SPFB・谷口浩社長 「南太平洋で学ぶ生きる力」

2015/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 南太平洋の島国、フィジーに子どもを留学させる人が増えている。徳島県上勝町のように地域の担い手を育てるため、自治体が助成するケースも出てきた。フィジーで語学学校、高校を運営するサウスパシフィックフリーバード(SPFB、東京・新宿)の谷口浩社長に現状や背景を聞いた。

 ――フィジー留学が増える理由は何ですか。

 「英連邦の国でクイーンズ・イングリッシュに近い英語を学べる。宿泊・食事を含めた留学費も安い。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

人口減少地図

人口病に克つ 第3部

人口病に克つ 第2部

人口病に克つ 第1部

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:05
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:03
6:02
九州
沖縄
2:00
1:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報