Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]親中への転換に大きく傾く英国

(1/2ページ)
2015/9/25付
共有
保存
印刷
その他

 問題はこうだ。米国が最も頼れる軍事同盟国を自任する国は、西側における中国の特別な友人にもなり得るのか。英国のオズボーン財務相に聞けば、答えは明確な「イエス」だ。英政府の他の人々は米政府の人々と同様に別の見方をしている。

 中国を訪問中のオズボーン氏は、ウイグル族が中国政府と対立する新疆ウイグル自治区にも足を運んだ。商取引を結ぶときは別として、オズボーン氏は絶対に論争は避ける構えを取った。オズボーン氏の狙いは、習近平国家主席の10月の訪英を前に一連の金融・投資協定に合意を整えておくことだった。

 オズボーン氏は、習氏が英国南部の原子力発電所建設計画への出資に応じてくれれば、英政府は20億ポンドの資金支援を行うと約束した。また、英国を中国の核技術の試験台にすることも持ちかけた。英政府当局は、シェールオイル・ガスの普及とエネルギーの利用パターンの変化により原発新設は経済性を失ったと見なしている。しかし、オズボーン氏は聞く耳を持たない。

■オズボーン氏が中国に傾倒か

 オズボーン氏が英国を西側における中国の「最高のパートナー」として売り込みながら北京、上海、ウルムチ市を巡る一方で、ロンドンでは安全保障の当局者が新たな国家安全保障戦略の策定に取り組んでいた。その中心を成すのは米政府との安全保障・軍事同盟の再確認だ。

 キャメロン首相は今年、国防費削減計画を米国に批判されてひどく動揺した。その首相は今、北大西洋条約機構(NATO)が目標とする国内総生産(GDP)比2%の国防予算に立ち返り、英国には今も相応の軍事力があることを示したがっている。シリア領内でのイスラム過激派勢力への空爆を巡り、議会の反対を覆そうとしているのも同じ考えからだ。

 さらに偶然の巡り合わせで、防衛見直しでもサイバー攻撃への対応能力の大幅増強が筆頭に置かれる。サイバー攻撃の多くは、察しがつくように中国を発信源としている。

 財務省が外交政策の方向性を決めるのは珍しい。英国最強の官庁である財務省は長年、外国人を見下す気風を示してきた。財務官僚は外国語を話せても伏せておこうとする。したがって、中国政府への接近はオズボーン氏個人の考えによる部分がかなり大きい。中国の台頭に目をくらまされていると評する向きもある。オズボーン氏は、20世紀に米国が英国を押しのけたのと同じように、21世紀中に中国が米国に取って代わると思っているようだ。また、実利主義という部分もある。国内の緊縮財政による痛みを和らげるために中国の資金を必要としているのだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

23日、爆発事件があったマンチェスター・アリーナ近くを調べる捜査関係者=AP

AP

[FT]テロ対策、イベント会場が抱える弱点 [有料会員限定]

 英マンチェスターの爆発テロ事件について、イベント運営の業界関係者らは、チェックと監視のすぐ外側にある弱点を浮き上がらせて警備に「最大の難題」を突きつけるタイプの攻撃だと評している。
 現場となったマン…続き (5/24)

イラン大統領選で、ロウハニ大統領の再選を祝う支持者ら=ロイター

ロイター

[FT]イラン大統領選、イスラム体制の現実主義映す [有料会員限定]

 1980年代のイラン・イラク戦争の真っ最中に、故ホメイニ師はイラン国民に対し、イスラム体制の存続は祈りと断食より重要だと語った。
 1979年のイスラム革命の陣頭指揮をとった当時の最高指導者の発言は、…続き (5/24)

22日、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地、嘆きの壁を訪れたトランプ米大統領(中央)=ロイター

ロイター

[FT]有害なトランプ氏のイラン包囲網(社説) [有料会員限定]

 トランプ米大統領のサウジアラビア訪問は、大統領自身の観点から、大成功だったと説明されるだろう。混乱を招いたり失言癖があったりするので、台本通りに物事を進めた。ビジネスや外交面でも欲しいものを手に入れ…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/22の予定>
  • 【国内】
  • 4月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 5月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 西川自工会会長の記者会見(11:20)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 4月の主要コンビニエンス売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • EU総務理事会で英離脱交渉の「交渉指令」採択
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/23の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 3月と16年度平均の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 4月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(13:30)
  • 4月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • ソニー経営方針説明会
  • 【海外】
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(8:30)
  • 4月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 5月の独PMI速報値(16:30)
  • 5月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 5月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 4月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/24の予定>
  • 【国内】
  • 黒田日銀総裁とバーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(都内、09:00)
  • 3月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 5月の月例経済報告(内閣府)
  • 株主総会=良品計画、イオン
  • 【海外】
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • カナダ中銀が政策金利を発表(23:00)
  • 4月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、25日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/25の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が佐賀県金融経済懇談会であいさつ(佐賀市、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 4月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 3月期決算=明治安田生命、住友生命、日本生命(三井生命を含む)、富国生命、朝日生命
  • 石油輸出国機構(OPEC)総会
  • インドネシア市場が休場
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/26の予定>
  • 閣議
  • 4月の全国・5月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • シャープの中期経営計画説明会
  • 主要7カ国(G7)首脳会議(イタリア・シチリア島、27日まで)
  • 4月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP、改定値、21:30)
  • 4月の米耐久財受注額(21:30)
  • 5月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]