ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マツダ、次世代で「FR転換」を検討 高級路線を推進

(1/2ページ)
2015/10/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経Automotive_Technology

 マツダが中型車(C/Dセグメント)の次世代プラットフォームをFR(前部エンジン・後輪駆動)にする検討に入った。販売台数の7割近くを占める主力プラットフォームを、現在のFF(前部エンジン・前輪駆動)からFRに転換することになる。高級路線を推し進めたい狙いがありそうだ。

 マツダは複数の部品メーカーに、2020年頃の発売を想定した車両のRFQ(Request for quotation:見積もり依頼書)を提出した。RFQに対するフィードバックを見て最終的に判断する。仮に量産を決断すると、2020年頃の全面改良が予想される「CX-5」や「アテンザ」からFRプラットフォームを採用する可能性が高い()。

マツダの車種別現行プラットフォーム
画像の拡大

マツダの車種別現行プラットフォーム

 FRに転換する最大の目的は、ブランド価値の向上にある。FRの方が運動性能が高く、運転する楽しさを顧客に訴求しやすくなるからだ。

 かつて、国内メーカーが手掛ける中型以上のセダンはFRが主流だった。しかし、FFは部品点数の削減、軽量化による低燃費を実現できるため、国内メーカーのほとんどのクルマがFFへ移行した。マツダも2012年、C/Dセグメントの車両をFFの「SKYACTIV(スカイアクティブ)」プラットフォームに変更し、CX-5から採用し始めた()。

図 「CX-5」の現行モデルの透視図。FFでエンジンを横置きしている
画像の拡大

図 「CX-5」の現行モデルの透視図。FFでエンジンを横置きしている

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

マツダレクサスアテンザSKYACTIVEトヨタ自動車セダン

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道豪雨では多くの畑が被害を受けた(2016年8月31日、北海道北見市)

北海道で「気候変動予測」加味した水防災対策 [有料会員限定]

 2016年8月に北海道を襲った一連の台風による「北海道豪雨」は、これまでにない新たな課題も浮かび上がらせた。氾濫流による農業被害である。四つの台風による被害面積は4万ヘクタール弱。農作物が浸水や流失…続き (4/21)

写真6 白花橋の近くに架かる川上橋。橋が周辺の土地よりも低い谷地形に架かっていたため、雨水が集まり、橋台背面土を洗い流した(写真:北見工業大学)

少雨地帯が先駆ける新・水防災対策、北海道豪雨の教訓 [有料会員限定]

 堤防や橋台背面の浸食、盛り土の崩壊、落橋――。2016年8月に北海道を襲った一連の台風による豪雨は、過去の水害と比べて人的被害がそれほど大きくなかったものの、今後の河川事業に重要な教訓が詰まっている…続き (4/20)

図3 離陸する飛行試験機2号機。2017年1月5日には、米国ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港を発着する飛行試験を開始した。現在、4機体制で飛行試験を実施している(写真:三菱航空機)

三菱重工、知見不足が招いたMRJ5度目の延期 [有料会員限定]

 ジェット旅客機「MRJ」の量産初号機の引き渡し時期は2020年半ばに変更――。三菱重工業と三菱航空機(愛知県豊山町)は5回目の納入時期変更を2017年1月23日に発表した(図1)。2015年12月時…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月25日付

2017年4月25日付

・ICタグ、高温下でも利用OKに 京セラ、アンテナ一体の保護部品
・富士フイルム、医療用画像システム事業強化、カテーテル治療容易に
・すべてのモノにAIを ルネサス、IoT機器への搭載技術
・バイオマスを「地産地消」、洸陽電機が循環型モデル提案
・米アディエント、炭素繊維使い自動車シート4割軽く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト