Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

臨床試験基盤も投入、アップル「デジタルヘルス」の野望
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/4ページ)
2015/7/7 6:30
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 センサーやウエアラブル端末、人工知能といったテクノロジーの進化は、健康管理の世界をも大きく変えようとしている。IT(情報技術)を駆使した健康管理「デジタルヘルス」の最前線を追った。

 米Apple(アップル)は2014年9月、「Health」アプリを投入し、健康管理市場へ参入した。2015年に入って臨床試験基盤「ResearchKit」を発表し、医療研究を下支えするフレームワークを投入。時計型端末「Apple Watch」の販売も4月に開始し、健康管理で重要な役割を担う。Appleのデジタルヘルス戦略のストーリーがつながってきた。

■臨床試験を支援するサービス

 今、米国の医療現場でResearchKitが話題になっている。これを使えば簡単に臨床試験アプリを開発できるからだ。臨床試験に参加するモニターは、iPhoneでこのアプリを稼働し、身体情報を記録する。

 具体的には、臨床試験アプリは健康管理アプリ「Health」が収集したデータを読み込み、モニターのアクティビティーや健康状態を収集する。医療機関はこれらデータを解析し、医療情報に関する知見を得る仕組みだ。

 既に、ResearchKitで開発された臨床試験アプリが登場している。米スタンフォード大学医学部(Stanford Medicine)は、心臓の健康状態を解析するアプリ「MyHeart Counts」を開発した(下の写真、アプリ専用サイト)。このアプリはモニターの日常生活を監視することで、生活習慣と心臓疾患の関係を医学的に解明することを目標にしている。

出典: Stanford Medicine
画像の拡大

出典: Stanford Medicine

■実際にモニターになってみた

 筆者も、このアプリを使った臨床試験に参加した(下の写真左側、アプリ初期画面)。こう書くと仰々しいが、誰でも簡単に参加できるのがこのアプリの最大の特徴だ。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 まず、アプリで研究目的や注意事項を読み(上の写真右側)、同意書に名前をタイプするだけで手続きが完了する。大学病院に出向いて説明を受ける必要はなく、全てアプリで完結する。使用できるスマホは、「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」だが、既にApple Watch向け機能も実装されている。モニターは、身体情報を大学病院に“寄付”するが、その見返りとして心臓の健康状態を把握できる。

 モニターはアプリが指定するタスクを実行し、アンケート調査に回答していく。アプリはiPhoneが内蔵するセンサーでモニターの動きを自動で把握し、収集したデータから、行動パターンや心臓の健康状態を理解する。

 収集したデータは暗号化して送信され、名前はランダムに発生したコードで置き換えられる。身体情報を扱う研究なので、セキュリティーへの配慮は重要なのだ。一カ所、「収集したデータはスタンフォード大学以外でも使われる可能性あり」との記述が気になったが、ここは目をつぶってサインした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アプリ「Bリーグスマホチケット」を使うユーザーは、チケット購入、友だちへのチケット送付、入場、情報受け取りなどがアプリ1つで完結する。入場時は電子スタンプを活用する

チケットの6割アプリ経由で購入、Bリーグ好調なワケ [有料会員限定]

 2016年9月に開幕した男子プロバスケットボールのBリーグが順調だ。日程の半分強を消化した2017年1月末時点で、1部に当たるB1の1試合当たり平均入場者数は2711人と昨季から29%増加。入場料収…続き (3/28)

JR西日本エリアを運行する山陽新幹線の「N700系」

JR西、乗務員に8600台iPad ダイヤ乱れの影響を即把握 [有料会員限定]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は2017年度に、西日本エリアで運行する全車両の乗務員を対象に計8600台のiPadを導入する。iPadには、いずれも独自に開発した「列車運行情報一覧アプリ」や、新幹線乗…続き (3/27)

図2 新技術によるHUDの試作機。時速40kmのときは40m先、時速80kmのときは80m先といったように、走行速度に合わせてメーターなどの表示の焦点位置を変えることもできる

視点移動しても「使える」ヘッドアップディスプレー [有料会員限定]

 コニカミノルタは、ヘッドアップディスプレー(HUD)上で、車両や歩行者などの位置を示す枠(カーソル)を、運転者の視点が動いてもずれないように表示する技術「3D AR HUD」を開発した。2018~1…続き (3/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月28日付

2017年3月28日付

・京セラ 半導体製造装置用セラミック部品 米で5割増産
・白発光の防虫用LED ペンタクト 工場・倉庫作業しやすく
・富士フイルムHD 環境情報の報告システム刷新
・英プライメタルズ 製鉄プラントの保守サービスを強化
・ディノス・セシール 婦人服通販、店舗で試着OK…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト