Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パ・リーグ「国民健康化大作戦」、ハーバードと連携

(1/3ページ)
2016/4/7 6:30
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 2016年3月25日に開幕し、連日熱戦が繰り広げられているプロ野球。パ・リーグ6球団は今年、共同で新しい試みを始めた。産官学の知恵を結集し、IT(情報技術)を使って国民の健康増進を促すという挑戦だ。

 3月30日に開始した、「パ・リーグ ウォーク」というスマートフォン(スマホ)向けサービスがそれだ。米ハーバード大学院の公衆衛生学研究チームの全面支援を受け、経済産業省が後援。数年がかりで人間の行動を科学的に分析し、超高齢化社会における健康のあり方を変えようと意気込む巨大プロジェクトだ。

「パ・リーグ ウォーク」の仕掛け人である根岸友喜パシフィックリーグマーケティング執行役員(左)と研究に協力するハーバード公衆衛生大学院 社会・行動科学学部博士候補生の林英恵氏(右)
画像の拡大

「パ・リーグ ウォーク」の仕掛け人である根岸友喜パシフィックリーグマーケティング執行役員(左)と研究に協力するハーバード公衆衛生大学院 社会・行動科学学部博士候補生の林英恵氏(右)

■『観る』と『する』の間にある大きな断絶

 「スポーツの世界には『見る』と『する』の間に大きな断絶があった。新サービスでそれを埋めたい」。パ・リーグ ウォークの仕掛け人である根岸友喜パシフィックリーグマーケティング執行役員は、思いをこう吐露する。同社はパ・リーグ6球団の各種権利を取りまとめ、それを生かした有料ネット中継サービスを積極的に仕掛けてきた実績で知られる。

 新サービスでは、一種の歩数計アプリをファンに無償配布し、日常生活で活用してもらう。一人ひとりが歩数を記録した結果を、応援するチームごとに積み上げ、試合日には相手チームと合計値を競い合わせる。頑張った人だけに選手からの応援メッセージが届くなど、継続を促す工夫をさまざま凝らす。

 スマホを使った健康管理アプリが花盛りだが、パ・リーグ ウォークはリアルなスポーツイベントとシーズンを通じて連携し、数万人以上の規模でファンが同時参加して日々楽しめる点が新しい。歩いた記録は、スマホをポケットに入れておくだけで勝手に完了する。アプリを立ち上げると、1日の歩数や月間の合計歩数、同じチームを応援する参加者の中でのランキングなどが確認できる。

一人ひとりが毎日歩数を記録できるだけでなく、応援するチームごとにファンの歩数の総数を積み上げ、試合日には相手チームと合計値を競い合うことができる(提供:パシフィックリーグマーケティング)
画像の拡大

一人ひとりが毎日歩数を記録できるだけでなく、応援するチームごとにファンの歩数の総数を積み上げ、試合日には相手チームと合計値を競い合うことができる(提供:パシフィックリーグマーケティング)

 「王さんのホームラン記録達成!」。続けることで、こんな画面が時々現れる。この場合は、元巨人の王貞治氏が打ったホームラン868本分だけ、ダイアモンド(1周当たり109メートル)をぐるぐる回るのと同じ距離(868×109=94612m)だけ歩いたということ。運動に関心がない人でも手軽に始め、楽しく続けられる。

 「ゲーミフィケーションの要素を採り入れ、試合がある日もない日も楽しくなるように配慮した」(根岸執行役員)。例えば試合中は『ブースト機能』をオンにして、歩数を割り増しできる。試合の勝ち負けの経過とは別に、スタジアムで観戦するライバルのファン同士も試合中に合計歩数の積み上げで競い合えるわけである。

 パ・リーグのファンは約1200万人いるとされ、熱心に応援する人だけで約300万人。スタジアムの観客動員数は年間で累計1000万人に及ぶ。ひいきチームへの「愛」にあふれたファンたちによる、もう一つの熱戦が今シーズンはあちこちで繰り広げられそうだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図4 進行案内のAR(拡張現実)表示道路やクルマ、歩行者などに情報を重ねて見せる。2020年以降に本格的な市場導入が始まる見込みだ。図はデンソーの場合

ARで進行案内も、フロントガラス情報表示で陣取り合戦 [有料会員限定]

 車両の速度や進行案内などの情報を、運転者の前方2mほど先に浮かんでいるように見せるHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)。運転中の視線移動を減らすことができるため、安全性を高められると普及が進む車載…続き (5/30)

写真1 ロシアのスタピノで、3Dプリンターを現地に設置して建設した住宅(写真: apiscor)

3Dプリンターで「100万円住宅」 米ベンチャーが建設 [有料会員限定]

 米国サンフランシスコに拠点を置くアピスコーが、3Dプリンターによるコンクリート住宅の現場施工を実現した。同社は3Dプリンターによる建設技術を開発するベンチャー企業で、住宅はロシアのスタピノに建設され…続き (5/29)

楽天がパ・リーグ首位を快走している(写真は銀次選手、Koboパーク宮城)=共同

共同

楽天が本格導入、プロ選手は「VR」に何を求めたか

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、…続き (5/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月30日付

2017年5月30日付

・システムの変更、簡単に履歴追跡 SCSKがツール、不具合原因、早期に発見
・脂肪肝、新標的で治療 独ベーリンガーが神戸大と、原因たんぱく質を特定
・ムーンスター、靴の廃材、9割を再生 福岡・久留米工場、地元企業と連携
・IHI、ターボ生産に60億円投資 燃費規制で需要増
・アイル、SEの負担軽減、残業ゼロ目指す…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト