お悩み解決!就活探偵団2016

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「後ろ倒し」の旗は降ろすな 提唱者の槍田氏に聞く

(1/3ページ)
2015/8/20 6:30
共有
保存
印刷
その他

 今年から企業の選考活動の解禁が、例年の4月から8月に「後ろ倒し」になった。学生が前のめりになって学業をおろそかにしないように――。こうした思いで当初から後ろ倒しを提唱し、旗振り役を務めてきたのが前三井物産会長で国際大学理事長の槍田松瑩氏だ。現状をどう見ているのか、就活探偵団のインタビューに応じてくれた。

■本社1階の学生を見て驚いた

――そもそも槍田さんはなぜ、「後ろ倒し」を提唱し始めたのですか。

槍田松瑩(うつだ・しょうえい) 1943年2月生まれ。 東大工卒。2002年、社員が逮捕された不正入札事件により前経営陣が引責辞任した後を受ける形で三井物産社長に就任。経団連の副会長、日本貿易会の会長も務めた。2012年、日経電子版の経営者ブログの中で、学生が学業に専念できるよう、長期化した就職活動の改革を提唱した。現在は三井物産の顧問として在籍し、今年6月には国際大学の理事長にも就任した。
画像の拡大

槍田松瑩(うつだ・しょうえい) 1943年2月生まれ。 東大工卒。2002年、社員が逮捕された不正入札事件により前経営陣が引責辞任した後を受ける形で三井物産社長に就任。経団連の副会長、日本貿易会の会長も務めた。2012年、日経電子版の経営者ブログの中で、学生が学業に専念できるよう、長期化した就職活動の改革を提唱した。現在は三井物産の顧問として在籍し、今年6月には国際大学の理事長にも就任した。

 「2012年の秋頃でしたか。東京・大手町の本社(三井物産)から昼食をとりに下の階に降りていったら、なんだか学生のような人が背広を着て、いっぱい玄関に居るわけですよ。『なんだこれは』と秘書に聞くと、『これは就職活動で、先輩の話とかを聞きにきたりしているわけですよ』と。『何年生だ?』と聞くと、3年生だというんです」

――それで、声をあげた。

 「当時私は、三井物産の会長で、日本貿易会の会長もやっていたので、周囲の人間にも聞いてみたら、『変だよね』という人も多かった。だから、僕が『こんなに早く就活を始めなきゃいけないのはおかしくはないですか』と言ったら、経済界の友達も『皆で声を上げましょう』と言ってくれたのがきっかけです。それまでは学生たちがそれほどまでに早く就活を始めているとは、うかつにして知らなかったわけです」

 「私どものころは、就活といっても4年生の暮れぐらいからでしたし、もっと遅らせて、いっそのこと通年採用にしてもいいじゃないかという思いがありました。でもとりあえずは、めだかの学校みたいに一斉に入るというタイミングを遅らせれば少しは落ち着くのかな、と思って『8月以降くらいに』とお話ししました」

――今回の「後ろ倒し」には賛否両論があります。

 「遅らせたことによって、学生が迷惑してる、企業も大変になってるとメディアはかき立てますが、なんとまあ、レベルの低い国なんだろうと思っています。学生に同調的なことを書いているけれど、本当に学生さんのことを思っていないでしょう。本当に学生が大変なのは、そういうところに追い込まれて、おちついて勉強できないことなんですよ。もっと本質的にそういう環境を作ってしまっていることが問題なんですね。捉え方の目線が低すぎると僕は思っています」

■いっそ10月まで後ろ倒しも

 「学生時代に勉強するというのは本来の目的であって、やるべき時にやるべきことをきちっとやっておく、そういう姿勢から、しっかりと物を考えられる人間が形成されていくのだと思います。周りに踊らされて先走って、足元がおぼつかない生活態度を学生時代から身につけてしまうのは、学生にとっても大変に気の毒なことだと思いますよ」

――「後ろ倒し」は来年も継続させるべきでしょうか。

 「経団連として決めたことですから、後ろ倒しを通じて目指したものは、きちっと目指すべきだと思います。次は10月まで遅らせよう、とかね。そちらの方向に流れをもっていくべきであって、ひ弱になって元にもどすというようなことになっては困ります。新聞によると、経団連の中でも、『必要なら見直しを』という意見があるそうですが、そんなことではダメだと思います。若者にはしっかり勉強してもらおうと思うなら、ここで踏ん張らないと」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

お悩み解決!就活探偵団2016 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

お手軽か 冒険か 社内恋愛が増えている

 社会人はどこで出会いを見つけるの? そんな疑問を抱く内定者は少なくない。確かに社会人になるとプライベートに割ける時間は学生時代に比べて少なくなる。社会人はいつ、どこで、どんな恋愛をしているのか。実態…続き (2015/11/12)

飲み会で、乾杯をする社員(東京都渋谷区)

「傾斜配分」で評価決まる?忘年会はこう乗り切れ 

 もうすぐ忘年会シーズン。学生時代のように騒いで楽しめばよいというわけにはいかない。飲み会の幹事や宴会での余興といえば必ず新人に白羽の矢が立つ。うまくこなせば仕事での遅れを挽回できるチャンスでもある。…続き (2015/11/5)

企業説明会に参加する就活生(1日、東京都千代田区の法政大学)

「私たちはお試しだったの?」 今度は前倒し狂騒曲

 経団連の榊原定征会長は27日、2017年春入社の大学生を対象にした面接の解禁を、8月から前倒しすると表明した。「6月解禁も選択肢の一つだ」と話し、2カ月前倒しになる可能性が高い。就活探偵団では、今年…続き (2015/10/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/19 7:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]