ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マツダ、次世代で「FR転換」を検討 高級路線を推進

(1/2ページ)
2015/10/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経Automotive_Technology

 マツダが中型車(C/Dセグメント)の次世代プラットフォームをFR(前部エンジン・後輪駆動)にする検討に入った。販売台数の7割近くを占める主力プラットフォームを、現在のFF(前部エンジン・前輪駆動)からFRに転換することになる。高級路線を推し進めたい狙いがありそうだ。

 マツダは複数の部品メーカーに、2020年頃の発売を想定した車両のRFQ(Request for quotation:見積もり依頼書)を提出した。RFQに対するフィードバックを見て最終的に判断する。仮に量産を決断すると、2020年頃の全面改良が予想される「CX-5」や「アテンザ」からFRプラットフォームを採用する可能性が高い()。

マツダの車種別現行プラットフォーム
画像の拡大

マツダの車種別現行プラットフォーム

 FRに転換する最大の目的は、ブランド価値の向上にある。FRの方が運動性能が高く、運転する楽しさを顧客に訴求しやすくなるからだ。

 かつて、国内メーカーが手掛ける中型以上のセダンはFRが主流だった。しかし、FFは部品点数の削減、軽量化による低燃費を実現できるため、国内メーカーのほとんどのクルマがFFへ移行した。マツダも2012年、C/Dセグメントの車両をFFの「SKYACTIV(スカイアクティブ)」プラットフォームに変更し、CX-5から採用し始めた()。

図 「CX-5」の現行モデルの透視図。FFでエンジンを横置きしている
画像の拡大

図 「CX-5」の現行モデルの透視図。FFでエンジンを横置きしている

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

マツダレクサスアテンザSKYACTIVEトヨタ自動車セダン

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シャープ代表取締役社長の戴正呉氏(左)と同社代表取締役副社長兼管理統轄本部長の野村勝明氏(右)

目指すは「人に寄り添うIoT企業」、新生シャープへ大改革 [有料会員限定]

2016年春に総額3888億円の出資を受けて台湾・鴻海精密工業(通称:フォックスコン)の傘下に入って約1年。シャープが輝きを取り戻しつつある。こうした姿が、シャープが2017年3月13日に大阪府堺市の本社で開催した、…続き (5/26)

アプリを用いた臨床研究が活発になってきた。写真は順天堂大学による眼科領域の臨床研究用アプリ「ドライアイリズム」

慶応医学部「iPhoneアプリ臨床研究中止」の波紋

 慶応義塾大学医学部が2017年2月末に発表した1本のニュースリリースが波紋を広げている。2015年11月に公開したスマートフォン(スマホ)向けアプリ「Heart & Brain」の提供を、2017年…続き (5/19)

写真1 断層が建物の直下に露出し、利用不可となった東海大学阿蘇キャンパス。同大学は阿蘇キャンパスについて、現地での再建を断念。利用可能な農場などは再整備したうえで、2018年度以降に実習などに使う方針を示している(写真:日経アーキテクチュア)

熊本地震「活断層」の教訓、地盤ずれに対応した安全策を [有料会員限定]

 2016年4月に発生した熊本地震では、断層による地盤のずれが直接の原因となる建物被害が生じた。発災から約1年がたち、今後の施設や街づくりの方針を検討するなかで、活断層の危険をいかに克服していくかが課…続き (5/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月29日付

2017年5月29日付

・米ウィーバー、夏にもプレステVRにコンテンツ配信
・マイクロソフト、使い勝手でアップル対抗 日本にノート・デスク型PC
・小型風車、開発相次ぐ 九大発VBは「後付け羽根」実用化
・天間特殊製紙、CNFで特殊紙2割強く
・ダスキン、家の小さな傷 短時間で補修…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト