ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

地震で消えた「阿蘇大橋」 記者が見た崩落の惨状

(1/3ページ)
2016/4/23 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経コンストラクション

 2016年4月16日未明の本震後、熊本県南阿蘇村の「阿蘇大橋」が崩落したという情報が、報道やインターネット上で飛び交い始めた。結果的にこの情報は真実だったが、当時は真偽を判断する材料がない。熊本地震の取材で現地入りしていた日経コンストラクション記者は、自分の目で確かめるため、16日朝に熊本市内から国道57号をたどって南阿蘇村に向かった。

阿蘇大橋付近で発生した大規模な斜面崩壊。写真を斜めに横切る国道57号を寸断した。阿蘇大橋は、国道57号と、写真右下で左にカーブする道路の間に架かっていた(写真:アジア航測)
画像の拡大

阿蘇大橋付近で発生した大規模な斜面崩壊。写真を斜めに横切る国道57号を寸断した。阿蘇大橋は、国道57号と、写真右下で左にカーブする道路の間に架かっていた(写真:アジア航測)

阿蘇大橋は橋台と桁の一部を残して谷底に姿を消した。地震で落橋したか、斜面崩壊が原因で谷底に落ちたかは現時点で明らかになっていない(写真:国土地理院)
画像の拡大

阿蘇大橋は橋台と桁の一部を残して谷底に姿を消した。地震で落橋したか、斜面崩壊が原因で谷底に落ちたかは現時点で明らかになっていない(写真:国土地理院)

 頻発する余震で眠れぬ夜が明け、ヘリコプターやドローン(小型無人航空機)による空撮映像などが出回るまで、阿蘇大橋の落橋は噂の域を出なかった。かくいう筆者も半信半疑だった。というのも、同じく落橋の報道があった「龍神橋」は、落ちていなかったからだ。

 龍神橋は、熊本大学付近の白川に架かる。南阿蘇村に向かう前に立ち寄ってみると、車の通行は規制されていたものの、近所の人は徒歩で橋を渡っていた。もしかしたら阿蘇大橋も、落ちてはいないのかもしれない――。そんな風に考えながら、国道57号を東に向かった。

 黒川に架かる阿蘇大橋は、橋長約205m、幅8mの上路式トラスト逆ランガー桁橋。1970年に完成した。熊本市内から阿蘇方面に向かう際に利用される交通の要衝だ。地元の人には、「自殺の名所」としても知られている。

 かつては塗装が赤かったので「赤橋」と呼ばれていたが、縁起が悪いとして緑色に塗り替えられた――。そんな話をタクシーの運転手に教えてもらいながら、「今日は昼過ぎから雨が降るというから危険だ。急いで帰ってこなければならない」などと頭の中で滞在時間を計算した。

阿蘇大橋の側面図(資料:戸塚誠司著「熊本県下における近代橋梁の発展史に関する研究」)
画像の拡大

阿蘇大橋の側面図(資料:戸塚誠司著「熊本県下における近代橋梁の発展史に関する研究」)

■車を置き、国道57号を東へ歩く

 熊本市中心部から車で40分ほど走り、午前9時30分ごろに国道57号が県道207号と交差する「阿蘇口」にたどり着いた。警察が規制線を張っている。ここからは車を止めて徒歩で先に進まなければならない。

地震の被害を受けた建物。路面には亀裂が走っている(写真:日経コンストラクション)
画像の拡大

地震の被害を受けた建物。路面には亀裂が走っている(写真:日経コンストラクション)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

阿蘇大橋南阿蘇鉄道九州電力熊本地震

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

アイフィックスイットが実際に公開しているiPhone 6の電池交換手順。企業が公開していない修理手順をアイフィックスイットが独自に作成して公開している

欧米発、「電子機器を自分で修理する権利」運動 [有料会員限定]

 「消費者が購入した電子機器。その所有権は消費者にあるはずだ。しかし、故障を修理しようとすると、なぜかそれがメーカーの所有物であるかのような扱いを受ける」――。こう語るのは、米国で様々な機器を分解し、…続き (7/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月19日(土)

  • iPad Pro 10.5インチはPCの代替となるか―仕事環境に必要な3つのこと
  • VR向けバックパック型ゲーミングPCも登場―日本HP、「OMEN by HP」を刷新
  • Appleの「ARメガネ」がなんと新型iPhoneイベントで同時発表?

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト