ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「地上の太陽」核融合 三菱が挑む次世代エネルギー

(1/2ページ)
2015/2/23 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「太陽を地上で実現する」とたとえられる核融合発電。フランスで建設が進む実験炉には世界中から最新鋭の技術が集められ、三菱重工業と三菱電機もその一端を担う。国内では当面、原子力発電設備の新設が難しい状況だが、次世代エネルギーへの貢献に力を注ぐことで技術力を磨いていく考えだ。

■日米欧共同の実験炉

 三菱重工の神戸造船所二見工場(兵庫県明石市)。この敷地内に同社の原子力発電事業の本拠地がある。国内の原発がすべて停止している中、工場も閑散としているかと思いきや、従業員が慌ただしく作業を進めていた。

 その理由の一つは、東京電力の福島第一原子力発電所向けに出荷する汚染水貯蔵タンクの製造。もう一つが、日米欧など世界各国共同で建設が進むフランスの国際熱核融合実験炉(ITER)向けの中核部品の製造だ。

熱核融合実験炉で使う磁場コイルは完成時に長さ14メートルにもなる(三菱重工業の神戸造船所)
画像の拡大

熱核融合実験炉で使う磁場コイルは完成時に長さ14メートルにもなる(三菱重工業の神戸造船所)

 まず目に入ってきたのは、巨大なステンレス製の構造物だ。外形はアルファベットの「D」の字に似た形で、完成すると直線部分が約14メートルにもなる。「ラジアルプレート」と呼ばれるもので、強力な磁場を発生させるための巨大なコイルの枠として使われる。

 作業者は固いステンレスをミリ単位のひずみも出さず、図面通りの形状に曲げたり溶接したりしながら仕上げていく。「匠(たくみ)の技とコンピューター解析を組み合わせて初めてできる」(原子力事業部の井上雅彦・核融合推進室長)工程だ。三菱重工は、橋梁や原子炉容器などの巨大構造物で培ってきた技術をフルにつぎ込む。

 「太陽で起きている状況を人工的に作る」と表現されるのが核融合だ。現在、実用化されている原子力発電は「核分裂」の反応を利用するが、核融合は逆に原子核を融合させることでエネルギーを取り出す。得られるエネルギーが大きいだけでなく、高レベルの放射性廃棄物を出さないなど多くのメリットがある。

 ただ、太陽のように強力な重力が存在しない地球上で核融合を起こすのは至難の業だ。この課題を乗り越えるため、ITERでは重水素と三重水素をセ氏1億度以上もの高温下でプラズマ状態にし、原子核をぶつけ合う仕組みを計画する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

三菱電機ITER三菱重工業東京電力核融合

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

行楽シーズンを控え、透明なレンズのサングラスが人気だ(東京・原宿のメガネ店)

UV遮る透明レンズ材料、成型レシピで売る 三井化学 [有料会員限定]

 透明でも紫外線(UV)を通さない――。こんな機能をうたうメガネが増えている。とりわけ人気なのが紫外線カットに加え、目に有害とされる波長420ナノ(ナノは10億分の1)メートルまでの可視光線も遮る製品…続き (4/24)

組み立てラインは車をヨコ向きにして流し、全長を従来の2分の1に抑えた

トヨタの新型マイクロバス生産、小さな工場の挑戦 [有料会員限定]

 トヨタ自動車が24年ぶりに全面改良したバス「コースター」。改良を機に生産拠点として選ばれたのが、グループ会社の岐阜車体工業(岐阜県各務原市)だ。工場の敷地面積はトヨタが愛知県に持つ完成車工場の8分の…続き (4/17)

若松工場で製造されるスポンジチタン(北九州市)

サウジ合弁とAI、2段構えでコスト減 東邦チタニウム [有料会員限定]

 航空機が倍増する2030年に向けて、需要の急増も指摘されているチタン。そのチタンの製造で、東邦チタニウムが初めての海外生産拠点の稼働をテコにした、生産改革に取り組んでいる。さびにくく、軽いという特徴…続き (4/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト