日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロボVB争奪過熱 米IT大手、日本勢に次々触手
スタートアップスinUSA(7)

(1/3ページ)
2014/4/9 3:30
共有
保存
印刷
その他

 

スタートアップの世界で最も注目を集めているのはロボット業界だ。米グーグル、米アマゾン・ドット・コムなど世界経済をけん引するIT(情報技術)大手が相次いでロボットベンチャーを買収。世界の有力ベンチャーキャピタル(VC)が血眼になって金の卵を探す。国境を越えた争奪戦の様相だ。

 「なんだ、あのロボットは」。3月に米テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」。スタートアップの祭典でひときわ大きな人だかりができた。

■高専発、反響呼ぶ

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた
画像の拡大

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた

 アニメに出てくるような搭乗型ロボットが操縦者の動きに合わせ、「手」や「足」を突き出す。名づけて「外骨格(パワードスーツ)」。出展したのは日本の工業高等専門学校が競う「ロボコン」で優勝した沖縄高専のメンバーで構成するスケルトニクスだ。

 話題が話題を呼び、米有力紙USAトゥデー、米三大ネットワークのABCテレビが取り上げるほどの人気となった。仕掛けたのは元ACCESS共同創業者の鎌田富久(52)だ。「これほどまで反響を呼ぶとは思わなかった」と笑う。

 鎌田は今、TomyK代表としてスタートアップ支援を手がけるが、日本では苦労した。東京大発のSCHAFT(シャフト)は二足歩行ができ、人と同じような作業ができる災害対応ロボットを開発、米国のコンテストで決勝戦に進む実力。

 だが1台3000万円のロボット試作費の調達に国内の金融機関やメーカーから色よい返事はなし。最終的に鎌田が接触したのが米グーグル元上級副社長のアンディ・ルービンだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

スタートアップスinUSA

スタートアップス! 日本ここから

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

学生フォーミュラ大会2連覇に向けてEVの開発に余念がない一関高専の学生たち(前列右がリーダーの中津川壮さん)

目指せEVレース2連覇 高専、実学が夢を鍛える [有料会員限定]

 全国に根を張る高等専門学校(高専)。その高い技術力を地域社会に役立てようとする「社会実装教育」が脚光を浴びている。学内に籠もらず、町に出て社会の声を聞く。吸収力、感度の高さが社会の成長へと昇華する。…続き (5/28)

NHK、IoTで放送革新 テレビ離れに危機感 [有料会員限定]

 NHKが次世代の放送技術の開発を加速している。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」やAI(人工知能)などを活用し従来にない視聴体験や番組作りに挑んでいる。放送と通信の垣根が崩れてスマート…続き (5/27)

卵かけご飯の上にトッピング感覚でのせて食べることもできる

キッコーマン 食べる固形しょうゆ、ヒットの技 [有料会員限定]

 キッコーマン食品が2月に発売した「キッコーマン サクサクしょうゆ」は、液体しょうゆをフリーズドライした「食べられる」新形状のしょうゆだ。人口減や単身世帯の増加などで、国内のしょうゆ市場が縮小傾向にあ…続き (5/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月30日付

2017年5月30日付

・システムの変更、簡単に履歴追跡 SCSKがツール、不具合原因、早期に発見
・脂肪肝、新標的で治療 独ベーリンガーが神戸大と、原因たんぱく質を特定
・ムーンスター、靴の廃材、9割を再生 福岡・久留米工場、地元企業と連携
・IHI、ターボ生産に60億円投資 燃費規制で需要増
・アイル、SEの負担軽減、残業ゼロ目指す…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト