Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

最高の酒に杜氏はいらない 「獺祭」支えるITの技
匠を捨て、匠の技を生かす(上)

(1/3ページ)
2015/3/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

日経コンピュータ

 パリのソムリエも絶賛する日本酒「獺祭(だっさい)」。高品質の大吟醸酒として国内外で人気が高まっている。まさに匠の技の極致だが、その酒蔵に杜氏の姿は無い──。匠頼りの製造現場の旧弊を改め、IT(情報技術)で匠の技術を極めれば可能性は無限だ。ITでグローバル競争に挑む先進企業の取り組みを2回に分けて紹介する。

[上]写真1 建築中の旭酒造の新しい酒蔵。高さ59mで地上12階、地下1階。完成は2015年4月の予定で、これにより「獺祭」の生産能力は3倍以上に高まる(写真:菅敏一、以下同じ)
[下]写真2 旭酒造が生産する純米大吟醸酒「獺祭」の製造ラインの一部
画像の拡大

[上]写真1 建築中の旭酒造の新しい酒蔵。高さ59mで地上12階、地下1階。完成は2015年4月の予定で、これにより「獺祭」の生産能力は3倍以上に高まる(写真:菅敏一、以下同じ)
[下]写真2 旭酒造が生産する純米大吟醸酒「獺祭」の製造ラインの一部

 山口県岩国市の山間、半径5km以内に住む人はわずか250人。そんな過疎の集落に似つかわしくない地上59mの高層の建物が姿を現しつつある(写真1)。

 驚くことに、これは酒蔵なのだ。旭酒造という名は知らなくても、「獺祭(だっさい)」と聞けばピンと来る人は多いだろう(写真2)。欧米でも高い評価を受ける最高品質の純米大吟醸酒は、この地で造られている。過疎の集落と巨大な酒蔵はミスマッチだが、獺祭の製造工程も従来の酒造りとは程遠い。徹底したデータ管理によって造られているのだ。

 日本企業、特に製造業はビジネスのIT化とグローバル化の波に洗われ、輝きを失いつつある。iPhoneがサービスと組み合わさり大成功を納めたように、時代の流れは「モノからコト(サービス)」。ものづくりだけでは高い付加価値を生み出しにくくなってきた。一方で、新興国の企業が低価格を武器に追い上げ、日本製品の市場を侵食している。

 残念ながら日本企業は、新たなビジネスモデルを創ることや、価格勝負で戦うことは総じて苦手だ。では何を武器とすべきか。それこそ、本来の強みであるジャパンクオリティー、つまり日本品質、製造業なら“匠の技”が生み出す高品質だ。人の技量だけに頼ることなく、ITやデータの活用によりコストを下げつつ、品質をさらに磨き込めば国内だけでなく世界と戦える。

■杜氏に逃げられ改革断行

 獺祭が今、大変な人気だ。獺祭は大吟醸酒のみで、最高級品は720ミリリットルで3万円を超える。高額商品であっても品薄で、直販では2カ月待ちの状態だ。

 2014年4月に来日した米国のバラク・オバマ大統領に安倍晋三首相がプレゼントしたのも、この獺祭。米国やフランスなどにも輸出しており、パリの一流レストランのソムリエにも絶賛される。旭酒造の売上高は2014年9月期で49億円だが、前期に比べ26%も伸びた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

獺祭旭酒造杜氏見える化

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

延長戦で決勝TDを喜ぶペイトリオッツのQBブレイディ=AP

AP

ドローン300機 インテル、技術訴求の場はスーパーボウル [有料会員限定]

 Intel Inside(インテル入ってる)――。「あなたのパソコンにはインテル製CPUが搭載されています」というCMで、半導体メーカーながら消費者に対して強力なブランドを築いてきた米インテル。

 パ…続き (3/23)

図2 新技術によるHUDの試作機。時速40kmのときは40m先、時速80kmのときは80m先といったように、走行速度に合わせてメーターなどの表示の焦点位置を変えることもできる

視点移動しても「使える」ヘッドアップディスプレー [有料会員限定]

 コニカミノルタは、ヘッドアップディスプレー(HUD)上で、車両や歩行者などの位置を示す枠(カーソル)を、運転者の視点が動いてもずれないように表示する技術「3D AR HUD」を開発した。2018~1…続き (3/24)

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する、新しいトレーニング法を確立する――。NTTは2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクト」を…続き (3/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト