BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

カナブンを「ラジコン化」、飛翔を自在に制御可能

2015/3/18付
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

無線制御システムを“実装”したカナブン。体長6cm、重さは約8g (写真:Tat Thang Vo Doan and Hirotaka Sato, NTU Singapore、以下同)
画像の拡大

無線制御システムを“実装”したカナブン。体長6cm、重さは約8g (写真:Tat Thang Vo Doan and Hirotaka Sato, NTU Singapore、以下同)

 米University of California、Berkeley校(UCB)とシンガポールNanyang Technological University(NTU)は、昆虫のカナブンの無線制御で飛翔(ひしょう)させる研究で、旋回も含めた細かな飛翔の制御が可能になったと学術誌に論文を発表した。

 発表したのは、UCB Department of Electrical Engineering and Computer Sciences、Associate professorのMichel Maharbiz氏の研究室(Maharbiz研)と、元Maharbiz研で、現在は、NTU School of Mechanical and Aerospace EngineeringのAssistant professorの佐藤裕崇氏である。

 Maharbiz研は以前は米University of Michiganにあった。その当時からカナブンに無線通信ICなどを背負わせて、その飛翔用筋肉を制御することで、カナブンの飛翔の仕組みの解明や自由に飛翔する温度センサーなどの実現、あるいは災害における行方不明者の探索に役立てることを目指した研究を続けている。

無線制御によって飛翔させた様子
画像の拡大

無線制御によって飛翔させた様子

 今回の発表のポイントは、羽根の折り畳みにだけ使われているとこれまで考えられていたカナブンの羽根のある筋肉が、実は飛翔中の旋回動作でも重要な役割を果たしていたことが判明した点にある。無線制御できるようにしたカナブンを、自由に飛翔させた際の筋肉と神経の活動を解析して確認した。

 そして、この筋肉に電気刺激を与えることで、カナブンの飛翔の制御が非常に容易になった。「以前は、飛翔を始めさせたり終わらせたりすることはできたが、飛翔方向は十分には制御できていなかった。今回は、飛翔開始から、空中での左旋回、右旋回、そしてホバリングまでが自由自在で、高い水準の飛翔制御が初めて可能になった」(Maharbiz氏)という。

 今回利用したカナブンは、Mecynorrhina torquata(和名はクビワオオツノハナムグリ、またはトルクアータオオツノカナブン)。体長は平均6cmで重さは8g。背中に安価なマイクロコントローラーと無線通信IC、および3.9Vの小型Li電池を搭載した。電極は計6個で、カナブンの視覚情報を処理する脳の一部「視葉」と、飛翔用筋肉群に接続したという。システム全体の重さは1~1.5gである。

(日経テクノロジーオンライン 野澤哲生)

[日経テクノロジーオンライン 2015年3月17日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

カナブン

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スイス北部のアールガウ(Aargau)州ドッティンゲン(Dottingen)にある「ベツナウ原子力発電所」。左側に水力発電所も見える(出所: Public Domain/CC by SA 3.0)

スイスの国民投票、欧州で2国目の脱原発を可決 [有料会員限定]

 スイスで5月21日、現行の電源構成に関する是非を問う国民投票が行われ、原子力発電を段階的に廃止し、再生可能エネルギーの比率を高めるべき、との票が58%を占めた。…続き (5/24)

赤外パルス光をグラフェンに照射することで奇数分の1の波長を持つ可視光に変換する現象のイメージ(図:京都大学のニュースリリースより)

グラフェンで赤外光を変換、高次高調波の解明に寄与 [有料会員限定]

 京都大学は2017年5月22日、グラフェンに赤外パルス光を照射すると、波長が5分の1、7分の1、9分の1の可視パルス光が生成されることを発見したと発表した。…続き (5/24)

欧州委、足かけ8年のグーグル独禁法調査に結論か [有料会員限定]

 欧州委員会(EU)は長年にわたる米Google(グーグル)の独占禁止法違反調査にいよいよ結論を出すようだと、英Reutersが現地時間2017年5月22日に報じた。Googleは莫大な制裁金の支払い…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月24日付

2017年5月24日付

・AI翻訳家、電子書籍を英訳 メディアドゥ 要約から全文へ
・猛暑でも野菜スクスク トーヨーエネルギーが植物工場+ビニールハウス
・牧野フライス ベリリウム銅金型の放電加工 時間半減
・シノブフーズ 弁当の商品数集約 中小スーパー向け
・CSR 社外連携に軸足 味の素が公益財団法人…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト