日経サイエンス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

現代医学の壁、電気刺激で克服 リウマチ・うつ…

2015/4/25 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経サイエンス

 病気の治療に電気刺激を用いる「バイオエレクトロニック医学」と呼ばれる分野の研究が進んでいる。小型装置を体内に埋め込んで心筋に電気刺激を与えて心臓がきちんと動くようにするペースメーカーはすでに広く使われているが、将来は一部の医薬品に代わり様々な病気を治療する手段として広く使われるかもしれない。

 有望とみられるのが炎症の治療だ。私たちの体には炎症を抑える仕組みが備わっている。熱や化学物質などにさらされた場合、そうしたストレスに体が過剰反応しないように、ある種の電気シグナルが脳から体内の器官に送り出され、炎症を引き起こす免疫分子の産生を抑制する。そうした電気シグナルを、体内に埋め込んだ装置で人工的に発生させることで、人体の仕組みをうまく利用して炎症を抑えようというわけだ。

■体内埋め込み装置で神経を制御

体内にコンパクトな装置を埋め込み、脳に電気刺激を与えることで様々な病気を治療する(提供:BRYAN CHRISTIE)
画像の拡大

体内にコンパクトな装置を埋め込み、脳に電気刺激を与えることで様々な病気を治療する(提供:BRYAN CHRISTIE)

 また関節リウマチなどの自己免疫疾患は炎症を抑える神経回路が適切に機能せず、過剰な免疫反応が起きることが原因とみられている。そこで電気刺激によって神経回路をうまく制御できれば、症状が改善する可能性がある。オランダ・アムステルダム大学と製薬大手のグラクソ・スミスクラインの共同グループが関節リウマチの患者に対する臨床試験を進めている。

 2012年の米リウマチ学会での発表によると、長期にわたって重い関節リウマチに苦しんできた8人の患者のうち6人が、電気刺激装置の埋め込み手術後、症状がかなり改善したという。

 もう一つ有望なのは重いうつ病(大うつ病)の治療だ。大うつ病は脳内の複数の神経回路が正常に機能しないことで起こることがわかってきた。そこで、そうした回路に電流を流して信号伝達の障害を正すことで症状を緩和する治療法が試みられている。脳深部刺激法という。

 大うつ病は心理療法をはじめ薬物療法、電気けいれん療法など現在利用可能な治療法が有効だが、患者の10~20%にはこうした治療がほとんど、あるいは全く効かない。こうした難治性の大うつ病の患者の治療法として脳深部刺激法が注目されている。

 この手法は、病院での通常の治療法としてはまだ承認されていないものの、これまで世界で約200人に試験的に行われてきた。患者の中には症状が完全に消えた人もいるが、治療結果には幅があり、誰にでも効果があるわけではない。さらに臨床研究が進めば、どんな患者に脳深部刺激法が有効なのかわかってくると期待されている。

(詳細は25日発売の日経サイエンス6月号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経サイエンスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経サイエンス


【PR】

日経サイエンス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大規模調査で見えたアルツハイマー病予防のヒント

 今から100年以上前、神経病理学者アルツハイマーは、認知症を患っていたある中年女性の脳に、異常なたんぱく質が固まった老人斑と、神経細胞内で線維状のたんぱく質が絡み合った神経原線維変化が見られたことを…続き (6/24)

4月22日,科学を軽視するトランプ政権に抗議するデモ行進が世界各地で行われ,米ワシントンでは1万人を超す人が参加した(撮影:川合智之)

トランプ氏の科学軽視政策 背景に米社会の失望

 開かれた研究環境と厚待遇で世界中から頭脳を吸い上げ、国が主導して科学を発展させ、産業と軍事で優位に立つ。そんな米国の科学戦略が転換しつつある。トランプ大統領は科学予算の大幅削減を打ち出し、意に沿わな…続き (5/27)

探査機プランクの観測で得られた宇宙マイクロ波背景放射の全天マップ。誕生から38万年後の宇宙の温度揺らぎが刻み込まれている。オレンジ色は相対的に温度が高い領域、青色は温度が低い領域。(画像は ESA and the Planck Collaborationによる)

ESA and the Planck Collaboration

宇宙誕生直後の謎 カギ握る「最古の光」

 宇宙は約138億年前に誕生した直後、「インフレーション」と呼ばれる急激な膨張が起きたと考えられている。このインフレーション理論は1980年代初めに佐藤勝彦博士(現・東京大学名誉教授)らが提唱した。一…続き (4/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月27日付

2017年6月27日付

・金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
・クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
・コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
・三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
・アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト