速報 > 企業 > 記事

グーグル、タブレットでアップル逆転 低価格武器に
国内の年末商戦

2013/1/16 22:07
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 グーグルがアップルを逆転――。昨年の年末商戦の国内タブレット(多機能携帯端末)市場で、米グーグル「ネクサス」のシェアが米アップル「iPad(アイパッド)」を初めて上回った。ネクサスは低価格を武器に消費者を引き付けた。タブレットは2013年も大幅な市場拡大が予測され、2強の競争が激しくなりそうだ。

画像の拡大

 全国2400店の家電量販店を調査するBCN(東京・千代田)が16日、昨年12月のデジタル家電の販売動向を発表した。タブレットの販売台数シェアでは、ネクサスをグーグルと共同開発し、生産する台湾エイスース(華碩電脳)が44.4%を獲得。アップルは40.1%で、10年5月のアイパッド発売以来守ってきた首位の座を譲った。

 ネクサスの主力機種「7」は容量16ギガバイトで1万9800円。昨年11月に発売された現行アイパッド(4万2800円~)や「iPad mini」(アイパッドミニ、2万8800円~)に比べ、価格が手ごろなことが販売を後押しした。

 アイパッドも販売台数を増やしたが、アップル製品は発売直後に購入する固定ファンが多いことや、商戦期間中にアイパッドミニが店頭で品薄になったことがシェアに響いたとの見方がある。

 12月のタブレットの販売台数は前年同月の2.8倍に膨らんだ。IDCジャパンによると、12年のタブレットの国内出荷台数は約360万台、13年には490万台に増える見込みで、デジタル家電では数少ない成長分野。年末商戦へ向けて相次ぎ有力機種が投入され、その結果が注目された。

 ソニーや富士通など国内メーカーのシェアは2~3%にとどまり、2強体制が鮮明だ。BCNの調査では、主にネット通販で販売される米アマゾン・ドット・コムのタブレット「キンドル・ファイア」や電子書籍端末「キンドル・ペーパーホワイト」は対象外。取り扱う大手家電量販店によると、ファイアはネクサス7、アイパッドに次いで健闘しているという。

 12月のパソコン・タブレット市場はタブレットの構成比が32%まで高まり、ノートパソコン(55.8%)を猛追。「欧米に比べると遅れていたが、数年後に逆転する」(BCN)とみられる。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

アイパッド、アップル、グーグル、iPad、ネクサス、BCN、アイパッドミニ、キンドル、アマゾン・ドット・コム、富士通、ソニー、IDCジャパン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
8/03 大引
20,548.11 -37.13 -0.18%
NYダウ(ドル)
7/31 16:36
17,689.86 -56.12 -0.32%
ドル(円)
8/03 15:15
124.04-08 -0.17円高 -0.14%
ユーロ(円)
8/03 15:15
136.11-14 +0.30円安 +0.22%
長期金利(%)
8/03 14:45
0.415 +0.010
NY原油(ドル)
7/31 終値
47.12 -1.40 -2.89%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報