グリーンイノベーション(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

消えた「グリーン・ニューディール」 世界の低炭素化は正念場

(1/2ページ)
2012/7/9 7:00
共有
保存
印刷
その他

 2012年11月の大統領選挙に向け、オバマ米大統領と共和党のロムニー候補との政策論争は激化している。第1期の4年間を振り返ってみると、就任当初と政策が大きく変わった分野がある。エネルギーと環境政策だ。思い出せばすぐにわかる。オバマ大統領が就任直後に目玉で打ち出したのは「グリーン・ニューディール」だったが、もはや大統領の演説にはほとんどその言葉は登場しなくなった。グリーン・ニューディールはどこに行ってしまったのか?

 グリーン・ニューディールは当時、米国が国際的な批判を浴びていた地球温暖化問題への取り組みと、脆弱化しつつあったエネルギー安全保障を同時に解決するとともに、雇用も創出しようという「一石三鳥」の政策だった。具体的には風力、太陽光など再生可能エネルギーと原子力発電を拡大、強化し、老朽化が目立った送配電網など電力の供給ネットワークをスマートメーターなども取り入れて、再生、再構築しようというものだった。時代の要求を巧みに折衷したきわめて賢い政策にみえ、日本を含め世界の多くの人が賞賛し、期待を示した。しかし、結果は出ないまま、オバマ政権はかじを「脱グリーン」に大きく切っている。

 転換の最大の要因はシェールガス革命である。従来の天然ガスとは異なり頁岩(けつがん)層から採取するシェールガスは、原油価格の上昇や生産技術のイノベーションによって、まさにオバマ政権の第1期の4年間に生産が爆発的に拡大した。今や米国の天然ガス供給の20%以上を占めるようになり、さらに急拡大の一途をたどっている。米国内の天然ガス価格は100万BTU(英国熱量単位)あたり、2ドル割れの状態まで暴落した。2007年ころに7、8ドルだったことを考えれば米国のエネルギー情勢は一変した。さらにシェールガスに刺激され、シェールオイルの生産も急増している。米国は液化天然ガス(LNG)輸入を減らし、原油の輸入も落ち始めている。シェールガスは言葉通り、革命的な影響を米国および世界に与えた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

注目浴びるシェールガス

日経産業新聞のお申し込みはこちら

【PR】

グリーンイノベーション(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

IHIは複数の手法でCO2回収技術の実用化をめざす(豪州の石炭火力発電施設)

CO2を回収し再利用 重工各社、新技術売り込む

 二酸化炭素(CO2)が増えれば、重工各社の仕事が増える――。「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」ような動きが出始めた。地球温暖化を防止するため製造業各社が排出抑制に知恵を絞るCO2を「収益源」に転換…続き (2013/9/30)

太陽光発電パネルと小型風車を取り付けた街路灯が道の両脇に延々と並ぶ(河北省曹妃甸)

中国の再生可能エネ産業、「バブル」崩壊で正念場

 中国の太陽光発電パネル大手の尚徳太陽能電力(サンテック・パワー)が今年3月に経営破綻してから半年、中国メーカー同士の設備投資競争による過剰生産と米欧のアンチダンピング提訴など輸入制限によって、中国の…続き (2013/9/23)

板倉工法の耐震性を説明する筑波大学の安藤邦広名誉教授

被災地で進む環境革命 エコ住宅で森も町も再生へ

 9月上旬、宮城県南三陸町で1つの任意団体が産声を上げた。
 「南三陸木の家づくり互助会」
 カキやホタテといった海産物で知られる南三陸は森林資源の宝庫でもある。建築用の木材が外材に置き換わるまでは林業も…続き (2013/9/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト