パナソニック、貝塚工場閉鎖を検討 今年度中に

2012/5/2 11:17
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 パナソニックがリチウムイオン電池を生産する貝塚工場(大阪府貝塚市)について、今年度中の閉鎖を検討していることが2日、分かった。パソコンや携帯電話向けの電池で、中国・蘇州の新工場に設備を移管する。約350人の従業員は国内の他の工場などに配置転換するもよう。

 リチウムイオン電池はアジア勢との価格競争が激化し、国内工場の設備を中国に生産移管する方針を表明している。すでに守口工場(大阪府守口市)や洲本工場(兵庫県洲本市)などでの生産を終えており、今回の検討もその一環だ。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

パナソニック、リチウムイオン電池、貝塚工場

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/03 20:57
122.90-92 -0.58円高 -0.47%
ユーロ(円)
7/03 20:57
136.42-46 -0.13円高 -0.10%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報