ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

音楽も会話も聞けるヘッドホン 聴覚の「拡張現実」に道

(1/2ページ)
2015/2/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 ヘッドホンやヘッドセットの新しい利用体験が広がる可能性が出てきた。スイスSoundchipは、ヘッドホンやヘッドセット向けに、新たなアクティブノイズキャンセル(ANC)技術「バイオニックイヤー(bionic ear)」を開発した。伊仏合弁のSTMicroelectronics(ST)、ボード実装メーカーのオーストリアAustria Technologie & Systemtechnik(AT&S…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

3Dセンサーのコストダウンが普及のカギとなりそうだ=AP

AP

目標50ドル 自動運転「中核技術」、家電・ARへ [有料会員限定]

 周囲に光線を発して反射光から空間を3次元的に認識するセンサー「LiDAR(Light Detection and Ranging)」の需要が急激に拡大する見込みだ。新技術の導入で価格が2~3年のうち…続き (2/22)

ARで品質管理、建設現場の修正箇所「一目瞭然」 [有料会員限定]

 現実空間の映像に様々な情報を重ねて描くAR(拡張現実)は、建設現場の作業支援にうってつけだ。出来形管理や製品の検査に適用し、品質の向上や手戻りの削減を目指す動きが活発になってきた。

 スマートフォン…続き (1/27)

家電で鍛えた画像処理、水中ロボでかつてない点検品質 [有料会員限定]

 建設現場で人とロボットが協力して働く時代が到来した。重労働を担ったり、作業スピードを早めたり。部分的には、人の能力をはるかにしのぐ技術も現れ始めた。人材の不足感が強い分野を中心として、ますます機械化…続き (1/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月23日付

2017年2月23日付

・中古車競売用システム、東南アで販売
・あっさり食べやすい中鎖脂肪酸 日清オイリオ
・東電出資の米VB、日本でエネ効率化事業に参入 AIでデータ解析
・市光工業、インドネシア工場を自動化 生産能力1割増
・物の動き「LINE」で共有 日通総研…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト