アジア最新ニュースの掲載を始めました

from Nikkei Asian Review

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ミャンマー「イスラム難民」大量流出 国際的孤立も

(1/2ページ)
2015/5/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ミャンマーからイスラム教徒の少数民族「ロヒンギャ」が大量に周辺国へと押し寄せて、各地であつれきが生じている。ミャンマーの主流派である仏教徒の間で、イスラム教徒が増大していることに懸念が広がり、宗教対立の激化に危機感を覚えたロヒンギャ族が船で国外に脱出して、マレーシアやインドネシアなどに漂着するケースが相次いでいる。

 近年、米国は民主化を進めるミャンマーとの関係改善を進めてきたが、難民問題の拡大を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

Nikkei Asian Reviewから

from Nikkei Asian Review 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

カラチ環状鉄道の駅=ロイター

ロイター

問題だらけのカラチ鉄道、中国が食指動かす [有料会員限定]

 2017年3月、カラチで暴動が起きた。人口2300万を擁するパキスタン最大の都市では珍しくないことだ。今回は、長年停滞しているカラチ環状鉄道(KCR)の改修計画が発端だった。同計画を復活させるために…続き (5/22)

シンバ・ディッキーの傘下ブランドでは、チェコのプラハ近郊でおもちゃを製造している(同社提供)

courtesy of Simba Dickie

「中国依存」の脱却図るドイツ玩具メーカー [有料会員限定]

 ドイツの一部の玩具メーカーが、中国で生産しなければ競争力が保てないという“常識”を覆し、ドイツ国内をはじめとする欧州域内に生産を戻しつつある。労働コストの低い中国に一度も頼らずに成功を収めたメーカー…続き (5/15)

台湾プラスチックなどがベトナム中北部ハティン省で建設を進める製鉄所近くにある料理店の看板。上段からベトナム語、中国語、ハングルの3言語を併記している(2017年3月)

ベトナム高炉建設に見る「チームアジア」
 編集委員、村山宏
[有料会員限定]

 東アジアの愛国者にとってベトナム中北部ハティン省で建設が進む高炉を備えた一貫製鉄所ほど不可解なものはないだろう。ベトナムと中国、台湾と中国、日本と中国、日本と韓国は政治的に対立するが、この事業にはそ…続き (5/10)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]