Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ロボットの犯罪」裁けるか 米ロースクールの先進講義
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/3ページ)
2015/5/20 12:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米シリコンバレーで人工知能の開発レースが過熱する一方、法理論の研究も進展している。高度に進化したロボットが罪を犯したとき、司法はどう裁くのかがテーマだ。

 例えば、自動運転車が犯罪に関与したら、誰が責任を負うのか。そもそもロボットに、人間のように罪を問えるのかも争点となっている。高度な人工知能の誕生に備えた、米スタンフォード大学ロースクールの取り組みをレポートする。

■スタンフォード大学が公開講座

 スタンフォード大学ロースクールで、人工知能と法律の関係について、公開講義が開かれた(下の写真)。コンピューター・サイエンス学部で客員教授を務めるJerry Kaplan氏が、高度に進化した人工知能を法律はどう解釈すべきかについて講義した。この講義は一般にも公開され、著者も学生に戻った気分で聴講した。

講義の様子(出典: VentureClef)
画像の拡大

講義の様子(出典: VentureClef)

 講義は確定した法理論を教えるものでは無い。高度に進化した人工知能が社会に入ってきたとき、どんな問題が発生し、それを法律でどう規定すべきか、Kaplan教授が私見を述べた。

 現在、米国では大学を中心に「人工知能社会」に備えた法整備が進んでおり、その一つの考え方が示された。これはソフトウエアに例えるとプロトタイプであり、法理論コンセプトの“デモ”である。

 講義のエッセンスは、ロボットが運転する“ロボットタクシー”と銀行のクレジットカード審査に集約される。この事例を使って、高度に進化した人工知能が抱える問題と、それを裁く法律論が展開された。

■ロボットタクシーが犯罪に加担

 ロボットタクシーのケースでは、1990年に公開された映画「Total Recall(トータル・リコール)」が引用された。追われている主人公の男(アーノルド・シュワルツェネッガー)がロボットの運転するタクシーに逃げ込み、速く走るように指示した。映画ではロボットが制限速度を無視して速く走ると、乗客からチップをもらえる設定になっている。

 こうした映画のシーンが、近い将来、現実に起きても不思議でない状況となってきた。米Google(グーグル)と米Uber(ウーバー)がそれぞれ発表した、自動運転車による無人タクシーが銀行強盗に加担した場合、法律はどう対応すべきかが示された。

Googleが開発を進めている自動運転車(出典: Google)
画像の拡大

Googleが開発を進めている自動運転車(出典: Google)

 覆面をして拳銃を持っている乗客が無人タクシーに乗り込んだという想定で、まず乗客は近くの銀行に行くように指示する。技術的な説明は無かったが、無人タクシーはコンピュータービジョン(画像認識)機能を搭載しており、乗客の様子を把握。無人タクシーは状況を判断し、この要求を拒否する。

 しかし何らかの理由で(期末で売上目標を達成するためなど)、強盗の要求に従って銀行へと案内し、犯罪につながるケースが出てくるかもしれない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

一条工務店のホームページ(図:一条工務店)

省エネ性能重視すべき理由、買って後悔しない家

 大手住宅メーカーの一条工務店が、戸建ての販売戸数でトップを走ってきた積水ハウスに迫りつつあります。住宅産業新聞が2016年6月に発表したデータでは、積水ハウスの1万4000棟弱に対し、一条工務店は約…続き (7/26)

無印良品の公式Instagram

1位「無印良品」 メディア戦略明確な企業が高評価 [有料会員限定]

 デジタルメディア上でのブランド接触体験がきっかけで、商品やサービスの購入に至るネットユーザーが最も多いブランドは無印良品──。日経デジタルマーケティングは2017年4月、どの企業・ブランドがデジタル…続き (7/24)

EVのコンセプト車とともに写真に納まるミュラー社長(左)とVWブランド乗用車部門のトップ、ディース氏=2月末、ジュネーブ

19~20年に続々投入 ドイツ3強、EV注力鮮明に [有料会員限定]

 高級車に強いドイツの自動車大手、いわゆる“ジャーマン3”が、電気自動車(EV)の開発に力を注いでいる。3社はEVを前提とした新しいプラットフォーム(PF)を、2019~2020年にそろって投入する計…続き (7/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月26日(水)

  • スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画『レディ・プレイヤー・ワン』予告編。デロリアンに金田のバイクも登場!?
  • 店内に置くだけポンの「Safie」たまご型監視カメラ、100台プレゼント、Wi-Fiでクラウドに録画&モバイルバッテリーでも稼働 5GHz帯に新たに対応、PoE対応の有線LANモデルも
  • ビジネス市場で地道に成功を狙うMSの「HoloLens」―エレベータ企業の活用例

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月26日付

2017年7月26日付

・フィクサー、インドに現法、米MSのクラウド導入支援で海外進出へ
・ソニー系、プレステ頼らず スマホ向けゲーム10月配信
・特種東海、軽く強い繊維シート 「紙超える素材」で大手と差別化
・オンコセラピー、血液・尿でがん診断 韓国社と合弁設立
・来れアジア学生、JFEエンジがインターンシップ充実…続き

[PR]

関連媒体サイト