M&A教室 プロに訊け

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニック反転の出発点 「売却」こそ腕の見せどころ
長島・大野・常松法律事務所の玉井裕子弁護士

(1/2ページ)
2016/2/23 6:30
共有
保存
印刷
その他

 企業のM&A(合併・買収)が空前のブームを迎えている。なぜ今、企業は我先にとM&Aに動くのか。証券会社のアドバイザーや弁護士、公認会計士など、大型案件の裏表を熟知するスペシャリストがM&Aの現場を語る。

 玉井裕子(たまい・ゆうこ) 1989年東大法卒、94年弁護士登録(46期)。2000年ハーバード・ロースクールで法学修士号取得。00~01年に米大手法律事務所コビントン・アンド・バーリンに勤務。上場企業の戦略的買収に詳しい。12年の新日本製鉄と住友金属工業の合併、14年の三菱ケミカルの大陽日酸買収など大型統合に関わる。15年の英蘭シェルによる出光興産への昭和シェル株譲渡では、英蘭シェル側の代理人を務めた。
画像の拡大

 玉井裕子(たまい・ゆうこ) 1989年東大法卒、94年弁護士登録(46期)。2000年ハーバード・ロースクールで法学修士号取得。00~01年に米大手法律事務所コビントン・アンド・バーリンに勤務。上場企業の戦略的買収に詳しい。12年の新日本製鉄と住友金属工業の合併、14年の三菱ケミカルの大陽日酸買収など大型統合に関わる。15年の英蘭シェルによる出光興産への昭和シェル株譲渡では、英蘭シェル側の代理人を務めた。

■売ると公表していたパナソニック

 「M&A巧者」の企業は、ひと言で言うと、「買い手」のときだけではなく「売り手」になったときの立ち居振る舞いが上手です。私がお手伝いした戦略的な事業売却の好例として、パナソニックが2014年にヘルスケア事業を米大手投資ファンドであるコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に1650億円で売却した例が挙げられます。

 パナソニックは当時、2期連続で巨額の赤字を計上していました。経営再建を急ぐため、中核(コア)事業ではないヘルスケア事業を売却し、資金を注力分野である住宅・自動車関連に振り向けようとしたのです。

 とはいってもヘルスケアも市場拡大がつづく成長産業です。そこで、売却先のKKRが実質8割を出資するものの、パナソニック自身も2割の出資を残す形をとりました。一事業部門として生き残りをめざすより、外部の資本を効率的に使う道を選んだのです。その後のパナソニックの業績のV字回復はご存じの通りです。

 この案件は他にもユニークな点があります。

 パナソニックは、売却先が決まる前からヘルスケア事業に外部の資本を呼び込む意向を自ら公表していました。通常、売り手側は取引をいったん公表してしまうと、交渉の主導権を握れなくなりますから、教科書的な対応では買い手側と案件を握るまでは公表すべきではないとされています。

 それでも売却前に公表したのは、事業の選択と集中を進めたいという経営者の意向が強かったからです。結局、交渉で主導権を握りにくいというデメリットも入札によって競争環境をつくり出すことでカバーできました。

パナソニックはヘルスケア部門を売却するなど大幅な事業の選択と集中を進めてきた(記者会見する津賀一宏社長)
画像の拡大

パナソニックはヘルスケア部門を売却するなど大幅な事業の選択と集中を進めてきた(記者会見する津賀一宏社長)

 日本企業は一般的に事業を売りに出すタイミングが遅いですね。何とか自社で対応しようとして赤字が続き、結局、いよいよ売却せざるを得ない状況になってもどうしようもなくなるケースを幾度となく見てきました。自社の経営戦略にそぐわず、十分に成長させていくめどが立たないのであれば、早めの判断も必要です。

 赤字事業は高い売却価格がつかず、売却するメリットを合理的に説明することが難しくなることもあります。そのため最近では、売り手主導の売却案件では入札を行い、競争環境をつくってより良い条件を引き出すことが実務では定着しています。私もかつて、担当した売却案件で途中から相対取引を入札に切り替え、1割以上価格が上がった例がありました。

 とはいっても、市場価格がついている上場企業の売却は難しいですね。かつて関わったのは、上場する機械メーカーが、保有する上場子会社を売却した案件です。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

M&A教室 プロに訊け 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

加来一郎(かく・いちろう)1997年慶大経卒。住友商事、戦略コンサルティング会社、プライベートエクイティファンドを経て2011年からボストンコンサルティンググループに。消費財や製造業などを中心にM&A(合併・買収)や事業再編などにおける戦略立案と実行支援、合併後の統合支援などを数多く手掛ける

餅は餅屋に 自前主義のM&Aには限界も [有料会員限定]

 日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)は毎年多くの案件が発表されていますが、ビジネススクールなどのケーススタディーとして取り上げられるような成功例はあまり増えていません。その理由の1つは買収後…続き (2016/6/28)

近藤浩(こんどう・ひろし)1981年中央法卒、87年弁護士登録。91年ハーバード・ロースクールで法学修士号取得。07年から中央大学法科大学院客員講師も。ベーカー&マッケンジー法律事務所一筋29年で、現在はM&Aプラクティス・グループの責任者を務める。飲料、食品、製薬、通信、保険などの大型案件に関わる。ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティ分野にも強い。59歳

M&A経験不足の日本企業、失敗防ぐ3つの鉄則 [有料会員限定]

 2016年も日本企業のM&Aは増加傾向が続いています。特に東南アジア諸国連合(ASEAN)に関心を持つ企業が多いですね。ただ、まだまだ経験値が足りない企業が多いのも事実で、買収時に多くの問題が生じて…続き (2016/6/14)

倉田治(くらた・おさむ)1987年早大商卒、大手ノンバンク勤務を経て2000年にプライスウォーターハウスクーパース・フィナンシャル・アドバイザリー・サービス(現PwCアドバイザリー合同会社)に入社。08年にパートナー、15年から事業再生部門リーダー。金融機関の問題融資先など幅広い業種を対象に、私的整理を中心とした事業再生案件を100件以上手掛ける。53歳

エグジット後を見据えて 再生ファンドとの付き合い方 [有料会員限定]

 再生ファンドのイメージもだいぶ変わってきました。「ハゲタカ」や「怖い」といったような抵抗感は、かつてほどでないと思います。会社が自分でできない構造改革をするという意味で、再生ファンドは、メーンバンク…続き (2016/5/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/29の予定>
  • 【国内】
  • 5月のQUICK債券月次調査(11:00)
  • 【海外】
  • 中国本土(上海・深セン)や台湾市場が休場
  • ロンドン市場が休み
  • 米国はメモリアル・デーの祝日で全市場休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/30の予定>
  • 閣議
  • 自動車8社の生産・販売実績
  • 4月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 4月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 4月の家計調査(総務省、8:30)
  • 4月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • パナソニックの「IRデイ2017」(9:30)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の記者会見(17:00)
  • 中国や香港、台湾の各市場が休場
  • アジア最大級のIT(情報技術)見本市「台北国際電脳展」(コンピューテックス台北)が開幕(6月3日まで)
  • 5月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 4月の米個人所得(21:30)
  • 4月の米個人消費支出(21:30)
  • 3月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 5月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/31の予定>
  • 4月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 4月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 4月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 4月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 稲野日証協会長の記者会見(14:30)
  • 経団連の定時総会
  • 榊原経団連会長の記者会見(16:30)
  • 5月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 5月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 1~3月期のインドの国内総生産(GDP)
  • 5月の独失業率(16:55)
  • 4月のユーロ圏失業率(18:00)
  • 5月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • ブラジル中銀が政策金利を発表
  • 海外2~4月期決算=ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/1の予定>
  • QUICKコンセンサスDI(5月末時点、8:30)
  • 1~3月期の法人企業統計(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 10年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 原田日銀審議委員が岐阜県金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 5月の新車販売(自販連、14:00)
  • 5月の軽自動車販売(全軽協、14:00)
  • 4月期決算=伊藤園
  • インドネシア市場が休場
  • 4月の豪小売売上高(10:30)
  • 5月の財新中国製造業PMI(10:45)
  • 5月の米新車販売台数
  • 5月のADP全米雇用リポート(21:15)
  • 4月の米建設支出(23:00)
  • 5月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(23:00)
  • 海外2~4月期決算=ブロードコム
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/2の予定>
  • 閣議
  • 5月のマネタリーベース(日銀、8:50)
  • 三村日商会頭の記者会見(11:00)
  • 5月の消費動向調査(内閣府、14:00)
  • 5月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
  • 5月のインドネシア消費者物価指数(CPI)
  • 5月の米雇用統計(21:30)
  • 4月の米貿易収支(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]