Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソニー「プレステVR」、399ドルで試すヒットの法則

(1/2ページ)
2016/3/27 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 3月14~18日、米サンフランシスコで世界最大のゲーム開発者会議「GDC2016」が開かれた。会場で最大の関心を集めていたのが、いよいよ普及期に突入するバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)用のヘッドマウントディスプレー(HMD)だ。その中でも、特に注目を集めたのがソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の記者会見だ。据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」用のVRHMD「プレイステーションVR」(以下、プレステVR)の価格と発売時期が明らかになったからだ。将来的にはパソコンとの接続も視野に入れているプレステVRの、市場へのインパクトを探った。

会見中のアンドリュー・ハウス氏
画像の拡大

会見中のアンドリュー・ハウス氏

 SCEは今年10月、日本・米国・欧州でプレステVRを同時発売する。価格は399ドル。国内の値付けは4万4980円だ。アンドリュー・ハウス代表取締役社長のプレゼンテーションはたった15分で終了したが、会場を熱気の渦に巻き込むには十分だった。プレステVRが価格以上の完成度の域に達していたからだ。

■高いハードの完成度、ゲームタイトルも充実

 会場脇には、集まったメディア関係者向けに、プレステVR対応ゲームを体験できるコーナーが用意されていた。その数、20タイトル。VRは実際に体験しないと、そのすごさを実感しにくい。その意味で貴重な機会だった。

 実際に試したプレステVRのハードとしての完成度は、非常に高かった。特に、有機ELパネルに表示される映像は、鮮明で美しい。VRの特性を生かしたシューティングゲーム「レズ インフィニット」や戦車アクションゲーム「バトルゾーン」、レースゲーム「ドライブクラブ」などを実際にプレーしたが、テレビモニターのパネルサイズから解放され、快適に遊ぶことができた。特にレースゲームは、現実世界の自動車を運転しているとしか思えないほどリアルで、一度VRHMDを使ってしまうと、二度とテレビモニターを使いたいとは思わなくなるだろう。

「ドライブクラブ」のプレーの様子。ハンドルコントローラーを利用してプレーしている
画像の拡大

「ドライブクラブ」のプレーの様子。ハンドルコントローラーを利用してプレーしている

 ボタン一つで頭に着脱できる操作性や自然なフィット感も、競合製品には見られないプレステVRの優れた点だ。家電製品を手がけてきたソニーの「血」を受け継ぐ出来栄えである。

 対応ゲームは、大手メーカーや小規模の独立系ゲーム会社を含め、230本以上のタイトルの開発が進んでいる。アンドリュー社長は「年末までに50タイトル前後のゲームをリリースする予定がある」とアピールした。これだけの条件がそろえば、プレステVRの発売直後に品薄状態が続くことは想像に難くない。

 もちろん、今月発売の高性能VRHMD「オキュラスリフト」(価格599ドル、日本円では送料・税別で8万3800円)や4月発売の「HTCヴァイブ」(価格799ドル、11万1999円)と比較すると、映像の精密さでプレステVRは劣る。ただし、これらの高性能モデルは、プレステVRより価格が2倍近くする。さらに、動作させるには15万円以上の高性能パソコンが必須のため、一般のユーザーが簡単に購入できる代物ではない。一方、プレステ4とプレステVRをまとめて買っても9万円程度で済む。VRHMDをかじり始めるユーザーには、魅力的な価格帯だろう。

 VRHMDは、高性能パソコンを必要とする「ハイエンドVR市場」と、スマートフォン(スマホ)を使って手軽にVRを体験できる「スマホVR市場」に大別できるが、価格が明らかになったプレステVRはその中間の「ミドルレンジVR」ともいうべき新しいセグメントをつくれる可能性を秘めている。現時点では、プレステVRのみで競合製品がないため、有利な状況をつくれると考えていいだろう。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

プレイステーション、プレイステーション4、アンドリュー・ハウス、プレステ、SCE、プレステ4、ソニー・コンピュータエンタテインメント、VRHMD、ソニー

【PR】

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NTTデータがスポンサーを務めるChip Ganassi Racingのレーシングカー「No.10」を運転するTony Kanaan氏

着るセンサーが明かすカーレーサー「驚異の暗黙知」

 レーシングカーのドライバーには、コーナーで大きな横方向の重力加速度(横G)がかかる。その影響で体の半身に血液が偏らないよう、筋肉を収縮させて「耐G行動」を無意識に取っている――。

 時速300km超で…続き (5/25)

道路が電源 EV普及の隠し玉「走行中給電」 [有料会員限定]

 電源ケーブルを使わず無線で給電する「ワイヤレス給電(無線給電)」システムの市場が拡大し始めた。さまざまな応用が検討されているが、中でも期待が大きいのが電気自動車(EV)だ。高速道路の車線などにワイヤ…続き (5/26)

ウォンテッドリーが開発した対話形式で転職先の企業を探せるボット

ウォンテッドリー、AIが対話型アプリで転職相談 [有料会員限定]

 ビジネスパーソン向けの交流サイト(SNS)を展開するウォンテッドリー(東京・港、仲暁子社長)は、フェイスブックの対話型アプリを使って気軽に人材情報を探せるサービス「Wantedly bot(ウォンテ…続き (5/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年5月31日付

2016年5月31日付

・LED照明から情報配信 ルーチ、可視光通信を活用
・受精卵、負荷与えず観察 奈良先端大など
・曙ブレーキ、鉄道の脱線・衝突を発信する検知装置
・ダイベアの軸受け、自社ブランドで輸出
・フランスベッド、高齢者向け直営店倍増…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト