Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

夏に自動運転機能追加 テスラは「クルマ版iPhone」
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/4ページ)
2015/5/29 12:00
保存
印刷
その他

ITpro

 「Software-Defined Car」(ソフトウエアが機能を定義するクルマ)――。米Tesla Motors(テスラモーターズ、以下テスラ)の電気自動車(EV)に乗ると、それが既存の自動車ではなく、“走るコンピューター”であることを実感させられる(下の写真)。

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)
画像の拡大

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)

 実際、搭載されるソフトウエアは恒常的に進化し、アップデートが無線LANなどを経由してクルマにダウンロードされる。2015年夏に予定されているアップデートでは、自動運転機能が追加される予定だ。こうなると、Teslaを「情報通信機器」と区分してもさほど違和感はないだろう。急速に進化するTeslaをレポートする。

■iPhoneから多大な影響

 今回、筆者が試乗したのは「Tesla Model S 85D」。ユーザーインターフェースはタッチパネルで、クルマの機能をディスプレー上で操作する。iPhoneでアイコンにタッチしてアプリを使うように、Teslaの操作は直観的で、クール(かっこいい)な“アプリ”が揃っている。

 iPhoneにOS(基本ソフト)のアップデート版をダウンロードして機能を向上させるように、Teslaでも自動運転など新機能の追加はソフトウエアをダウンロードすればいい。クルマの設計思想がiPhoneから多大な影響を受けており、米国のシリコンバレー文化を感じさせる製品仕立てとなっている。

■2系統のコンピューターシステム

 Tesla MotorsのOwner AdvisorであるKim氏に操作を教えてもらいながら、テストドライブした。クルマの形状の鍵をポケットに入れたままクルマに近づくと、ドアハンドルがポップアップ。扉を開けることができるようになる。

 運転席にはキーを差し込むスロットや、スタートボタンがない。キーをポケットに入れたままで、レバー(ハンドル右側のバー)を上に押してエンジンを始動。このレバーは、シフトレバーを兼ねる。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 上の写真はエンジンを始動したところで、インスツルメントパネル(正面)には、速度や走行可能距離(写真では241マイル)が表示される。右手には、大型タッチスクリーンが設置されている(写真右端)。ここに操作や運行に関する情報が表示される。

 写真では、電力消費量(上部)とGoogle Mapsの地図(下部)が表示されている様子。インスツルメントパネルとタッチスクリーンは、2系統のコンピューターで稼働する。米NvidiaのVisual Computing Module(車載プロセッサー)が使われ、高速プロセッサー「Tegra K1」が2個搭載されている。2系統の高性能コンピューターが、運転をアシストする。

■走る場所に応じて設定を変更

 Teslaのユーザーインターフェースは、17インチのタッチスクリーン上でiPhoneを操作するようにクルマを制御する。下の写真は、サンルーフアイコンを指でスライドし、空ける操作をしている様子(スクリーン上部)だ。iPhoneでロックスクリーンを開く感覚で操作できる。スクリーン下部は、ヘッドライトや室内灯の操作画面で、ボタンにタッチして点灯する。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 サスペンション設定画面では、車高を設定できる。走行中は速度に応じ、クルマが自動で車高を調節する。位置情報に応じた車高設定機能もある。急な坂やスピードバンプ(車速を減速させるための隆起物)がある道路で車高を高く設定しておくと、クルマはその場所を把握する。搭載しているGPS(全地球測位システム)で位置情報を認識し、その場所を通過する時は設定した車高に変更する。

 ステアリングモード画面で、ハンドルの感度を選択できる。スポーツモードを選ぶと、レーシングカーのように機敏なハンドリングを味わえる。興味深いのは「クリープ」と呼ばれる機能で、ブレーキから足を離したときにするすると前に動くモードを設定できる。オートマチック自動車特有の動きで、電気自動車でこれをエミュレーションできる。

 つまり、Teslaの機能や特性は、ソフトウエアでいかようにも調整できる。iPhoneと同様、ソフトウエアがクルマの機能を決定する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

iPhoneTesla自動運転ソフトウエアクルマGoogleNvidia

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コートに設置されたタブレットに表示される映像とデータ。映像は、レッスンで自分が打った直後に見られるよう遅延時間を設定できる(写真:ソニー)

ソニー、テニスセンサー「大量導入」に描く成功シナリオ

まったく新しいチャレンジ――。今から2年半以上も前、個人向けのスポーツセンサー事業に参入したソニー。かつて経験のない地道な普及活動を経て、この春、大きなステップを踏み出す。…続き (2/22)

クルマの頭脳にiPhoneで鍛えた技術 デンソーが検討 [有料会員限定]

 クルマを制御するECU(電子制御ユニット)の性能を左右するプロセッサーIC(集積回路)。そのパッケージ技術が大きく変わる兆しが出てきた。自動車業界で、米Apple(アップル)が2016年9月に発売し…続き (2/21)

南棟の減築工事の現場。7階の床スラブを撤去している様子。2016年6月に撮影した(写真:青森県)

「40年延命」目標 青森県庁舎、上層階減築で費用抑制 [有料会員限定]

 青森県が築55年の庁舎の一部を減築する工事を進めている。建物を“減量”して、耐震改修費を抑える手法を活用した。さらに40年の継続利用を見据えた改修を目指す。外断熱による省エネや全面ガラス張りによる清…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月22日付

2017年2月22日付

・米ザイリンクス 5G向け省エネ半導体 アナログ回路内蔵
・保険現地調査、眼鏡型端末で SOMPO
・DIC 屈折率低い光ファイバー向け樹脂材料
・長津製作所 フィリピンで樹脂部品工場
・糖尿病患者にネット面談 ベネフィット・ワン…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト