東電、コスト削減1000億円上積み 発電所売却も
週内にも合理化実行計画発表

2011/12/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 東京電力の経営合理化の実行計画である「アクションプラン」の全容が7日、わかった。10年間で約2兆5400億円としていた経費削減計画から削減額を1000億円超上積みし、2兆6488億円の合理化を目指す。既存の発電設備の売却についても検討し、今年度末までに方針を固める。

 アクションプランは政府の原子力損害賠償支援機構と東電がまとめた「緊急特別事業計画」の実行計画との位置付け。事業計画が定める経営合理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

東京電力アクションプラン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 23日 6:25
23日 6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報