日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ついに人工知能が銀行員に「内定」 IBMワトソン君

(1/2ページ)
2015/3/20付
保存
印刷
その他

 人の言葉を理解する米IBMの認知型コンピューター「ワトソン」。米国生まれで母国語は英語だが猛勉強によって日本語を習得し、三井住友銀行から「内定」を得た。クイズ番組に興じていたワトソン君が、年内にも銀行マンとして日本で働き始める。

■ビッグデータ分析などで質問の答えを導き出す

三井住友銀行はコールセンターでの問い合わせ対応にワトソンを活用する
画像の拡大

三井住友銀行はコールセンターでの問い合わせ対応にワトソンを活用する

 「ATMの手数料を知りたいのですが」。銀行のコールセンターには日々、あいまいな質問が寄せられる。引き出しの手数料か振り込みのことか。キャッシュカードは自行と他行どちらのものか。あるいは他行のATMを使う場合か。条件によって答えは変わる。

 こうしたあいまいな質問にすらすらと答える次世代型のコールセンターが近々誕生する。三井住友銀がオペレーターの応対業務にIBMのワトソンを導入するのだ。

 ワトソンは利用者が入力した文章を自然言語処理の技術で解釈し、ビッグデータ分析などの技術によって質問の答えを導き出す。三井住友銀のオペレーターが顧客から受けた質問をキーボードで入力すると、ワトソンは5つの回答候補を瞬時に出す。回答は確からしい順に、その確率を付けて表示する。オペレーターは候補と確率を参考に、顧客に応答する。

 質問から回答を導くために必要な業務は、ワトソンにあらかじめ読み込ませる。1500項目の質問応答集、表計算ソフトで800シート分の業務マニュアル、過去の質問応答履歴などだ。

 さらに正答率を高めるための工夫を盛り込む。最たる例が「役立ったボタン」。顧客への応答が正しかった場合に該当する回答のボタンを押すと、ワトソンが「この質問に対する答えとしてはこれが正解だった」と学習する。この繰り返しで正答率がさらに高まる。

 回答を絞り込むためのキーワードも設定できるようにした。外貨預金や両替、小切手などを用意。「手数料」という質問にも対象を絞ることで正答率を高められる。

 三井住友銀は2014年9月から12月末までに技術検証を済ませ、実用化の手応えをつかんだ。検証はワトソン君からすれば、いわば入社試験。まず応対スピードをストップウオッチで測定したところ「人間と五分五分だった」(システム統括部の江藤敏宏副部長)。未経験の人よりは早いが、熟練の人には負けることもあった。

ワトソンの日本上陸が本格化している
画像の拡大

ワトソンの日本上陸が本格化している

 正答率はどうか。ワトソンが選んだ5つの回答の中に正答が含まれていた確率は当初70%未満だった。その後「SMBCダイレクト」と「ネットバンク」、「インターネットバンキング」は同じ意味を示すなど専門用語を数千項目ほど読み込ませ、検索時にキーワードを指定できるようにしたら正答率は80%を超えた。「7割がいいところかと思っていたが正直に言って驚いた」と岡知博システム統括部部長代理は振り返る。導入後の学習効果を考えると90%も超えられるのではとの手応えを得た。ワトソン君が銀行の内定をつかんだ瞬間だった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

学生らの構内の移動手段として18年度の実用化をめざす(福岡市)

自動運転バス、地方でGo 人手不足解消に一役 [有料会員限定]

 地方は大都市に比べて公共交通機関が脆弱だ。特に路線バスでは、運転手不足とそれに伴うコスト上昇が運行本数減少につながり、住民のバス離れを招いている。だが、自動運転技術を使えば、運転手不足は解消して採算…続き (1/15)

3000席の仮設アリーナ屋根をとりはずした模型(写真上)。プロバスケのホームコートなどでの利用を見込む。(同下)は5000席アリーナの外観

50年もつ仮設アリーナ、建設費と工期半減 [有料会員限定]

 構造設計の日本建築構造センター(東京・渋谷、井口哲朗社長)は仮設型アリーナを開発した。シンプルな構造で、建設費や工期を従来の半分以下に抑え、最長50年ほど使える。競技施設やイベント会場の相次ぐ改装を…続き (1/14)

富士フイルムの再生医療研究所

死なないカラダ 38兆円市場、争奪始まる [有料会員限定]

 病気やけがで機能しなくなった組織や臓器を新しいものと置き換える「再生医療」。ここに来て研究開発から実用段階に入ってきた。国が期待するiPS細胞の分野では、目の難病治療を目指す臨床研究が2017年前半…続き (1/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月17日付

2017年1月17日付

・店舗・社内報など、公式アプリ割安制作 アプリクッキング
・移植用の肝臓2倍長持ち 石原産業
・アルミ純度保つ鋳造機 車部品向け 古河機械金属など
・明電舎 下水管の防災監視サービス、IoTで通信費10分の1
・スミロン 車体保護フィルムを開発…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト