科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

核のごみを無害化 「常温核融合」の遺産を利用

(1/2ページ)
2015/6/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 有害な放射線を何十万年も出し続ける「核のごみ」などを、無害な別の物質に変えてしまう「核変換」。東京電力福島第1原子力発電所の廃炉処理にも役立つと期待されるが、実現には大がかりな装置が欠かせないと考えられている。だが東北大学と三菱重工業が組み、核変換を簡単な装置で実現できるかもしれない研究が始まった。そのきっかけとなったのは、かつて誤りとされた「常温核融合」の研究だ。

■東北大学に研究部門を開設 三

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

途上国での次世代火力発電導入は温暖化対策に有効との指摘もある(タイ北部のマエモ石炭火力発電所)

石炭火力から投資マネー引き揚げ 日本の道は
北欧の機関投資家に聞く
[有料会員限定]

 温暖化ガスの排出削減へ向け、企業の投資戦略に変化が見え始めた。化石燃料への依存度が高い電力会社などから、投資を引き揚げる「ダイベストメント」の動きもみられる。ノルウェーの代表的な年金基金・保険会社ス…続き (3/22)

ヤマハが開発したグローブ型のセンサー

鉄より強く電子機能も ナノチューブ実用化時代 [映像あり][有料会員限定]

 「ナノテクノロジー(超微細技術)」の代表的素材で、鉄よりも軽くて強く、電子部品としても優れた性能を持つと期待されてきたカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)。ようやく実用化が始まり、体の動きを伝えるセ…続き (3/20)

廃炉に向けた作業が進む東京電力福島第1原発(10月、福島県大熊町)

福島第1原発と東芝 6年後の混迷 [有料会員限定]

 東京電力・福島第1原子力発電所の事故から6年が過ぎた。ここへきて原子力をめぐる状況は新たな局面を迎えている。それは新たな混迷といえるかもしれない。福島第1原発の廃炉作業の前には建物内の高濃度汚染の壁…続き (3/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト