Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

エコカーに新顔「バイフュエル車」 VB・大学の技術期待
編集委員 久保田啓介

(1/2ページ)
2012/12/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などが競うエコカー技術で、またひとつ新顔が登場した。水素とガソリンの2種類の燃料を同じエンジンで使い分ける「バイフュエル車」。二酸化炭素(CO2)の排出が少なく、ガソリン車並みの走りのよさが特長という。ベンチャー企業(VB)が開発の担い手だが、将来のエコカー市場に食い込めるか。

 情報システムを手掛けるITカーズ(東京・千代田、竹馬徳昭社長)は9月、市販の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

Eの新話(日経産業新聞)から

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「スワイハン太陽光発電事業」の完成予想図

丸紅のUAE太陽光 天然ガスより安く、発電コスト2円台

 丸紅がアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国で大規模太陽光発電事業に着手した。特徴は100万キロワットを超える巨大な出力と、1キロワット時あたり3円を切る発電コストの安さだ。世界的にコスト低減が…続き (6/19)

1日、ホワイトハウスでパリ協定からの離脱を表明するトランプ大統領=ロイター

ロイター

米離脱後のパリ協定、中国の排出量取引が焦点

 トランプ米大統領は「パリ協定」からの離脱を発表した。予想されたとはいえ衝撃は大きく、各国や産業界から批判が相次いだ。パリ協定は途上国も削減目標を持ったことが特徴であり、それを可能にしたのは米国と中国…続き (6/12)

日本郵船が建造したLNG燃料のタグボート

20年に船舶燃料油の硫黄分規制 LNG船に商機

 船舶の燃料油に含まれる硫黄分濃度規制が強化される。2020年からは、一般海域における燃料油の硫黄分の規制値(現行3.5%以下)が0.5%以下となる。全ての船舶がこの規制に適合する燃料油を使用するか、…続き (6/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト