Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

街に溶け込めるか グーグル自動運転最新版、ITの聖地へ
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/3ページ)
2015/7/27 6:30
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は2015年6月25日、自社開発の自動運転車が米シリコンバレー地域で公道試験走行を開始したことを明らかにした。ハンドルもアクセルペダルもブレーキペダルもない、完全な自動運転を可能にするこの“近未来車”の公道テストからは、Googleの壮大な野望が透けて見える。

 Googleは2015年6月、自動運転車の最新モデル「Prototype(プロトタイプ)」を米シリコンバレー地域の公道で試験する計画を表明した。

 Prototypeの安全性を確認するだけでなく、地域住民が自動運転車に対してどう反応するかも検証する。自動運転車を公共交通のインフラとして利用する方式も検討する。同社がPrototypeを公開したのは2014年5月末のことだが、自動運転車の開発はいよいよ大詰めを迎えているようだ。

■ハンドル、アクセル・ブレーキペダルなし

 Prototypeは、軽自動車を半円形にした格好の車体に自動運転技術を搭載している(下の写真)。二人乗りで、車内にはハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルはない。完全な自動運転ができるデザインで、搭乗者はスタートボタンを押すだけでクルマが走り出す。

出典: Google
画像の拡大

出典: Google

 Googleは、Prototypeを同社のお膝元であるシリコンバレーのマウンテンビュー市で試験する。試験中は無人で走行する訳ではなく、二人のドライバーが搭乗する。何らかの問題が発生した場合は、ドライバーがクルマを制御する。

 このため試験用車両には、ハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルを設置している。これらは、カリフォルニア州の道路交通法により義務付けられている。さらに、最高速度は時速25マイル(時速40キロ)に抑えられている。

■重要になる人とクルマのインターフェース

 Prototypeを市街地で試験する目的は、地域住民が自動運転車にどう反応するかを検証することにある。米国社会では、自動運転車を歓迎する機運が高まっているが、同時に無人のクルマが街中を走行することに対する懸念も示されている。

 横断歩道を渡る時、自動運転車はちゃんと停止するのか、不安の声も聞かれる。Prototypeが地域社会に受け入れられるのかが、最大の課題となる。

 技術的には、自動運転車に特有な問題を見つけることを目指している。例えば、目的地まで走行してその場所が工事中であった場合、どこに停車すべきかなどを検証する。タクシーならばドライバーが乗客と言葉を交わし、便利な場所に停める。搭乗者は、Prototypeに降車場所をどう指示するのか、人とクルマのインターフェースが重要な研究テーマとなる。

 Googleは、Prototype走行試験の模様を動画サイト「YouTube」で公開した。米国の大手メディアはこれを受けて、Prototypeについて一斉に報道した。

■緊急停止ボタンを用意

 これらを総合すると、多くのことが読み取れる。Prototypeの車内はシンプルで、座席の間に水色のパネルが設置されている(下の写真)。パネルがダッシュボードとなり、ここにスタートボタンがある。

出典: Google
画像の拡大

出典: Google

 奥には、緊急停止ボタンが設置されている。そのほか、ウインドー開閉ボタン、ドアロック、シートウォーマーボタンもある。水色と若葉色の2色のカラーコーディネートが、新鮮なイメージをかもし出している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

Google自動運転Lexusクルマ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

無印良品の公式Instagram

1位「無印良品」 メディア戦略明確な企業が高評価 [有料会員限定]

 デジタルメディア上でのブランド接触体験がきっかけで、商品やサービスの購入に至るネットユーザーが最も多いブランドは無印良品──。日経デジタルマーケティングは2017年4月、どの企業・ブランドがデジタル…続き (7/24)

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 不良品の出荷を防ぐ仕組み。良品条件で造られた場合のみ、仕掛かり品に貼るラベルがプリンターで印刷される

目指せ「検査工程不要」 富士ゼロックス、スマート工場 [有料会員限定]

富士ゼロックスが「スマート工場」の取り組みを推進している。良品を造るための条件(良品条件)を重視し、その探索に向けてデータを活用していることが特徴だ。同社は2004年に「トヨタ…続き (7/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月24日(月)

  • 「Pokémon GO Fest」レポート、現地参加者に"伝説のポケモン"ルギアがプレゼント
  • いまさら聞けないセキュリティの基礎を解説、「初めてでも分かる!」シリーズ、トレンドマイクロが無償公開 
  • MS、新サーモスタット「GLAS」の動画公開―「Windows 10 IoT Core」「Corana」利用

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月25日付

2017年7月25日付

・アズジェントや野村総研系、つながる車に模擬サイバー攻撃
・森林パートナーズ、山林から建材 一貫管理 流通の無駄省く
・ユニチカ 20年メド CNF複合材の専用設備 車・電子部品向け狙う
・横浜で車向けCFRP開発 試作から品質試験まで 独化学大手のヘンケル
・健康食宅配、紹介拠点開拓へ専門部隊 ファンデリー…続き

[PR]

関連媒体サイト