ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

音楽も会話も聞けるヘッドホン 聴覚の「拡張現実」に道

(1/2ページ)
2015/2/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 ヘッドホンやヘッドセットの新しい利用体験が広がる可能性が出てきた。スイスSoundchipは、ヘッドホンやヘッドセット向けに、新たなアクティブノイズキャンセル(ANC)技術「バイオニックイヤー(bionic ear)」を開発した。伊仏合弁のSTMicroelectronics(ST)、ボード実装メーカーのオーストリアAustria Technologie & Systemtechnik(AT&S…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

家電で鍛えた画像処理、水中ロボでかつてない点検品質 [有料会員限定]

 建設現場で人とロボットが協力して働く時代が到来した。重労働を担ったり、作業スピードを早めたり。部分的には、人の能力をはるかにしのぐ技術も現れ始めた。人材の不足感が強い分野を中心として、ますます機械化…続き (1/24)

写真2 補強材は夜間、アーチリブ下面のマンホールから搬入する。永代橋の架設当時は厚い鋼板を製造する技術がなく、薄い鋼板同士を重ね合わせてリベットで接合していた。丸い頭をした無数のリベットが独特の陰影をもたらす(写真:大村拓也)

重要文化財「永代橋」 アーチ内側から補強で長寿命化

 隅田川に架かる「永代橋」。関東大震災からの復興の象徴として、国の重要文化財に指定されている。東京都は橋を半永久的に守り続ける計画だ。幅80cmほどの狭いアーチリブ内で、地震時の座屈を防ぐ補強材の設置…続き (1/20)

図3 丸五ゴム工業が開発する手袋と靴。CNFを使ってゴムを強くできるため、薄肉化で製品を軽くできる。加えて、高強度にすることで長寿命化を図る

おむつ、ゴム、振動板…「夢の新素材」広がる用途 [有料会員限定]

植物由来の新材料である「セルロースナノファイバー(CNF)」の将来的な需要増加を見込み、製紙メーカーが量産設備を整え始めている。日本製紙は2017年4月に宮城県…続き (1/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月25日付

2017年1月25日付

・サイト構築、成功報酬で 富士通 中堅飲食向けに安く
・マネキン進化論 メーカーの七彩、客層分析機能持たせる
・住友大阪セメント 石灰石の埋蔵量をドローンで測量
・日本ピストンリング ライン改造で生産能力2倍
・和光純薬 マウスの反応、ヒトに近く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト