Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]VWの不正はすべての企業への警鐘

(1/2ページ)
2015/9/24付
共有
保存
印刷
その他

 ビジネスの世界で最も危険な3語の決まり文句、それは「Everyone does it.(みんなやっている)」だ。

 業界の規制を曲げることがどれほど慣行化していても、それで競合他社がどれほど得をしていても、そして自分もそうすることへの圧力がどれほど強くても、誘惑に屈する前にすべき単純な自問がある。世間に知れたらどうなるか。損害はどれだけ大きいか──。

 ドイツのフォルクスワーゲン(VW)がディーゼルエンジン車に当局の適合試験の間だけ通常走行時よりも排ガスを低減するソフトウエアを搭載していた問題は、マルティン・ヴィンターコーン社長が辞任を余儀なくされる大禍となった。ディーゼル技術に多大な投資をしてきた欧州自動車業界全体の信頼を損なう恐れもある。しかし、自動車メーカーの後ろ暗い振る舞いは決して初めてではない。

 ディーゼル車の大半は燃費性能も環境性能も公式発表を下回るという評判をかわすために、自動車メーカーは欧州の燃費試験に対し、ドアの隙間にテープを貼ったりタイヤを過度に膨らませたりする不正行為を繰り広げてきた。米国では1997年にフォードが、今回のVWと同様に不正な「無効化機能」をバンに搭載していたことが発覚した。現代・起亜自動車が試験で不正を行っていた問題で1億ドルの制裁金を昨年科された。

■拡大解釈で他社も続く

 こうした行為は自動車業界に限らない。銀行から製薬に至るまで多数の業界で同じことが起きている。一部の何社かが規則を曲げ、規制を拡大解釈するようになると他社も後に続く。危うい部分があることは知りながらも、それが普通のやり方となって当局も見て見ぬふりをする。そしてある日、誰かがやりすぎてスキャンダルが湧き上がる。

 「あのやり方が当たり前になっていたシステムの中で動いていたわけだが、私は違反を繰り返している人間だった」と、UBSの元トレーダーで先月、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作事件で禁錮14年の有罪判決を受けたトム・ヘイズ氏は、英国重大不正捜査局(SFO)に対して述べている。ヘイズ氏はその才にたけ、他のトレーダーたちを協力者に引き込んでいた。そして結局、当局の捜査が入った。

 揺り戻しは報復を伴ってくる。当たり前のこととして黙認されていたやり方、あるいは他社に後れを取らないために容認されていたやり方が突然、不適切で違法性が疑われる行為と判断される。「みんなやっていた」は抗弁にならない。それが社会の目にさらされ、止めようとしなかった監督当局が指弾されるに及び、もう許しはなくなる。

 怒りとともに社内で責任者探しが始まる一方、経営幹部は当局の調べや記者会見への処し方、「なぜそんなことをしたのか」という質問への答え方を大急ぎで仕込まれる。適切な答え方などないのだが、VW米国法人のマイケル・ホーン社長は少なくとも正確に答えていた。「我々はまったくバカなことをした」

 規則を曲げても問題視されないためには、巧妙かつ慎重に事を運ぶことがカギになる。たとえ不正が当たり前になっていても、あまりに露骨になると、グレーゾーンを容認していた規制当局を警戒させてしまう。自動車業界が典型例だ。公式の燃費性能データと実際の性能との格差が大きいことは周知の事実だったが、VWは愚かにもその偽りをさらなる水準に進めてしまった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イラン大統領選で、ロウハニ大統領の再選を祝う支持者ら=ロイター

ロイター

[FT]イラン大統領選、イスラム体制の現実主義映す [有料会員限定]

 1980年代のイラン・イラク戦争の真っ最中に、故ホメイニ師はイラン国民に対し、イスラム体制の存続は祈りと断食より重要だと語った。
 1979年のイスラム革命の陣頭指揮をとった当時の最高指導者の発言は、…続き (5/24)

22日、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地、嘆きの壁を訪れたトランプ米大統領(中央)=ロイター

ロイター

[FT]有害なトランプ氏のイラン包囲網(社説) [有料会員限定]

 トランプ米大統領のサウジアラビア訪問は、大統領自身の観点から、大成功だったと説明されるだろう。混乱を招いたり失言癖があったりするので、台本通りに物事を進めた。ビジネスや外交面でも欲しいものを手に入れ…続き (5/23)

22日、ザクセン州カーメンツにあるダイムラーのバッテリー工場を訪れたアンゲラ・メルケル独首相(右)=ロイター

ロイター

[FT]ザクセン州で走り出した独電気自動車産業 [有料会員限定]

 米シリコンバレーが自動車の将来を急激に揺り動かし、在来の自動車メーカーは電気自動車(EV)技術への投資、インターネット接続、自動運転のセンサーやソフトウエアの装備を余儀なくされている。
 だが、ドイツ…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/22の予定>
  • 【国内】
  • 4月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 5月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 西川自工会会長の記者会見(11:20)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 4月の主要コンビニエンス売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • EU総務理事会で英離脱交渉の「交渉指令」採択
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/23の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 3月と16年度平均の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 4月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(13:30)
  • 4月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • ソニー経営方針説明会
  • 【海外】
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(8:30)
  • 4月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 5月の独PMI速報値(16:30)
  • 5月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 5月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 4月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/24の予定>
  • 【国内】
  • 黒田日銀総裁とバーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(都内、09:00)
  • 3月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 5月の月例経済報告(内閣府)
  • 株主総会=良品計画、イオン
  • 【海外】
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • カナダ中銀が政策金利を発表(23:00)
  • 4月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、25日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/25の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が佐賀県金融経済懇談会であいさつ(佐賀市、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 4月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 3月期決算=明治安田生命、住友生命、日本生命(三井生命を含む)、富国生命、朝日生命
  • 石油輸出国機構(OPEC)総会
  • インドネシア市場が休場
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/26の予定>
  • 閣議
  • 4月の全国・5月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • シャープの中期経営計画説明会
  • 主要7カ国(G7)首脳会議(イタリア・シチリア島、27日まで)
  • 4月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP、改定値、21:30)
  • 4月の米耐久財受注額(21:30)
  • 5月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]