科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電力自由化の盲点 再生エネルギー送れぬ送電網

(1/3ページ)
2016/4/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 4月から始まった電力小売りの完全自由化で、割安の電気料金をうたったプランの公表が相次いでいる。その一方で、当初普及が見込まれた再生可能エネルギーの存在感は乏しい。背景には前近代的な送電網の技術的な問題があり、再生エネでまちおこしを目指す地方自治体にとっても逆風が吹いている。

 瀬戸内海に浮かぶ淡路島。人口約14万人の島ではエネルギーの自立を目指した取り組みが進む。「あわじ環境未来島構想」と名付けた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》春割実施中。日経電子版が6月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米国留学中の南方熊楠(和歌山県白浜町の南方熊楠記念館で)

変わり者たれ 知の冒険家・南方熊楠に学ぶ [有料会員限定]

 2017年に生誕150年を迎えた南方熊楠(みなかた・くまぐす)の業績を再評価する声が高まっている。博物学や植物学、民俗学など多くの分野で足跡を残し、いち早く国際的に活動した行動力は、今でも参考になる…続き (5/1)

中国は再生エネルギーに力を入れている(写真は中国北西部、寧夏回族自治区のソーラー発電施設)=AP

AP

再生エネで温暖化対策にまい進 中国の思惑
李志東・長岡技科大教授に聞く
[有料会員限定]

 米国のトランプ政権の登場によって地球温暖化抑止のパリ協定の土台が揺らぎかねないとされる。しかし最大の温暖化ガス排出国である中国は社会経済の低炭素化を着実に進める方針を変えておらず、その主体は再生可能…続き (4/24)

花山天文台宇宙科学館の完成予想図(岡崎甚幸武庫川女子大学教授の案を基に北川浩明氏が製作)

存続危機の京大天文台救うか 日本版グリニッジ構想 [有料会員限定]

 資金不足で存続の危機に直面している京都の花山天文台をいかに再生・活用するか――。教育や産業育成の拠点として整備、観光地としてもいかす取り組みが動き出そうとしている。同天文台は歴史的に貴重な設備が残る…続き (4/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト