Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4時間でゲーム制覇 グーグル「驚異の人工知能」手中に
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/3/18 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は世界最先端の人工知能技術を有し、実際に音声検索などで活用している。そのGoogleが人工知能ベンチャー「DeepMind(ディープマインド)」を買収し、技術強化を加速している。DeepMindに関する情報は限られているが、関連ビデオや論文などから、その輪郭が見えてきた。

 DeepMindは驚異的なスピードで自ら学習する人工知能で、Googleは自動運転車などへの適用を視野に入れている。同時に、米国では人工知能が人間を凌駕するとの脅威論が浮上し、安全性に関する議論も活発化している。

 DeepMindはロンドンに拠点を置くベンチャー企業で、2010年にDemis Hassabis氏らが創業した。DeepMindが世界を驚かせたのは、ビデオゲームのプレーを見るだけで、驚異的な速度でプレーの仕方を自ら学習高スコアを出す能力を持つことだ。

 Googleは2014年1月に同社を買収し、今では「Google DeepMind」として研究開発を進めている。同時に、DeepMindをYouTubeなどのサービスに組み込む作業に着手した。

■汎用的に学習できるシステム

 Google CEO(最高経営責任者)のLarry Page氏は、トークショーホストのCharlie Rose氏との対談で、DeepMindの機能とGoogleの人工知能戦略について語った(下の写真)。Page氏は、DeepMindは人の手助け無しに驚異的な速さで学習するシステムであると説明した。その結果、ビデオゲームで人間のエキスパートを凌駕するスコアをマークする。

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)
画像の拡大

右はGoogle CEOのLarry Page氏、左はトークショーホストのCharlie Rose氏(出典: TED)

 DeepMindは、ビデオゲームごとにソフトウエアを最適化しているのではなく、単一プログラムで異なるゲームに対応できる。かつて、米IBMのスーパーコンピューター「DeepBlue」は、チェスの世界チャンピオンGarry Kasparov氏との対局で勝利を収めたが、それはチェスというゲームに特化した専用システムだった。

 これに対し、DeepMindはゲームの種別に依存せず、汎用的に学習できる点が最大の特徴である。

■2時間で「人間超え」

 DeepMindが実際にゲームをプレーしているデモを見ると、その学習能力の凄まじさが分かる。下の写真はHassabis氏があるカンファレンスで、DeepMindが「Breakout」(ブロックくずし)ゲームを学習していく過程を解説している様子である。これは、バーを操作し、ボールを打ち返してブロックを崩していくゲームで、DeepMindは最初はゆっくりとプレーを学ぶ。

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)
画像の拡大

ブロック崩しゲームのデモ(出典: Elizr)

 1時間で200回程度のゲームをこなすと34%の割合でボールを打ち返し、人間の初心者程度の実力となる。2時間後には300回のゲームをこなし、既に人間の技量を上回る。

 4時間後には、ブロックに通路を開け、裏側からブロックを崩すという大技を自ら学習する。DeepMindは4時間でゲームをマスターする。このようにDeepMindは、恐ろしいほど高速に学習する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GoogleDeepMindDeepBlue人工知能YouTubeIBM

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

無印良品の公式Instagram

1位「無印良品」 メディア戦略明確な企業が高評価 [有料会員限定]

 デジタルメディア上でのブランド接触体験がきっかけで、商品やサービスの購入に至るネットユーザーが最も多いブランドは無印良品──。日経デジタルマーケティングは2017年4月、どの企業・ブランドがデジタル…続き (7/24)

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 不良品の出荷を防ぐ仕組み。良品条件で造られた場合のみ、仕掛かり品に貼るラベルがプリンターで印刷される

目指せ「検査工程不要」 富士ゼロックス、スマート工場 [有料会員限定]

富士ゼロックスが「スマート工場」の取り組みを推進している。良品を造るための条件(良品条件)を重視し、その探索に向けてデータを活用していることが特徴だ。同社は2004年に「トヨタ…続き (7/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月24日(月)

  • 「Pokémon GO Fest」レポート、現地参加者に"伝説のポケモン"ルギアがプレゼント
  • いまさら聞けないセキュリティの基礎を解説、「初めてでも分かる!」シリーズ、トレンドマイクロが無償公開 
  • MS、新サーモスタット「GLAS」の動画公開―「Windows 10 IoT Core」「Corana」利用

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月25日付

2017年7月25日付

・アズジェントや野村総研系、つながる車に模擬サイバー攻撃
・森林パートナーズ、山林から建材 一貫管理 流通の無駄省く
・ユニチカ 20年メド CNF複合材の専用設備 車・電子部品向け狙う
・横浜で車向けCFRP開発 試作から品質試験まで 独化学大手のヘンケル
・健康食宅配、紹介拠点開拓へ専門部隊 ファンデリー…続き

[PR]

関連媒体サイト