紙の絵本も健在 読み聞かせ、あの手この手

2016/4/3 3:30
共有
保存
印刷
その他

 子育て教材といえば、紙の絵本がその代表だ。紙の絵本市場は近年、新進作家のヒット作などで減少傾向に歯止めがかかりつつあるが、読み聞かせの手法も多様化し、新たな試みも登場している。

絵本の内容にちなんだ手遊びや工作をする「ブックレク」を楽しむ親子ら(福岡市の「レクルン福岡天神教室)
画像の拡大

絵本の内容にちなんだ手遊びや工作をする「ブックレク」を楽しむ親子ら(福岡市の「レクルン福岡天神教室)

 「きょうは先生とみんなで、ヘビさんにぽよよーんと変身しようと思います」。3月下旬、福岡市の幼児教室「レクルン福岡天神教室」で、絵本にちなんだレクリエーションを組み合わせた「ブックレク」と呼ばれる読み聞かせ会が開かれていた。絵本は「ぽよよんのはら」。子どもたちが野原で次々と動物に変身し、最後は野原そのものが怪獣に変身するという物語だ。講師の山迫純子さんは、参加した親子に読み聞かせをした後、折り紙にシールを貼ってヘビに“変身”させるという作業をしてもらった。

 レクリエーションはほかにも、絵本「もみじちゃんとチュウ」にちなんで、もみじの形をした折り紙にひもを通してネックレスを作る作業などもあった。

 折り紙をヘビに変身させる作業ではシールをつまんで貼ることで指先を使い、ネックレス作りでは紙にひもを通すのに両方の手を使う。体に刺激を与えて発育を促す。同時に、絵本の世界に入り、想像力を養う。読み聞かせをしながら、想像力と器用さと親子のコミュニケーションの3要素を刺激する新しい知育手法だ。この日参加した米山瑠花ちゃん(2)の親子は2カ月ほど前から通う。母親の布恵さん(30)は「もともと絵本が好きな子だが、ブックレクに通ってチャレンジ精神が身についてきたようだ」と話す。

英語の絵本の読み聞かせを楽しむ子どもたち(ブックハウス神保町=東京・千代田)
画像の拡大

英語の絵本の読み聞かせを楽しむ子どもたち(ブックハウス神保町=東京・千代田)

 一方、絵本専門店「ブックハウス神保町」(東京・千代田)では英語絵本の読み聞かせ会を定期的に開いている。まず講師が子どもたちに読み聞かせをして、その後子どもたちが自ら絵本のセリフを英語で言う内容だ。子を連れてきた親からは「娘を英語の幼稚園に通わせているが、喜びや楽しみなどの感情を交えながら英語を学んでほしいと思った」という声が聞かれた。また、「聞かせ屋。けいたろう」こと、坂口慶さんは、全国各地でウクレレなど楽器を演奏しながら軽妙な語り口で読み聞かせをしている。プロの読み聞かせを見聞きし、自分の子への読み聞かせの参考にする親も多い。

 全国出版協会の出版科学研究所(東京・新宿)によると、児童書全体の市場規模は2014年に780億円。2000年代前半より約3割減ったが、13年比1%増となり、15年は2年連続でプラスとなる見込み。このうち絵本市場も「これまでの縮小傾向に歯止めがかかりつつあり、底打ち感も出ている」(担当者)という。長く読まれるロングセラーのほか、ヨシタケシンスケさん、いわいとしおさんなど新進作家の人気作品が売れ行きを伸ばしている。新進作家の作品については「大人が読んで、いろいろ考えさせられる作品」といった評価がされている。

 絵本は、紙の大きさや形などに工夫をして楽しませることができる。子どもには親の肉声で読み聞かせ、親子のコミュニケーションをとることができる。そこに大人がうなる作品も登場し始めていることが絵本市場の堅調ぶりに現れている。

 ここ数年は大人向けの読み聞かせ会も広がっている。絵本セラピスト協会(東京・中央)代表の岡田達信さんは、大人が自分を見つめ直す「絵本セラピー講座」のほか、絵本セラピストの養成講座も開いている。「大人は絵本の物語を自分に重ね合わせて考える。その中での『気づき』が重要だ。他人に言われるのではなく、自分で気づくことが大切だ」と岡田さんは説く。

 とはいえ、絵本の紹介サイト「絵本ナビ」が今年2月、電子絵本の読み放題サービスを始めるなど、絵本コンテンツの電子化は確実に進んでいる。電子絵本は音声と動画で楽しませる効果がある。親子一緒に楽しめば、親子のコミュニケーションをとることもできる。

 絵本学会理事で東京工芸大准教授の陶山恵氏は「現在進行しつつあるパラダイムシフトを受け入れることが必要だ」と指摘する。今後さらに進む少子化は、紙にも電子にも逆風となる。陶山氏は「紙媒体の絵本と電子絵本を二項対立で捉えるべきではない。楽しみ方の選択肢が増えたと捉えるべきだ」と強調している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
1:07
27日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報