駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パリダカ疾走 15年目 ラリードライバー・三橋淳(上)

(1/2ページ)
2015/3/16付
保存
印刷
その他

 世界一過酷な自動車レースと呼ばれるダカールラリー(通称パリダカ)。三橋淳(44)はこの過酷なラリーの魅力に引かれ、挑み続けている。1月に開催された大会の市販車部門で2年連続5度目のクラス優勝。各メーカーが競い合う総合優勝に比べれば目立たないが、「今後もチャンスがあれば、やれる限りのことを続けたい」と前を向く。

アンデス山脈の麓を走る難コースは呼吸をするのも一苦労

アンデス山脈の麓を走る難コースは呼吸をするのも一苦労

ドライバーたちが車の整備する難所

 ダカールラリーの舞台は南米だ。2015年はアルゼンチンのブエノスアイレスからチリ、ボリビアを回り再びアルゼンチンに戻ってくる。アンデス山脈の麓を走るコースは時に標高4000メートルを超え、雲一つない空はひたすら青い。富士山より高い土地では呼吸をするのさえも一苦労だ。

 実は三橋は、アフリカから南米に移ったことでコースの過酷さが増したと感じている。01年に初めてダカールラリーに参加した時には「アフリカの大地を走る難しさはあった」。一方、南米は荒野というイメージには遠い。ラリーが行われる場所は人が寄りつかない荒れ地でも、その周囲には街があり、インフラもそろっている。その代わり、「難易度の高いコースを設定して、ラリーのサバイバル感を演出している」。

 15年に加わったボリビアのウユニ塩湖周辺のコースもその一つ。標高3700メートルほどに位置するこの区間では技術者の支援、整備が禁止され、ドライバーたちが、車の整備をしなければならない難所だった。

 一瞬の気の緩みが事故につながり、リードが瞬く間になくなる怖さがある。1時間のリードがあったとしても、1つのトラブルでそれがふいになるかもしれない。三橋は苦笑いを浮かべつつ、「アフリカで走っていた時は前半に大差がつけば、だいたいはそのままゴールできた。今は最後まで気が抜けない」という。

今年の大会、一つの区切りの気持ちで

 7月に45歳になるのを前に迎えた今年の大会。「一つの区切り」という気持ちで挑んでいた。30歳でダカールラリーに初参戦してから15年が経過。40代半ばになると、なかなか肉体的にも状態を上げていくのは難しくなる。勝てば5度目のクラス優勝はなんとしても成し遂げたいものだった。

 ライバルは同じ「トヨタランドクルーザー200」に乗るトヨタ車体2号車のチームメート。レース用の最低限の改造しか許されない市販車クラスなので、両車の間に性能の差はない。気が抜けない勝負になると思っていた。

保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ


駆ける魂 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソチ五輪では一瞬「勝った」と思ったが、少しスピードを緩めた隙に追いつかれ、「もう手遅れ」だった

 スノーボードの日本女子勢として史上初の表彰台。2014年ソチ五輪パラレル大回転での銀メダルは歴史的な快挙には違いなかった。ただ、竹内智香にとっては、画竜点睛(がりょうてんせい)を欠いた4度目の五輪は …続き (2016/12/26)

一回しかない競技人生だから我慢はしないという

 強気の言動がしばしば、謙遜を美徳としがちな日本人からかけ離れていると言われる。竹内智香のメンタリティーは2007年、単身渡ったスイスでの生活で育まれた。
 中学生の時に見た長野五輪のスノーボードに憧れ …続き (2016/12/27)

トラウマだったトレーニングも精力的に

 スイスで才能を開花させながら、13位に沈んだ2010年のバンクーバー五輪。ワールドカップ(W杯)でも表彰台の常連になり、メダルの有力候補に挙がっていた。だが、竹内智香は、「チャンスは大してなかった」 …続き (2016/12/31)

ハイライト・スポーツ

試合速報・結果

日本シリーズ(10/29)結果一覧

広島 4 (終了) 10 日本ハム
更新 共同通信社提供

[PR]