BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トヨタ、汎用型自動ブレーキでも歩行者対応を検討

2015/7/11付
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 トヨタ自動車は、汎用型の自動ブレーキシステム「Safety Sense C」のセンサーで検知できる対象物として、歩行者を追加する検討を始めた。現在は先行車だけだが、歩行者も検知できるようにすることで、衝突回避できる対象物を段階的に増やしていく。

 Safety Sense Cは、単眼カメラと赤外線レーザーの二つのセンサーで先行車を検知して衝突の可能性を判断、必要に応じてESC(横滑り防止装置)で自動ブレーキを作動させて衝突を回避するシステム。2015年4月に発売した新型「カローラ」をはじめとして、6月発売の「ヴィッツ」、7月発売の「シエンタ」など搭載車種を増やしている。

 ただ、欧州では自動車アセスメント「Euro NCAP」が2016年に、歩行者対応の自動ブレーキを評価項目に追加する計画。日本の自動車アセスメント「J-NCAP」でも同等の基準を採用する方向で検討している。

 一度実用化したセンサーは、自動車アセスメントの基準強化に応じて変更するのは難しい。そこで、トヨタは自動ブレーキ用のカメラのハードウエアに変更を加えることなく、ソフトウエアのアップグレードで、カメラで検知できる障害物の種類を増やしていく計画。対象となる障害物は、歩行者のほかに自転車なども検討中である。

小型ミニバン「シエンタ」

小型ミニバン「シエンタ」

コンパクトカー「ヴィッツ」

コンパクトカー「ヴィッツ」


「カローラ」の売れ筋であるワゴン「カローラフィールダー」

「カローラ」の売れ筋であるワゴン「カローラフィールダー」

Continental製の「Safety Sense C」。単眼カメラと赤外線レーザーを一体化した
画像の拡大

Continental製の「Safety Sense C」。単眼カメラと赤外線レーザーを一体化した


 トヨタは既に、車両と歩行者の両方の対象物を検知できる自動ブレーキ「Safety Sense P」を2015年夏に実用化することを表明している。2015年春に発売した同Cについても、将来は同Pと同じように歩行者にも対応させたいとの意向だ。

 Safety Sense Cは、ドイツContinental製で、単眼カメラと赤外線レーザーで構成。レーザーを使ってコストを抑えているのが特徴。一方の同Pは、デンソー製で、単眼カメラとミリ波レーダーで構成する。レーダーでより遠方の障害物を検知できる。

(日経テクノロジーオンライン 小川 計介)

[日経テクノロジーオンライン 2015年7月10日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フォルクスワーゲン、EVのマイクロバスを量産へ

 ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)は2017年8月19日、米国で開かれたクラシックカーの祭典「Pebble Beach Concours d’Elegance」で、コンセプト車「I.D…続き (8/22)

第8世代Coreのマーク

米インテルが第8世代Core、薄型ノートで4割性能向上

 米インテルは2017年8月21日、クライアントPC向けの新CPU「第8世代Coreプロセッサー」を発表した。第1弾として薄型ノートPC向けのUシリーズを出荷する。コア数を倍にするなどにより、性能が4…続き (8/22)

BGA裏面プロービングの様子(写真:プレスリリースより)

OKIが故障解析サービス、10μm角でプロービング

 OKIエンジニアリングは、スマートフォン(スマホ)などの先端的な電子機器に使われる、電子部品・基板の故障解析サービスを2017年8月21日に提供開始した。…続き (8/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月22日(火)

  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない
  • VR空間をタダでつくれる「STYLY パブリックβ版」を知っているか!?
  • ドローンの次は多脚AR対戦型ロボットの「メカモン」(MekaMon)と仲間たちだ

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月22日付

2017年8月22日付

・東京ロケット、建設現場の求人と職人マッチング、スマホアプリ開発
・拠点分散、顧客に近く NTT東のデータセンター
・がんワクチン、AI創薬 NEC発VBが今秋治験
・アドバネクス、インドで車用バネ生産 来夏拠点稼働
・日立金属、車用モーター2割省エネ アモルファス合金活用…続き

[PR]

関連媒体サイト