グリーンBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電動バイクVBが描く未来図 スマホ連動、充電拠点をFC展開

(1/2ページ)
2013/12/3 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ユニークなベンチャーが登場した。東京モーターショーにバッテリー交換式の電動バイクを出展したレスク(東京・渋谷)。だが、鈴木大介社長は「電動バイクは製品の一部」だという。では、レスクの主役はいったい何なのか。

■富士通がIT技術でサポート

レスクの電動バイク「スカルピーナ」
画像の拡大

レスクの電動バイク「スカルピーナ」

 まずはレスクの電動バイクを見てみよう。モデルは2輪のスクーターと、宅配など業務用に使える3輪バイクの2種。最大の特徴は、足を乗せるステップ部分に設置する交換式バッテリーだ。

 「バッテリーキャリー」という名の通り、バッテリー下部にはキャスターがついていて、取っ手を伸ばせばキャスターバッグのように引いて運べる。バッテリーはブルートゥースで無線通信でき、スマートフォン(スマホ)画面で電池残量を確認できる。

 専用チャージャーを使えばもちろん家庭で充電できるが、レスクが構想しているのは、コンビニエンスストアやスーパーなど街のあちこちに充電ステーションを置き、ガソリンスタンドで車が給油するように、そこでバッテリーを交換する使い方だ。主役は電動バイクではなくバッテリーであり、バッテリーの流通インフラなのだ。

レスクの電動バイクに搭載するバッテリー
画像の拡大

レスクの電動バイクに搭載するバッテリー

 ビジネスモデルはこうだ。レスクはフランチャイズチェーン(FC)方式で加盟店を募る。加盟店はバイクを販売し、バッテリーはバイクの購入者とレンタル契約を結ぶ。購入者は定額を支払えば何回でも交換できる。充電ステーションは加盟店が設置する。レスクは加盟店へのバイク、バッテリーの卸売りと、加盟店からのロイヤルティー収入を収益源とする。

 レスクのビジネスをIT(情報技術)で支えるのが富士通だ。位置情報のクラウドサービス「スペーシオウル」で、運転者はどこに、どんな充電状態のバッテリーがあるかが分かる。バッテリーは繰り返し使うと劣化する。ビッグデータ解析技術を使ってバッテリー一つ一つの消耗度合いから寿命を予測し、どのバッテリーをいつ交換するかも計画的にできる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

レスク電動バイクスペーシオウル

【PR】

グリーンBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

豊田自動織機など外部のユニットを統合し、低燃費と操作性の両立に配慮した(6月、茨城県土浦市)

ハイブリッドで燃費4割減も変わらぬ操作性 日立建機 [有料会員限定]

 日立建機が油圧ショベルのハイブリッド化で環境負荷や燃費の低減に力を入れている。9月に発売する新型機はモーター一体型のハイブリッドエンジンを採用するなど内部を全面的に刷新。ハイブリッドではない通常型に…続き (8/15)

新製鉄技術が確立できれば国内高炉メーカーの競争力強化につながる(新日鉄住金の君津製鉄所内にある試験高炉)

次世代製鉄技術でCO2排出3割減、実証炉で効果確認 [有料会員限定]

 産業界で最大量の二酸化炭素(CO2)を排出する鉄鋼業。そうした状況をなんとか打開しようと、官民挙げて排出を抑える次世代製鉄技術の開発が着実に進んでいる。最終目標は製鉄プロセスの全面的な見直しや最新技…続き (8/8)

味の素はクノールカップスープなどの主力商品の賞味期限表示を「年月日」から「年月」に変更する

味の素、賞味期限を日単位から月単位に 廃棄削減 [有料会員限定]

 味の素は秋冬の商品切り替えに合わせ、即席スープ「クノールカップスープ」や鍋用調味料「鍋キューブ」など主力商品の賞味期限表示をこれまでの「年月日」から「年月」までに改める。食べられるのに廃棄される「食…続き (8/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • アップルは、ぼくらの手元から「AR革命」を起こすかもしれない―「ARKit」の知られざる可能性に迫る
  • スマートロックが解錠不能に、顧客500人に影響―アップデートの不具合が原因
  • 6本脚で這い回るクモ型ロボット「HEXA」を中国企業が開発

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト