も参加し、高い関税率で海外のコメを制限するのも難しくなりそうだ。種もみを金属で覆って田んぼに直接まいたり、全地球測位システム(GPS)で農機を管理したり。農機各社の新しい米作りの提案に期待が集まっている。

 兵庫県猪名川町。猛暑のなか、青々とした稲が育っていた。農家の男性(58)に聞くと「細い道を挟んで2つのタイプに分かれる」という。栽培している品種は同じ。違いが分からず困っていると、笑って教えてくれた。「こっちは苗から育てた稲。あっちは『じかまき』だよ」

 日本の稲作農家の多くは、ビニールハウスなどで種もみを苗に育ててから水田に植えている。狭い水田でも安定的に収穫するために生み出された手法だが、苗を育てるためのコスト負担は重く、コメ価格の高止まりの原因になっている。

 農家の男性が口にした「じかまき」は種もみを直接まくことで、漢字では「直播き」と表記する。苗を育てる必要がなく、コストも少なくて済むが、日本の農家は敬遠してきた。土にきちんと埋まらないと、発芽しないリスクが高まり、カラスなどにも荒らされる――。その結果、収穫量が安定しないのだ。これを解決しようと呼びかけているのが、国内農機最大手のクボタだ。

 種もみを厚み1ミリメートル以下の金属膜で覆い、その重さで地中にしっかりと埋まる仕組み。独立行政法人である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の山内稔氏が開発した手法で、金属膜は発芽を妨げない厚みに調整する。農家の男性はクボタの提案を受け入れ、新しい米作りに挑戦中だった。「じかまきは格段に作業が楽。収穫量も変わらないし、現在0.3ヘクタール(3000平方メートル)のじかまきの耕作面積を来年はもっと増やすつもり」と笑う。クボタは9月にも、全自動で種もみに金属膜をつくる機械を売り出す。

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン
画像の拡大

全地球測位システム(GPS)を搭載したヤンマーのコンバイン

 クボタと競合するヤンマーも負けてはいない。GPSを搭載したトラクターやコンバインを製造。農機の稼働状況などを掌握して、米作りのムダを洗い出している。

 農作業へのGPS活用は、測量機器を手掛けるトプコンやニコン・トリンブル(東京・大田)が先行している。専用の小型装置をつくり、3~30センチメートルの誤差で農機の走行ルートを確認。肥料の投入データなどと組み合わせ、農作業が効率的かどうかを判断している。現在、北海道を中心に3000台ほど導入されている。価格は1台当たり50万円と高額だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国産初の油圧ショベルを生んだ明石事業所に生産機能を集約する(兵庫県明石市)

投資せず増産 キャタピラーが協力会社と挑む改革 [有料会員限定]

 建設機械世界最大手、米キャタピラーの拠点なかで明石事業所(兵庫県明石市)は油圧ショベルの製造・開発のマザープラントの役割を担い、国産初の油圧ショベルを生産した「日本のショベル生誕の地」でもある。同社…続き (6/26)

ベンベルグは独特の肌触りの良さが特徴

セルロース繊維、極細と高速化でインド需要対応 旭化成 [有料会員限定]

 押しも押されもせぬ旭化成の主力品「ベンベルグ」。綿花の産毛を銅アンモニアの液体に溶かして糸にする唯一無二の製品だが、2014年、実に40年ぶりに新設備が稼働。足元では早くもフル操業だ。地盤沈下する国…続き (6/19)

ホンダの熊本製作所は熊本地震で被災し、昨年9月に完全復旧した(熊本県大津町)

ホンダ、「二輪の聖地」熊本でチタン素材挑戦 [有料会員限定]

 ホンダは今春、スポーツバイクの最高峰モデル「CBR1000RR」シリーズを9年ぶりに全面改良した。軽量化のために世界で初めてチタン製の燃料タンクの量産に挑戦したほか、熊本地震を乗り越え、製品化にこぎ…続き (6/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月26日付

2017年6月26日付

・解像度4倍の液晶部材、エスケーエレクトロニクス 2工場、70億円投資
・出版社在庫 書店が照会 日販がシステム開発
・ホウレンソウ、不安緩和 酵素の働きを確認
・電力損失5割低減、新型SiCパワー半導体モジュール 富士電機が生産へ
・フクダ電子、睡眠時無呼吸症の検査で新装置 装着状態を一目で確認…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト