日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロボVB争奪過熱 米IT大手、日本勢に次々触手
スタートアップスinUSA(7)

(1/3ページ)
2014/4/9 3:30
共有
保存
印刷
その他

 

スタートアップの世界で最も注目を集めているのはロボット業界だ。米グーグル、米アマゾン・ドット・コムなど世界経済をけん引するIT(情報技術)大手が相次いでロボットベンチャーを買収。世界の有力ベンチャーキャピタル(VC)が血眼になって金の卵を探す。国境を越えた争奪戦の様相だ。

 「なんだ、あのロボットは」。3月に米テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」。スタートアップの祭典でひときわ大きな人だかりができた。

■高専発、反響呼ぶ

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた
画像の拡大

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた

 アニメに出てくるような搭乗型ロボットが操縦者の動きに合わせ、「手」や「足」を突き出す。名づけて「外骨格(パワードスーツ)」。出展したのは日本の工業高等専門学校が競う「ロボコン」で優勝した沖縄高専のメンバーで構成するスケルトニクスだ。

 話題が話題を呼び、米有力紙USAトゥデー、米三大ネットワークのABCテレビが取り上げるほどの人気となった。仕掛けたのは元ACCESS共同創業者の鎌田富久(52)だ。「これほどまで反響を呼ぶとは思わなかった」と笑う。

 鎌田は今、TomyK代表としてスタートアップ支援を手がけるが、日本では苦労した。東京大発のSCHAFT(シャフト)は二足歩行ができ、人と同じような作業ができる災害対応ロボットを開発、米国のコンテストで決勝戦に進む実力。

 だが1台3000万円のロボット試作費の調達に国内の金融機関やメーカーから色よい返事はなし。最終的に鎌田が接触したのが米グーグル元上級副社長のアンディ・ルービンだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

スタートアップスinUSA

スタートアップス! 日本ここから

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ナノレベルの技で磁気テープ復権、桁違いの大容量 [有料会員限定]

 オーディオカセットにVHSビデオなど、2000年代初めごろまではどの家庭にもあった磁気テープ。今や大手家電量販店でも見つけるのが難しい「過去の遺産」が、最先端分野の危機を救う救世主としてにわかに注目…続き (7/23)

大成プラスの技術はスマホの背面パネルに樹脂材を接合して電波の通り道を作るデザインに活用されている

素材にも破壊的イノベーション 金属より強い複合樹脂 [有料会員限定]

 新技術の登場が従来の産業構造を一変させる破壊的イノベーションが素材の世界でも起きつつある。金属や樹脂、繊維など様々な素材の潜在力を引き出し、組み合わせることで、常識破りの機能を獲得した新素材が次々と…続き (7/22)

5GではVR端末をつけてバスに乗り、月面旅行のような体験ができる

アイドルへ自在に接近 5Gが開く映像配信の新世界 [有料会員限定]

 2020年をメドに実用化される次世代通信規格「第5世代(5G)」の商用サービスをにらみ、通信大手やテレビ局などがコンテンツ開発に動き始めた。超高速・大容量通信が可能な5Gでは配信できる映像コンテンツ…続き (7/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月27日(木)

  • 3歳からプログラミングが学べる可愛いロボット玩具「キュベット」を体験してきた
  • Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了
  • Facebook、知的財産管理のSource3を買収―動画コンテンツに投資拡大

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月27日付

2017年7月27日付

・プレシディオ、放映権をネット売買 映画権利者とテレビ局
・マツダとUACJ アルミとCFRPの接合、2秒で 摩擦熱で溶かす
・中国太陽光パネル大手ロンジグループ、保険とセットで日本攻略
・福田金属箔粉工業、EV向け材料開発へ 新たな研究開発棟整備
・三菱地所レジデンス、リノベーション事業拡大 オフィスビルやマンション…続き

[PR]

関連媒体サイト