Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4時間でゲーム制覇 グーグル「驚異の人工知能」手中に
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/3/18 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は世界最先端の人工知能技術を有し、実際に音声検索などで活用している。そのGoogleが人工知能ベンチャー「DeepMind(ディープマインド)」を買収し、技術強化を加速している。DeepMindに関する情報は限られているが、関連ビデオや論文などから、その輪郭が見えてきた。

 DeepMindは驚異的なスピードで自ら学習する人工知能で、Googleは自動運転車などへの適用を視野に入れている。同時に、米国では人工知能が人間を凌駕するとの脅威論が浮上し、安全性に関する議論も活発化している。

 DeepMindはロンドンに拠点を置くベンチャー企業で、2010年にDemis Hassabis氏らが創業した。DeepMindが世界を驚かせたのは、ビデオゲームのプレーを見るだけで、驚異的な速度でプレーの仕方を自ら学習高スコアを出す能力を持つことだ。

 Googleは2014年1月に同社を買収し、今では「Google DeepMind」として研究開発を進めている。同時に、DeepMindをYouTubeなどのサービスに組み込む作業に着手した。

■汎用的に学習できるシステム

 Google CEO(最高経営責任者)のLarry Page氏は、トークショーホストのCharlie Rose氏との対談で、DeepMindの機能とGoogleの人工知能戦略について語った(下の写真)。Page氏は、DeepMindは人の手助け無しに驚異的な速さで学習するシステムであると説明した。その結果、ビデオゲームで人間のエキスパートを凌駕するスコアをマークする。

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)
画像の拡大

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)

 DeepMindは、ビデオゲームごとにソフトウエアを最適化しているのではなく、単一プログラムで異なるゲームに対応できる。かつて、米IBMのスーパーコンピューター「DeepBlue」は、チェスの世界チャンピオンGarry Kasparov氏との対局で勝利を収めたが、それはチェスというゲームに特化した専用システムだった。

 これに対し、DeepMindはゲームの種別に依存せず、汎用的に学習できる点が最大の特徴である。

■2時間で「人間超え」

 DeepMindが実際にゲームをプレーしているデモを見ると、その学習能力の凄まじさが分かる。下の写真はHassabis氏があるカンファレンスで、DeepMindが「Breakout」(ブロックくずし)ゲームを学習していく過程を解説している様子である。これは、バーを操作し、ボールを打ち返してブロックを崩していくゲームで、DeepMindは最初はゆっくりとプレーを学ぶ。

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)
画像の拡大

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)

 1時間で200回程度のゲームをこなすと34%の割合でボールを打ち返し、人間の初心者程度の実力となる。2時間後には300回のゲームをこなし、既に人間の技量を上回る。

 4時間後には、ブロックに通路を開け、裏側からブロックを崩すという大技を自ら学習する。DeepMindは4時間でゲームをマスターする。このようにDeepMindは、恐ろしいほど高速に学習する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GoogleDeepMindDeepBlue人工知能YouTubeIBM

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図3 スズキの小型HV「スイフトハイブリッド」。同社は2017年1月、小型車「スイフト」を全面改良し、マイルド・ハイブリッド・システムを搭載したHVモデルを追加した。同一車種のガソリン車との価格差は約16万円

高効率で手ごろ価格、「ヴィッツ」ハイブリッドの挑戦 [有料会員限定]

 小型ハイブリッド車(HV)の競争が激しくなっている。低速域から高速域までバランス良く効率を高めたHVを、より手ごろな価格で提供することを目指したのがトヨタである。2017年1月、同社の主力小型車であ…続き (4/27)

任天堂スイッチが起こす「触覚フィードバック」革命 [有料会員限定]

 人間の皮膚にある受容器を刺激して、触覚や力覚、圧覚といった感覚(触感)を与える「触覚フィードバック」機能。現在は一部のスマートフォン(スマホ)やゲーム機での採用にとどまるが、今後さまざまなエレクトロ…続き (4/25)

図1 TSUBAME3.0が採用する米NVIDIAのGPUボード「NVIDIA TESLA P100」。TSUBAME3.0はこうした汎用品を多く採用する

32℃循環水で大気に放熱 東工大、スパコン冷却効率化 [有料会員限定]

東京工業大学は、演算性能が数十PFLOPS(ペタ・フロップス)の次世代スーパーコンピューター「TSUBAME3.0」で、冷却方式を一新する。同機開発用の試験機「TSUBAME-KFC」で採用して…続き (4/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト