Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]ブラジル債、政治危機で「投機的」に(社説)

2015/9/14付
共有
保存
印刷
その他

 ブラジルを病院の患者にたとえるなら、緊急治療室の医師たちはこの患者の症状を末期と診断するだろう。腎臓は機能しなくなっており、心臓も間もなく停止しそうな状態だ。いずれにせよ、これは13年間同国で政権を握り、世界の舞台に立った時期と現在のひどい転落ぶりを目の当たりにしてきた労働党のある上院議員の見解だ。

 経済は混乱している。同国は世界大恐慌以降で最悪の景気後退で今年の成長率はマイナス3%、2016年はマイナス2%になると予測されている。財政も混迷を深め、政府は今月、民主化以来初めて、利払いを除いた基礎的財政収支で赤字を計上する予定だ。実際の財政赤字は既に生産の9%まで拡大しており、その結果、債務水準は再び上昇している。

 それがスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が先週、同国の債務を「ジャンク(投機的)」に格下げするという驚きの決定をした直接の理由だ。他の格付け会社がこれに続けば、多くの海外投資家はブラジルの債券を売らざるを得なくなり、状況はさらに悪化する。ブラジル債務の約5分の1は外国人に対するものだ。中国の景気減速や商品価格の崩壊、米国の利上げ(見通し)などの厳しい外部要因を考慮すると、ブラジルは極めて大きな経済的圧力にさらされ始めたところだ。

■根深い汚職が政治危機招く

 皮肉なことに、S&Pに決断を促したのは同国で高まる経済問題ではなく、広がる政治危機だ。ルセフ大統領は自らの党に愛されないばかりか、他からも非常に嫌われており、ブラジル史上最も人気のない大統領だ。そのため、同氏は経済的混乱に対する適切な対応をほとんど打ち出せないでいる。国営石油会社ペトロブラスから20億ドルを不正に受け取ったとされる汚職事件の捜査から身を守ることに議会の多くが注力している現状ではなおさらだ。ブラジルの政治制度は腐敗していることで知られるが、今や機能さえもしていない。

 大規模な政治改革は一つの解決策だが、悲しいことに、18年に予定されている選挙までにそれが起こる可能性はほとんどない。不人気というだけではルセフ氏を退任させるのには十分でない。もし十分なら、現在の浪費状態になる前、同国の経済を安定に導く礎を築いたカルドゾ元大統領は2期目の任期を満了できなかっただろう。また、同国の大統領制ではルセフ氏が議会を解散し、新たな選挙を行うこともできない。

 石頭で頑固なことで知られるルセフ氏はとにかく辞任はしないと主張している。同氏がペトロブラスの不正で個人的に利益を得たという証拠も何もない。確かに、政府会計の不正など、他の理由で弾劾される余地はあるが、そうなった場合、二流の政治家がまた別の二流の政治家に取って代わられるだけだ。後継候補には、テメル副大統領やクニャ下院議長、カリェイロス上院議長らがいるが、両議長は汚職の罪に問われている。

 状況はますます不安定になっている。誰もがこのままではだめだという点では一致しているが、脱却する明確な方法が見えない。状況は内閣でも同様に悪い。ルセフ政権のタカ派であるレビ財務相が肥大化した同国の公共部門を縮小すべく指揮を執っているが、その努力は、問題から再び抜け出すことは可能だという誤った認識の人々に阻まれている。辞任しそうだと伝えられており、S&Pの格下げで同氏の立場は今、さらに悪化しているかもしれない。

 もしレビ氏が辞任すれば、投資家は財政を再建する政府の能力を疑問視するだろう。この先にはおそらく、同国がかつて通ってきた財政的な試練が待ち構えている。その道は険しかったが、この先もまた悪路を行くことになるだろう。

(2015年9月14日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2015. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トランプ氏が人種差別団体を名指しで非難しなかったことに抗議するデモが全米各地で起きた(13日、ニューヨークで)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏切れぬ共和党 過去の選挙戦略が影響 [有料会員限定]

 米国にとって最も現実的な脅威は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長か、それとも自国のトランプ大統領か。理屈上は明らかに金委員長だ。ところが、米国の民主主義は常にトランプ氏の攻撃の射程圏内に置かれ…続き (8/18)

高層ビルが林立する中国・上海の金融街=ロイター

ロイター

[FT]中国、6.8兆ドルの「隠れ不良債権」か [有料会員限定]

 中国の金融システムに関する分析で最も影響力を持つアナリストの一人が、中国の不良債権は公式統計の数字を6.8兆ドル上回るとの推計をまとめ、中国政府が人為的に市場を安定させているために根本的問題が放置さ…続き (8/18)

セクハラ問題で6月に辞任した創業者のトラビス・カラニック氏=ロイター

ロイター

[FT]ウーバー、新たな資金調達計画で立て直し狙う [有料会員限定]

 配車サービスの米ウーバーテクノロジーズが新たな資金調達計画を立てている。一連の不祥事にさいなまれた同社は巻き返しを試みており、ピーク時の評価額680億ドル以上での調達を計画している。
 今回は通常とは…続き (8/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/20 20:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]