Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

街に溶け込めるか グーグル自動運転最新版、ITの聖地へ
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/3ページ)
2015/7/27 6:30
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は2015年6月25日、自社開発の自動運転車が米シリコンバレー地域で公道試験走行を開始したことを明らかにした。ハンドルもアクセルペダルもブレーキペダルもない、完全な自動運転を可能にするこの“近未来車”の公道テストからは、Googleの壮大な野望が透けて見える。

 Googleは2015年6月、自動運転車の最新モデル「Prototype(プロトタイプ)」を米シリコンバレー地域の公道で試験する計画を表明した。

 Prototypeの安全性を確認するだけでなく、地域住民が自動運転車に対してどう反応するかも検証する。自動運転車を公共交通のインフラとして利用する方式も検討する。同社がPrototypeを公開したのは2014年5月末のことだが、自動運転車の開発はいよいよ大詰めを迎えているようだ。

■ハンドル、アクセル・ブレーキペダルなし

 Prototypeは、軽自動車を半円形にした格好の車体に自動運転技術を搭載している(下の写真)。二人乗りで、車内にはハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルはない。完全な自動運転ができるデザインで、搭乗者はスタートボタンを押すだけでクルマが走り出す。

出典: Google
画像の拡大

出典: Google

 Googleは、Prototypeを同社のお膝元であるシリコンバレーのマウンテンビュー市で試験する。試験中は無人で走行する訳ではなく、二人のドライバーが搭乗する。何らかの問題が発生した場合は、ドライバーがクルマを制御する。

 このため試験用車両には、ハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルを設置している。これらは、カリフォルニア州の道路交通法により義務付けられている。さらに、最高速度は時速25マイル(時速40キロ)に抑えられている。

■重要になる人とクルマのインターフェース

 Prototypeを市街地で試験する目的は、地域住民が自動運転車にどう反応するかを検証することにある。米国社会では、自動運転車を歓迎する機運が高まっているが、同時に無人のクルマが街中を走行することに対する懸念も示されている。

 横断歩道を渡る時、自動運転車はちゃんと停止するのか、不安の声も聞かれる。Prototypeが地域社会に受け入れられるのかが、最大の課題となる。

 技術的には、自動運転車に特有な問題を見つけることを目指している。例えば、目的地まで走行してその場所が工事中であった場合、どこに停車すべきかなどを検証する。タクシーならばドライバーが乗客と言葉を交わし、便利な場所に停める。搭乗者は、Prototypeに降車場所をどう指示するのか、人とクルマのインターフェースが重要な研究テーマとなる。

 Googleは、Prototype走行試験の模様を動画サイト「YouTube」で公開した。米国の大手メディアはこれを受けて、Prototypeについて一斉に報道した。

■緊急停止ボタンを用意

 これらを総合すると、多くのことが読み取れる。Prototypeの車内はシンプルで、座席の間に水色のパネルが設置されている(下の写真)。パネルがダッシュボードとなり、ここにスタートボタンがある。

出典: Google
画像の拡大

出典: Google

 奥には、緊急停止ボタンが設置されている。そのほか、ウインドー開閉ボタン、ドアロック、シートウォーマーボタンもある。水色と若葉色の2色のカラーコーディネートが、新鮮なイメージをかもし出している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

Google自動運転Lexusクルマ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コートに設置されたタブレットに表示される映像とデータ。映像は、レッスンで自分が打った直後に見られるよう遅延時間を設定できる(写真:ソニー)

ソニー、テニスセンサー「大量導入」に描く成功シナリオ

まったく新しいチャレンジ――。今から2年半以上も前、個人向けのスポーツセンサー事業に参入したソニー。かつて経験のない地道な普及活動を経て、この春、大きなステップを踏み出す。…続き (2/22)

クルマの頭脳にiPhoneで鍛えた技術 デンソーが検討 [有料会員限定]

 クルマを制御するECU(電子制御ユニット)の性能を左右するプロセッサーIC(集積回路)。そのパッケージ技術が大きく変わる兆しが出てきた。自動車業界で、米Apple(アップル)が2016年9月に発売し…続き (2/21)

南棟の減築工事の現場。7階の床スラブを撤去している様子。2016年6月に撮影した(写真:青森県)

「40年延命」目標 青森県庁舎、上層階減築で費用抑制 [有料会員限定]

 青森県が築55年の庁舎の一部を減築する工事を進めている。建物を“減量”して、耐震改修費を抑える手法を活用した。さらに40年の継続利用を見据えた改修を目指す。外断熱による省エネや全面ガラス張りによる清…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月22日付

2017年2月22日付

・米ザイリンクス 5G向け省エネ半導体 アナログ回路内蔵
・保険現地調査、眼鏡型端末で SOMPO
・DIC 屈折率低い光ファイバー向け樹脂材料
・長津製作所 フィリピンで樹脂部品工場
・糖尿病患者にネット面談 ベネフィット・ワン…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト