ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

遠隔診療、事実上解禁 「ソーシャルホスピタル」へ前進

(2/4ページ)
2015/11/24 6:30
共有
保存
印刷
その他

 第1に、平成9年遠隔診療通知の留意事項において、「直接の対面診療を行うことが困難である場合」として「離島、へき地の患者」を挙げたが、これは「例示」だとした。すなわち、遠隔診療の対象を離島やへき地の患者に限る必要がないことを明確にした。

 第2に、平成9年遠隔診療通知の留意事項において、遠隔診療の対象と内容を「別表」で示したが、これは「例示」だとした。すなわち、別表に示した対象(在宅糖尿病患者など9種類)以外の疾患も遠隔診療の対象になること、および別表に示した内容以外の診療も許されることを明確にした。

 第3に、平成9年遠隔診療通知では「診療は医師または歯科医師と患者が直接対面して行われることが基本」としていたが、今回は「患者側の要請に基づき、患者側の利点を十分に勘案した上で、直接の対面診療と適切に組み合わせて行われるときは、遠隔診療によっても差し支えないこととされており、直接の対面診療を行った上で、遠隔診療を行わなければならないものではない」とした。すなわち、直接の対面診療を事前に行うことが必ずしも遠隔診療の前提条件ではないことを明確にした。

■積極推進に転じた政府

政府の「規制改革実施計画」
画像の拡大

政府の「規制改革実施計画」

 今回の通達の背景には、遠隔診療をめぐる方針を政府がここにきて大きく転換したことがある。参議院議員の秋野公造氏(長崎大学 客員教授)は2015年10月9~10日に仙台市で開催された「第19回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2015)」(主催:日本遠隔医療学会)で講演し、その経緯に触れた。同氏は医学博士でもあり、遠隔診療を含む医療政策に関して積極的な提言を行っている。

 秋野氏が触れたのは、2015年6月30日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」、いわゆる「骨太の方針2015」に、遠隔診療を含む「遠隔医療の推進」が盛り込まれたことだ。

 同方針には遠隔医療という言葉が2カ所に現れ、このうち「医療等分野のICT化の推進等」の項目ではその冒頭で「医療資源を効果的・効率的に活用するための遠隔医療の推進」がうたわれた。遠隔医療の推進が骨太の方針に明記されたのはこれが初めてだ。

 さらに、骨太の方針の具体的な実施策を示すものとして同じ日に閣議決定された「規制改革実施計画」でも、健康・医療分野に「遠隔モニタリングの推進」という項目が新たに設けられた。推進すべき事項として「有用な遠隔モニタリング技術の評価」「遠隔診療の取扱いの明確化」「遠隔診療推進のための仕組みの構築」を明記するなど、遠隔診療に関してこれまでになく「踏み込んだ表現がなされた」(秋野氏)。

「第19回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2015)」に登壇した参議院議員の秋野公造氏(長崎大学 客員教授)
画像の拡大

「第19回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2015)」に登壇した参議院議員の秋野公造氏(長崎大学 客員教授)

 こうした政府方針にもかかわらず、過去の通知の“分かりにくさ”が遠隔診療の普及を妨げかねない─―。そう判断した厚労省が6月30日の閣議決定から間もなく出したのが、今回の通達というわけだ。遠隔診療を「止めて(禁じて)はいないのにうまくいかない」(日本遠隔医療学会 常務理事の長谷川高志氏)という、これまでの状況を打破する狙いがある。

 ただし、今回の通達だけで遠隔診療の活用が一挙に広がると見る向きは少ない。診療報酬(保険点数)制度が遠隔診療の利用を前提とした形では整備されておらず、医療機関にとっては遠隔診療を導入するメリットがまだ薄いからだ。今後、遠隔診療の推進という政府方針が診療報酬改定にどう反映されるか、多くの関係者が注目している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

厚労省遠隔診療ウエアラブル

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

アイフィックスイットが実際に公開しているiPhone 6の電池交換手順。企業が公開していない修理手順をアイフィックスイットが独自に作成して公開している

欧米発、「電子機器を自分で修理する権利」運動 [有料会員限定]

 「消費者が購入した電子機器。その所有権は消費者にあるはずだ。しかし、故障を修理しようとすると、なぜかそれがメーカーの所有物であるかのような扱いを受ける」――。こう語るのは、米国で様々な機器を分解し、…続き (7/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない
  • 視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」―超音波で周囲を把握
  • タメ息ものの美しさ! 空撮カメラマンが撮ったフジロックの夜景ドローン写真

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト