南海トラフ地震、減災徹底なら死者6万人に減少
揺れたら避難、耐震化も鍵

(1/2ページ)
2012/8/29付
共有
保存
印刷
その他

 太平洋の南海トラフを震源とする巨大地震の死者が最大32万人に達するという想定が29日公表された。衝撃的な数字だが、モデルとする地震の発生頻度は極めて低い。内閣府は「防災対策の必要性の周知が公表の主目的」とする。企業や自治体は対策に動き始めた。

南海トラフ地震の被害想定(最悪のケース)
今回推計2003年
推計
東日本大震災
(29日現在・
参考)
規 模
(マグニチュード)
9.1 8.8 9.0
死者数32万3000人2万4700人死 者
1万5869人
行方不明
2847人
建物全壊238万6000棟94万200棟12万9340棟
浸水面積1015平方キロメートル561平方キロメートル
経済被害秋に公表81兆円16.9兆円(ストック被害のみ)

 東日本大震災が発生するまで、地震の想定規模は過去の地震に基づいて算出してきた。国の中央防災会議が2003年に公表した被害想定も、江戸時代の1707年に起きた宝永地震の調査結果を基に、東海、東南海、南海の3領域が連動した場合、最大でマグニチュード(M)8.8の地震が起きるとした。

 しかし東日本大震災のように、数百年~千年に1回しか起きないような超巨大地震は想定してこなかった。その反省から、内閣府や地震調査委員会は、発生周期が長いもののほか、過去に起きた証拠がなくても科学的に起きうる地震であれば、被害想定や長期予測を行う方針に転換した。

 今回、M9.1の南海トラフ地震の被害が推計されたのはこうした経緯だ。03年に想定した東海、東南海、南海の3連動地震と比べて震源域は約2倍に広げた。「プレート(岩板)境界や海底地形の知見から、起き得る最大級の地震と津波を想定した」(内閣府)。震源域の拡大により、津波が高く、内陸深くまで届く試算となり、被害も甚大になった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

地震巨大地震防災対策南海

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:01
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:01
東京 20日 7:01
20日 7:00
信越 20日 7:00
20日 7:00
東海 1:31
1:31
北陸 20日 7:01
20日 7:01
関西 20日 23:10
20日 7:53
中国 20日 6:02
20日 6:00
四国 20日 6:02
20日 6:00
九州
沖縄
20日 21:59
20日 21:57

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報