Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

夏に自動運転機能追加 テスラは「クルマ版iPhone」
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/4ページ)
2015/5/29 12:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 「Software-Defined Car」(ソフトウエアが機能を定義するクルマ)――。米Tesla Motors(テスラモーターズ、以下テスラ)の電気自動車(EV)に乗ると、それが既存の自動車ではなく、“走るコンピューター”であることを実感させられる(下の写真)。

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)
画像の拡大

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)

 実際、搭載されるソフトウエアは恒常的に進化し、アップデートが無線LANなどを経由してクルマにダウンロードされる。2015年夏に予定されているアップデートでは、自動運転機能が追加される予定だ。こうなると、Teslaを「情報通信機器」と区分してもさほど違和感はないだろう。急速に進化するTeslaをレポートする。

■iPhoneから多大な影響

 今回、筆者が試乗したのは「Tesla Model S 85D」。ユーザーインターフェースはタッチパネルで、クルマの機能をディスプレー上で操作する。iPhoneでアイコンにタッチしてアプリを使うように、Teslaの操作は直観的で、クール(かっこいい)な“アプリ”が揃っている。

 iPhoneにOS(基本ソフト)のアップデート版をダウンロードして機能を向上させるように、Teslaでも自動運転など新機能の追加はソフトウエアをダウンロードすればいい。クルマの設計思想がiPhoneから多大な影響を受けており、米国のシリコンバレー文化を感じさせる製品仕立てとなっている。

■2系統のコンピューターシステム

 Tesla MotorsのOwner AdvisorであるKim氏に操作を教えてもらいながら、テストドライブした。クルマの形状の鍵をポケットに入れたままクルマに近づくと、ドアハンドルがポップアップ。扉を開けることができるようになる。

 運転席にはキーを差し込むスロットや、スタートボタンがない。キーをポケットに入れたままで、レバー(ハンドル右側のバー)を上に押してエンジンを始動。このレバーは、シフトレバーを兼ねる。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 上の写真はエンジンを始動したところで、インスツルメントパネル(正面)には、速度や走行可能距離(写真では241マイル)が表示される。右手には、大型タッチスクリーンが設置されている(写真右端)。ここに操作や運行に関する情報が表示される。

 写真では、電力消費量(上部)とGoogle Mapsの地図(下部)が表示されている様子。インスツルメントパネルとタッチスクリーンは、2系統のコンピューターで稼働する。米NvidiaのVisual Computing Module(車載プロセッサー)が使われ、高速プロセッサー「Tegra K1」が2個搭載されている。2系統の高性能コンピューターが、運転をアシストする。

■走る場所に応じて設定を変更

 Teslaのユーザーインターフェースは、17インチのタッチスクリーン上でiPhoneを操作するようにクルマを制御する。下の写真は、サンルーフアイコンを指でスライドし、空ける操作をしている様子(スクリーン上部)だ。iPhoneでロックスクリーンを開く感覚で操作できる。スクリーン下部は、ヘッドライトや室内灯の操作画面で、ボタンにタッチして点灯する。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 サスペンション設定画面では、車高を設定できる。走行中は速度に応じ、クルマが自動で車高を調節する。位置情報に応じた車高設定機能もある。急な坂やスピードバンプ(車速を減速させるための隆起物)がある道路で車高を高く設定しておくと、クルマはその場所を把握する。搭載しているGPS(全地球測位システム)で位置情報を認識し、その場所を通過する時は設定した車高に変更する。

 ステアリングモード画面で、ハンドルの感度を選択できる。スポーツモードを選ぶと、レーシングカーのように機敏なハンドリングを味わえる。興味深いのは「クリープ」と呼ばれる機能で、ブレーキから足を離したときにするすると前に動くモードを設定できる。オートマチック自動車特有の動きで、電気自動車でこれをエミュレーションできる。

 つまり、Teslaの機能や特性は、ソフトウエアでいかようにも調整できる。iPhoneと同様、ソフトウエアがクルマの機能を決定する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

iPhoneTesla自動運転ソフトウエアクルマGoogleNvidia

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

テスラが年内に発売する「モデル3」。小型SUV「モデルY」はこのモデル3以上の売れ行きになると期待している=AP

AP

「Model 3以上に売れるEV」 テスラ、小型SUV投入へ [有料会員限定]

 「2019年に小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」を発売する」。2017年6月上旬、米Tesla(テスラ)の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米シリ…続き (8/22)

図4 米設計事務所クラウズ・アーキテクチュア・オフィスが構想する「アナレンマ・タワー」の下端部分。小惑星から高強度ケーブルで建物を吊り下げる。地上との往来は大型無人機による輸送や、電磁式エレベーターなどを活用する(資料: CloudsArchitectureOffice)

Clouds Architecture Office

「小惑星から吊るタワー」構想も登場、宇宙建築に熱 [有料会員限定]

 内閣府は2017年5月、「宇宙産業ビジョン2030」を発表。国内宇宙産業の市場規模を2倍に拡大する方針を示した。「宇宙エレベーター」や「小惑星から吊るタワー」など、新時代に備えた建築の構想が熱を帯び…続き (8/18)

図7 ガラス張りのブースで行う検査工程。LED照明を天井から床まで設置したガラス張りのブースで、ボディーの外観品質をチェックする

にらみを利かせる8人の「匠」 トヨタ、レクサス新工場 [有料会員限定]

 トヨタ自動車は2017年1月、愛知県豊田市にある元町工場に高級車の専用生産ラインを稼働させた(図1)。クーペモデルの「レクサスLC500」とハイブリッド車「同h」を造る。共に1300万円を超える高額…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 小学校の“先生”がプログラミングを体験―必修化に向けて横浜市
  • 家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは
  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト