任天堂、新ゲーム機「Wii U」発表 当初2万円超か

2011/6/8 10:29
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

家庭用ゲーム機の新製品「Wii U」を発表する任天堂の岩田聡社長(7日、米ロサンゼルス)
画像の拡大

家庭用ゲーム機の新製品「Wii U」を発表する任天堂の岩田聡社長(7日、米ロサンゼルス)

 【ロサンゼルス=世瀬周一郎】任天堂は7日、家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」を2012年に発売すると発表した。06年に発売した「Wii」の後継機種で、コントローラーに手で触れて操作するタッチパネル方式の液晶画面を搭載する。本体との画面と組み合わせて使うことで新たな楽しみ方を提案し、幅広いゲーム愛好者に売り込む。

 米ロサンゼルスで同日開幕したゲーム見本市「E3」で岩田聡社長が発表した。同社長は新型ゲーム機について「長年ゲームを楽しんでいる利用者、初心者の双方に満足がいく製品を提供する」と狙いを説明した。

 新型機はテレビ画面とコントローラーが連動する。テレビ画面で遊んだゲームの続きをコントローラーだけで楽しんだり、コントローラーの画面に触れることでテレビ画面に映したゲームを操作したりできる。テレビ電話機能なども設けた。

任天堂の新型ゲーム機「Wii U」はタッチパネル画面を搭載する

任天堂の新型ゲーム機「Wii U」はタッチパネル画面を搭載する

 任天堂の岩田社長は7日に日本経済新聞などの取材に応じ、新型機について「現在のWiiと同じ価格(2万円)で売れるとは思わない」と説明し、発売当初の価格は2万円を上回るとの見通しを示した。また、「Wiiがすぐになくなるとは思わない」と述べ、発売から一定期間は現行のWiiと併売する方針を示した。

 Wiiは家族層を取り込むことで販売を拡大してきたが、新型機では熱心なゲーム愛好者が満足できる作品も投入して利用者の裾野を広げたい考え。米ゲームソフト大手のエレクトロニック・アーツ(EA)の首脳らが対応ソフトを投入する方針を示した。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

Wii、任天堂、ゲーム機、ロサンゼルス、エレクトロニック・アーツ

次世代、ソニーはPSヴィータ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/07 大引
20,376.59 +264.47 +1.31%
NYダウ(ドル)
7/07 13:18
17,646.83 -36.75 -0.21%
ドル(円)
7/08 2:13
122.32-34 -0.40円高 -0.33%
ユーロ(円)
7/08 2:13
133.88-90 -1.18円高 -0.87%
長期金利(%)
7/07 17:26
0.450 -0.010
NY原油(ドル)
7/06 終値
52.53 -4.40 -7.73%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報