イチロー フィールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マーリンズ、陰で浸透するイチローイズム
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2016/3/8 6:30
共有
保存
印刷
その他

 今、イチロー(マーリンズ)と同じシューズを履きたいという選手が、チームメートの中に増えている。実際、約30人が注文したそうだ。イチローイズムの本格的な到来だが、それを目で見て実感できるかといえば、そうではなさそう。おそらく彼らはフィールドでのストレッチ、打撃練習などで着用することはない。なぜなら、大リーガーの多くがスパイク、トレーニングシューズの契約を結んでおり、形態については後で触れるが、例えば、年間100万ドル(約1億1400万円)の契約金をもらっている選手であれば到底、写真に撮られるような場所で違うメーカーのシューズを履けないからだ。

履けるのはトレーニングジムの中?

 昨年秋、大リーグ以上にシューズに関しての契約が厳しい米プロバスケットボール、NBAの世界でこんなことがあった。

 あるメーカーと13年総額2億ドルという契約を結んだばかりのジェームス・ハーデンという選手が、別のメーカーのシューズを履いているところを写真に撮られてしまったのだ。それはデート中だったが、2億ドルの契約ではプライベートでも契約メーカーのシューズを履くことが義務づけられており、一時は契約破棄かと騒ぎに。ハーデンはちょっとした軽率な行為で、2億ドルをフイにするところだった。

 マーリンズの選手も契約を理解しているので、ある野手は「履けるのは(メディアに写真を撮られる心配がない)トレーニングジムの中かな」と笑いながら話したが、見方を変えれば、リスクを犯してでもイチローのシューズを履いてみたい、ということになる。

 すでに履いたことのある投手はこう感想を漏らしていた。

 「まるで、はだしでいる感覚に近い。足の裏のプレッシャーがかかるところが違う。実に履きやすい」

 これまでのシューズとは根本的に違うことが、少し試し履きしただけで実感できたようだ。彼もやはり公の場で履くことは許されない身だが、注文したシューズが届くのを心待ちにしていた。

機能性に驚き、興味をそそられた

 では、そんな現象をどうイチロー本人が見ているかだが、「選手たちがどうしてここまで興味をもつのか、そこがすごく興味深いですね」と話し、続けた。

 「デザインがいいというのはもちろんですが、それだけではないだろうからね」

 大リーガーというプロのアスリートといえど、スパイクならまだしも、トレーニングシューズにまで多くを求めることはなく、あくまでデザインで選んでいるケースが多い。しかし今回、選手らはイチローのシューズを試しに履いてみたときの機能性に驚き、興味をそそられた。そういう考え方は新鮮だ。

 ただ、先ほどの投手はこんなふうにも話していた。

 「イチローが成功している裏には何か理由があるはず。僕も試してみることはできるからね」

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

大リーグコラム

イチロー フィールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イチローの去就にも影響は避けられない=APAP

 昨年11月25日にキューバ革命を主導したフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去したとき、キューバ移民が多く住む米マイアミのリトルハバナではお祭り騒ぎとなり、その様子が繰り返しテレビで流れた。
 今年 …続き (6/26)

イチローにとってその60センチは何を意味するのか=USA TODAYUSA TODAY

 50エーカー(約20万2300平方メートル)と聞いても、土地の広さを具体的に想像することは難しい。しかし、東京ドーム約4.3個分と補足されると、なんとなくその大きさが把握できる。大リーグでもその数字 …続き (6/12)

今季のイチローは三振の割合が非常に高い=APAP

 マンハッタンの郊外に「ストームキング・アートセンター」という屋外のミュージアムがある。圧巻なのが、日系米国人で彫刻家や画家として広く日米で知られるイサム・ノグチの石彫「MOMOTARO」。ちょうど、 …続き (5/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]