エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「試験管内の太陽」 似非科学のレッテル外れ再び熱気

(1/2ページ)
2015/7/1 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 2015年5月14日、東京都目黒区の東京工業大学蔵前会館で、「凝集系核科学の現状と将来」と題したセミナーが開かれた。100人近い参加者のうち、約3割が企業に所属する研究者が占めた。「今日の発表が本当なら、これまでの物理学を覆す革命的な現象だ。なぜ、これまで世間で騒がれなかったのか」。初めて研究成果を知った参加者からは、こんな驚きの声が上がった。

 「凝集系核科学」とは、金属内のように原子や電子が多数、集積した状態で、元素が変換する現象を研究する分野。1989年3月に米ユタ大学で、二人の研究者が「常温核融合(コールド・フュージョン)」として発表したことに端を発する。

 この時の発表では、パラジウムの電極を重水素の溶液中で電解したところ、化学反応では説明できない大量の熱(過剰熱)が発生したという実験結果を報告し、世界中にセンセーションを巻き起こした。

 軽い元素が融合して重い核種に変わる「核融合」は、その際に膨大なエネルギーを放出する。太陽の輝きの源泉だ。それを発電システムに活用する「核融合炉」の実用化を目指し、フランスや日本などは、国際協力の下で「ITER(国際熱核融合実験炉)」の建設を進めている。核融合炉を実現するには、1億℃以上のプラズマ状態の反応場が必要になる。研究の主力は、巨大なコイルによって磁場で閉じ込めておく手法だが、当初の目標に比べ実用化は大幅に遅れている。

■「試験管の中の太陽」

 常温核融合では、こうした大がかりな施設が不要で、基本的には水の電気分解と同じような簡単な装置で核融合が実現できるとされ、「試験管の中の太陽」とも呼ばれた。

 だが、ユタ大学での報告を受け、各国で一斉に追試が行われた結果、米欧の主要研究機関が1989年末までに否定的な見解を発表、日本でも経済産業省が立ち上げた検証プロジェクトの報告書で、1993年に「過剰熱を実証できない」との見解を示した。何よりも、実験の多くで、ほとんど中性子や放射線を出さないことも含め、現在の物理学で説明できないことが、懐疑的な見方の根底にある。

 こうしたなか、常温核融合は似非科学とのレッテルを張られ、ほとんどの研究が打ち切られた。しかし、一部の研究者たちはその可能性を信じ、「固体内核反応」「低エネルギー核反応」、そして「凝集系核反応」などの名称で地道な研究を国内外で続けてきた。その結果、徐々にこの現象の再現性が高まり、2010年頃から、米国やイタリア、イスラエルなどに、エネルギー利用を目的としたベンチャー企業が次々と生まれている。

■研究を牽引してきた2グループが融合

 この分野の研究者が成果を発表する「凝集系核科学国際会議(ICCF)」が、1~2年に1回開かれている。2012年に開かれた第17回会議の頃から企業に所属する研究者の参加が増え始めた。2013年7月に米ミズーリ大学での第18回会議では、4割以上が凝集系核反応を利用した「熱出力装置」の開発を進める企業などからの参加者だったという。

 2015年5月14日に開催された冒頭のセミナーは、こうした世界の流れに触発されたクリーンプラネット(東京都港区)の吉野英樹社長などが主催したものだ。「世界では、凝集系核科学の成果をビジネスにつなげる動きが活発化している。この分野では日本の研究者が世界的な業績を上げてきたのに、このままでは事業化で海外に遅れてしまう」と吉野社長は危機感を持つ。同社は、吉野社長が企業経営で得た資金を元手にクリーンエネルギー分野の大学研究室やベンチャー企業を支援している。

 実は、ほぼ同様のセミナーが仙台市にある東北大学電子光理学研究センターで、5月13日に開催された。こちらは「凝集系核反応共同研究部門の設置記念シンポジウム」と銘打って開かれた。同研究部門は、クリーンプラネットが資金を支援し、東北大学が施設や人材を提供する形で2015年4月に発足した。凝集系核科学を掲げた研究部門は国内で初めて。「この分野の研究を牽引してきた国内の2つの研究グループを融合させた」と吉野社長は言う。

 2つのグループとは、三菱重工業で凝集系核反応を研究してきたチームと、元北海道大学の研究者だった水野忠彦氏が設立した水素技術応用開発(札幌市)のことだ。クリーンプラネットは、水素技術応用開発に出資してグループ企業とした。一方、三菱重工では、「新元素変換」という呼び名で、放射性廃棄物を核種変換することで、無害化する装置の実用化を目指している。東北大学の凝集系核反応共同研究部門には、三菱重工で新元素変換を主導してきた岩村康弘氏が特任教授として移籍した(図1)。

図1 東北大学・電子光理学研究センターに設置した凝集系核反応共同研究部門の実験室。岩村康弘特任教授(左)と伊藤岳彦客員准教授(右)。両研究者とも三菱重工業から移籍した(出所:日経BP)
画像の拡大

図1 東北大学・電子光理学研究センターに設置した凝集系核反応共同研究部門の実験室。岩村康弘特任教授(左)と伊藤岳彦客員准教授(右)。両研究者とも三菱重工業から移籍した(出所:日経BP)

 凝集系核反応の応用研究には、発生する熱をエネルギーとして活用する方向性と、核種変換によって放射性廃棄物の無害化や希少元素の生成を目的とする2つの流れがある。水野氏は熱発生の分野で多くの成果を上げた一方、三菱重工は岩村氏を中心にセシウムの他元素への変換など、選択的な元素変換で世界的に注目されてきた。

 また東北大学では、笠木治郎太名誉教授を中心に、低エネルギービームによる凝集系核反応率の研究で成果を挙げてきた。新設した凝集系核反応共同研究部門では、笠木名誉教授と岩村特任教授を中心に、クリーンプラネットと共同研究する。大学では、凝集系核反応のメカニズム解明を目指した基礎研究、クリーンプラネットが熱発生への応用、三菱重工が放射性廃棄物の無害化を想定した応用研究を担当する。メカニズムの解明による成果を応用研究に生かしつつ、実用化を加速させるのが狙いだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ミサワホームのZEH「ファミリンク ゼロ」は、外の光が部屋の奥まで入るように工夫されている(左)。特徴的な形状をした屋根には最大9.1kWの太陽光パネルを設置できる(右上)。南極の昭和基地(右下)(写真:ミサワホーム)

20年に新築の過半数へ、エネルギー使用「ゼロ」の住宅 [有料会員限定]

 日本は温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比で26%削減する目標を設定した。2016年11月に温暖化対策の新しい国際枠組みを定めた「パリ協定」の発効を受けてのことだ。対策が遅れている家庭部…続き (4/5)

都市鉱山から五輪メダル5000枚、産官合同でGo [有料会員限定]

 使用済み小型家電から入賞メダルを作るプロジェクトが、2017年4月にスタートした。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」で、事業協力者…続き (4/13)

水を使わないセイコーエプソンの「ペーパーラボ」。写真は装置の全体像

エプソンは「水不要」、使った紙をオフィスで再生 [有料会員限定]

オフィスで使う紙をオフィス内で再生して繰り返し使う「紙再生装置」に注目が集まっている。これまでは、環境意識の高い企業がリサイクル活動の一環として導入するケースがほとんどで、企業の採用はあまり進んでいなかった。…続き (3/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト