Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

エコカーに新顔「バイフュエル車」 VB・大学の技術期待
編集委員 久保田啓介

(1/2ページ)
2012/12/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などが競うエコカー技術で、またひとつ新顔が登場した。水素とガソリンの2種類の燃料を同じエンジンで使い分ける「バイフュエル車」。二酸化炭素(CO2)の排出が少なく、ガソリン車並みの走りのよさが特長という。ベンチャー企業(VB)が開発の担い手だが、将来のエコカー市場に食い込めるか。

 情報システムを手掛けるITカーズ(東京・千代田、竹馬徳昭社長)は9月、市販の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

Eの新話(日経産業新聞)から

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

気候変動問題に金融が寄与 投資通じ環境意識促す

 パリ協定が企業の気候変動問題への対応を加速化している。金融機関も例外ではなく、グリーンボンドへの投資や投資先企業との戦略的対話などに積極的だ。金融機関には投資先の二酸化炭素(CO2)排出量の開示や、…続き (8/14)

AP

G20の温暖化対策 米と溝も足取り止めず

 7月7~8日にドイツのハンブルクで20カ国・地域(G20)首脳会議が開催された。新聞でも報道されたように、地球温暖化を巡る討議では、2020年以降の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明した米国と、…続き (8/7)

大阪ガスはネガワット取引にコージェネレーションシステムを活用する

節電電力売買「ネガワット取引」、既存事業の武器に

 7月中旬に入ってから、全国の気温観測地点の半数以上で最高気温がセ氏30度以上となる真夏日が続いている。暑さがさらに厳しくなれば、冷房の使用などにより電力需給が逼迫する恐れがある。
 需給緩和策として注…続き (7/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 「Googleクビになったけど質問ある?」多様性問題のエンジニア、Redditに登場
  • マツダが内燃機関の進化にこだわりつつトヨタとも提携する理由
  • アマゾンの人工知能スピーカーは「盗聴器に早変わり」する―セキュリティ研究者が実証

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト