Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4時間でゲーム制覇 グーグル「驚異の人工知能」手中に
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/3/18 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は世界最先端の人工知能技術を有し、実際に音声検索などで活用している。そのGoogleが人工知能ベンチャー「DeepMind(ディープマインド)」を買収し、技術強化を加速している。DeepMindに関する情報は限られているが、関連ビデオや論文などから、その輪郭が見えてきた。

 DeepMindは驚異的なスピードで自ら学習する人工知能で、Googleは自動運転車などへの適用を視野に入れている。同時に、米国では人工知能が人間を凌駕するとの脅威論が浮上し、安全性に関する議論も活発化している。

 DeepMindはロンドンに拠点を置くベンチャー企業で、2010年にDemis Hassabis氏らが創業した。DeepMindが世界を驚かせたのは、ビデオゲームのプレーを見るだけで、驚異的な速度でプレーの仕方を自ら学習高スコアを出す能力を持つことだ。

 Googleは2014年1月に同社を買収し、今では「Google DeepMind」として研究開発を進めている。同時に、DeepMindをYouTubeなどのサービスに組み込む作業に着手した。

■汎用的に学習できるシステム

 Google CEO(最高経営責任者)のLarry Page氏は、トークショーホストのCharlie Rose氏との対談で、DeepMindの機能とGoogleの人工知能戦略について語った(下の写真)。Page氏は、DeepMindは人の手助け無しに驚異的な速さで学習するシステムであると説明した。その結果、ビデオゲームで人間のエキスパートを凌駕するスコアをマークする。

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)
画像の拡大

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)

 DeepMindは、ビデオゲームごとにソフトウエアを最適化しているのではなく、単一プログラムで異なるゲームに対応できる。かつて、米IBMのスーパーコンピューター「DeepBlue」は、チェスの世界チャンピオンGarry Kasparov氏との対局で勝利を収めたが、それはチェスというゲームに特化した専用システムだった。

 これに対し、DeepMindはゲームの種別に依存せず、汎用的に学習できる点が最大の特徴である。

■2時間で「人間超え」

 DeepMindが実際にゲームをプレーしているデモを見ると、その学習能力の凄まじさが分かる。下の写真はHassabis氏があるカンファレンスで、DeepMindが「Breakout」(ブロックくずし)ゲームを学習していく過程を解説している様子である。これは、バーを操作し、ボールを打ち返してブロックを崩していくゲームで、DeepMindは最初はゆっくりとプレーを学ぶ。

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)
画像の拡大

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)

 1時間で200回程度のゲームをこなすと34%の割合でボールを打ち返し、人間の初心者程度の実力となる。2時間後には300回のゲームをこなし、既に人間の技量を上回る。

 4時間後には、ブロックに通路を開け、裏側からブロックを崩すという大技を自ら学習する。DeepMindは4時間でゲームをマスターする。このようにDeepMindは、恐ろしいほど高速に学習する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GoogleDeepMindDeepBlue人工知能YouTubeIBM

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

テスラが年内に発売する「モデル3」。小型SUV「モデルY」はこのモデル3以上の売れ行きになると期待している=AP

AP

「Model 3以上に売れるEV」 テスラ、小型SUV投入へ [有料会員限定]

 「2019年に小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」を発売する」。2017年6月上旬、米Tesla(テスラ)の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米シリ…続き (8/22)

図4 米設計事務所クラウズ・アーキテクチュア・オフィスが構想する「アナレンマ・タワー」の下端部分。小惑星から高強度ケーブルで建物を吊り下げる。地上との往来は大型無人機による輸送や、電磁式エレベーターなどを活用する(資料: CloudsArchitectureOffice)

Clouds Architecture Office

「小惑星から吊るタワー」構想も登場、宇宙建築に熱 [有料会員限定]

 内閣府は2017年5月、「宇宙産業ビジョン2030」を発表。国内宇宙産業の市場規模を2倍に拡大する方針を示した。「宇宙エレベーター」や「小惑星から吊るタワー」など、新時代に備えた建築の構想が熱を帯び…続き (8/18)

図7 ガラス張りのブースで行う検査工程。LED照明を天井から床まで設置したガラス張りのブースで、ボディーの外観品質をチェックする

にらみを利かせる8人の「匠」 トヨタ、レクサス新工場 [有料会員限定]

 トヨタ自動車は2017年1月、愛知県豊田市にある元町工場に高級車の専用生産ラインを稼働させた(図1)。クーペモデルの「レクサスLC500」とハイブリッド車「同h」を造る。共に1300万円を超える高額…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 小学校の“先生”がプログラミングを体験―必修化に向けて横浜市
  • 家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは
  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト